ショボンあんてな(´・ω・`)2chNodeLogPo!2ch2chまとめヘッドラインあんてな@かんてな NetaGearちくアンテナアテナあんてな
オワタ避難所しぃアンテナ(*゚ー゚) ぐるぐるログ 計画停電<関東>全国の放射能 <水> <雨>九州産 野菜みどり牛乳放射線測定器節電
相互RSS&お気に入りサイトさま
お気に入りサイトさま




期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

2014年01月19日

【完結】女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」

【完結】女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」

341: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:23:28.06
ID:BzLlGEIF0

  
男「…そうだ」

男「スマホで玄関確認できるから見てみよう」

女「…う、うん」

男「…………」カチリ

男「!」
女「!」

男「姉ちゃん!」
女「お姉ちゃん!」

女「え?」

………

……



リビング

姉「元気?」


※最初から読む
女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」
【続報】女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」
【完結】女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」


ロングフルウィッグ



351: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:26:55.13
ID:BzLlGEIF0

  
男「来るの今日の昼じゃなかったのか」

姉「待ちきれなくてさ」

男「女さん。紹介するよ」

男「こちら遠い遠い親戚の姉ちゃん」

男「ってまぁ顔は知ってるか」

男「愚痴も聞いてた相手なんだし」

姉「そうね。女ちゃん久しぶり」

女「……」

姉「親戚で私が年上だから男君には姉ちゃんって呼ばせてるのよ」

女「……」

姉「女ちゃんも私のことお姉ちゃんって呼んでくれるもんね」

女「(……なんで)」

姉「んーツンツンしてるなぁ」ギュッ

女「(なんでこいつとお姉ちゃんが…)」グイッ




352: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:30:36.08
ID:BzLlGEIF0

  
女「お姉ちゃん」

姉「ん?」

女「ど、どういうことなの?」

女「こいつと知り合いだったってことは…」

女「お姉ちゃんもグルなの…?」

姉「……男君」

男「はい」

姉「どこまで話してるの?」

男「ほとんど話してない…」

男「昨日の夜言うつもりだったんだけど」

男「遊園地ではしゃぎすぎて疲れてたから」

姉「そうなの」

姉「じゃあ今から説明しないとね」

女「…………」




355: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:34:46.87
ID:BzLlGEIF0

  
半年前 姉宅 昼

女「おじゃまします」

姉「座ってゆっくりしてて」

女「はーい」

姉「ほんとに女ちゃんかわいいね」

女「ありがとうございます」

姉「コーヒーは飲める?」

女「苦くなければ…」

姉「じゃあとびきり甘くしてあげる」

女「はい」ニコッ

………

……



30分後




357: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:38:12.60
ID:BzLlGEIF0

  
姉「そういえばだけど…」

姉「あなたから愚痴を聞いたりはしないんだ」

女「はい。お客さんが話してくれるまで無理に聞くことはしません」

姉「……ふーん」

姉「そういうのって誰かから教えてもらってるの?」

女「…………」

女「独学というか…」

女「今までの経験でやっているだけですよ」

姉「そっか」

姉「知りたくなっちゃった。あなたのこと」

女「…………」

女「(またこのパターン…)」

女「(愚痴聞くんじゃなくて私の話を聞きたがるタイプね)」

女「(私がこんな生活の仕方してるんだから事情とか気になるのもわかるけど…)」




360: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:42:09.62
ID:BzLlGEIF0

  
女「(興味本位で聞いてきて適当に同情して…)」

女「…………」

姉「どうしたの?」

姉「深刻そうな顔しちゃって」

女「!」

女「いえ、なんでもないです」

女「ただ少しトイレをお借りしたくて…」

姉「あぁそうだったの」

姉「玄関の近くにあったのわかるかな?」

女「はい。ありがとうございます」スタスタ

女「…………」

女「(顔に出すなんてダメね…)」

女「(それに文句言える立場でもないし)」

女「(家に入れてくれただけでも感謝しないと)」




364: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:45:23.27
ID:BzLlGEIF0

  
17時間後

姉「それでその後どうなったの?」

女「その後は…」

女「えーっと」

女「古着とかもらったり…」

女「同棲しようとか言ってもらったり…」

女「……」

姉「もしかして眠い?」

女「……す、少しだけ」

女「(なんなのよこの人)」

女「(どれだけ質問してくるのよ)」

女「(すごい眠たい…)」

姉「うとうとしてるのもかわいいよ」

女「どうもです…」




368: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:48:54.57
ID:BzLlGEIF0

  
姉「じゃあ寝てもいいけど…」

女「あ、ありがとうございます」

姉「私の事お姉ちゃんって呼んでよ」

女「うーん…」zzz

姉「はやくー」

女「お、お姉ちゃん」

女「寝てもいいですか…」

姉「うんうん」

姉「じゃあ一緒に寝よっか」スリスリ

女「(……すりすりしないでよもう)」

女「…………」zzz

………

……






372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:52:07.17
ID:BzLlGEIF0

  
翌日 夜

姉「そうなのよ!」

姉「宝くじ当たったのに一銭も分けてくれないのよ!」

女「そうなんですか」

女「その人いくら当たったんですかね」

姉「10億2円」

女「!!」

姉「びっくりよね」

姉「もう3年も前の話だけど」

女「そうなんですか…」

姉「まぁ今は7割くらいしか残ってないけどね」

女「(やっぱあると使っちゃうのかしら)」

姉「…遠い親戚だけどすごい心配してさ」




378: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:55:23.35
ID:BzLlGEIF0

  
姉「当たったことは自分の家族にしか言わなかったらしいんだけど」

姉「その家族もあまりの金額の多さにおかしくなったみたいで…」

姉「その時私の家族にまで宝くじが当たった話が噂で伝わったの」

女「…………」

姉「当時通ってた大学も途中で行けなくなって辞めてさ…」

姉「その後すぐに実家から逃げてきたんだって」

女「(家から逃げたんだ…)」

女「(私とは逆だ…)」

姉「どうしても一人になりたくて家族にある程度渡したって言ってた」

姉「具体的な金額は教えてもらってないけど相当渡したんじゃないかな」

姉「それから家族とは絶縁済ませてるはず」

女「…………」

女「お金怖いですね…」

姉「そうね」




382: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 22:58:43.98
ID:BzLlGEIF0

  
女「お姉ちゃんはそこからまだその人のお金取ろうとしてるんですか…?」

姉「あれは冗談よ。今は男君とよく遊んでる」

女「よかったです。悪い人じゃなくて」

姉「ありがとう」

姉「最初は家飛び出したって聞いてすぐにメールしたんだけど返ってこなくてさ」

姉「当たり前だけどね。いきなり遠い親戚から電話きたらまた取られるって思うだろうし」

姉「……親戚で集まったときはよく遊んでたから少し悲しかったけどね」

姉「わざわざ何度も連絡すると良くないから待ってたら」

姉「一ヵ月後くらいに電話きて話聞いてほしいって言われて」

姉「そっからずっと仲良くしてるんだ」

女「そうなんですか。お姉ちゃん優しいです」

姉「……じゃあ次は女ちゃんの話聞こうかな」

女「ま、またですか…」




385: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:02:08.87
ID:BzLlGEIF0

  
10時間後

女「……お姉ちゃん」

姉「ん?」

女「も、もう朝です…」ゴシゴシ

姉「そうね」

女「……そろそろ眠いです」

姉「私は聞きたりないけど…」

女「少し仮眠を…」

女「ください…」zzz

姉「寝ちゃった」

姉「…………」

姉「…………」

姉「こんなにすごい苦労してるの知ったからか…」

姉「私のつまんない愚痴なんて聞かせたくなくなっちゃった…」ギュッ




387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:05:55.99
ID:BzLlGEIF0

  
4ヵ月後

女「また呼んでくださってうれしいです」

姉「リピーターになっちゃうねこれは」

女「どうもです」

女「(前の時は私がずっと喋ってたのに二回目呼んでくれるなんて…)」

女「(百合さんの時みたいにまた襲われちゃうのかしら)」

女「…………」

女「(そういう感じには見えないけど…)」

……



1時間後

姉「二回目なんだしさ」

姉「敬語やめて普通に話してくれない?」

女「……そんな失礼なことできませんよ」




389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:09:01.69
ID:BzLlGEIF0

  
姉「別に失礼じゃないよ」

姉「友達って思えば年齢も関係ないしさ」

女「そうですか…?」

女「一回り以上離れてるのに?」

姉「!」

姉「言ったな!」

女「ふふ」

女「楽しい」

女「お姉ちゃんみたいな人初めて」

姉「よしよし」

姉「じゃあまた愚痴聞いてあげるよ」

女「…いいの?」

姉「うん。たまにはこういうタイプの人と当たってもいいでしょ」

女「お姉ちゃんがいいなら…」




393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:12:06.09
ID:BzLlGEIF0

  
………

……



2時間後

女「最後は土下座してきたのよ」

姉「すごいね。その人」

女「でも急に距離詰められた時はほんとにびっくりした」

姉「…逃げ切れてよかったね」

女「ほんとよ」

女「…ちゃんと貞操くらいは守っておきたいし」

姉「しっかりした考え持ってるんだ」

姉「えらいえらい」

女「いろんな愚痴聞いてたらよくわかったのよ」

女「適当に捨てるのがどれだけ勿体ないか」




396: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:15:10.66
ID:BzLlGEIF0

  
2時間後

姉「最近は順調なの?」

女「…………」

女「あんまりかしら」

姉「…そうなんだ」

女「募集はかかりにくくなってるし…」

女「そろそろ異性も解禁しないとダメなのかしら」

女「……さっき身体大事にしたいって言ったのにおかしいよね」

姉「…………」

姉「私ならずっと養えるから一緒に…」

女「できないわよ」

女「そんな迷惑かけられない」

姉「……」

女「それにずっと一緒に住むならやっぱり男の人がいいし」




397: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:18:28.23
ID:BzLlGEIF0

  
女「結婚して子供産んで…」

女「今度はちゃんと家族皆で幸せになるの」

姉「……うん」ギュッ

女「……」

女「恥ずかしい」グイッ

姉「あらら。振られちゃった」

女「…だって結婚したいし」

姉「まぁそりゃね」

姉「どんな人がいいの?」

女「…うーん」

女「お金持ちで」

女「私の事が好きで」

女「行ったことない場所連れてってくれて」

女「好きなもの買ってくれて」




404: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:22:17.45
ID:BzLlGEIF0

  
女「年上で」

姉「なかなか細かいね」

女「…………一人になってからいろいろ考えてたのよ」

女「んで最後はやっぱり運命の出会いってのがいいわね」

女「刺激的な方が好きなのかしら。ベタだけど」

姉「…そっか」

姉「運命とかに憧れるのは私も同じ」

女「ふーん。アラサーも同じなのね」

姉「!」

姉「…………」ポロポロ

女「な、泣いてる…」

姉「だってまだ20代なのに…」グスッ

……






407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:25:29.75
ID:BzLlGEIF0

  
2時間後 靴屋

女「ほんとにいいの…?」

姉「もちろん」

女「ありがとう…」

女「この靴大切にする!」

姉「そうしてくれると助かるよ」

………

……



翌日

ピリリリ ガチャ

女「ちょっと男君」

男「どうした姉ちゃん」

女「誘拐してほしい女の子が一人いるんだけど」




412: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:28:52.42
ID:BzLlGEIF0

  
現在

姉「こんな感じね」

女「ほんとに?」

男「うん。言った通り」

女「なんで誘拐させたのよ」

姉「運命の出会い…」

女「言葉も出ないわね」

女「……あんたお姉ちゃんが昼に来るって言ってたわよね?」

男「そうだな。3日経ったら来るのは知ってた」

女「!」

女「……3日しか時間がないってその話だったのね」

姉「今日見に来て男君に惚れてなかったら…」

姉「私と同棲するために連れて帰るつもりだったんだけど」

女「…………別に惚れてなんかないわよ」




416: >>407後半の女は姉です。ミス指摘どうもです 投稿日:2014/01/18(土) 23:31:56.36
ID:BzLlGEIF0

  
姉「でもさっき泣きながら男君にしがみついてた」

女「!」

女「な、なんで知ってるのよ…!」

男「家にカメラ仕掛けてるから」

女「!」

男「俺と姉ちゃんのスマホで見られるようにしてある」

女「…そ、そんなのプライバシーの侵害じゃない!」

女「(いや違う…)」

女「(私誘拐されたのに何言ってるんだ…)」

男「トイレとお風呂には設置してないから安心してよ」

女「……それならいいけど」

姉「女ちゃんゲームしてるとき声出てたね」

女「!」

女「も、もう帰ってよ…!」バシバシ




419: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:36:10.82
ID:BzLlGEIF0

  
5時間後

男「姉ちゃんやっと帰ったな」

女「…………ねぇ」

女「あんたは私のこと好きじゃなかったってことよね?」

女「お姉ちゃんに命令されて誘拐したんだから」

男「……」

女「……別に気にしてないけど」

男「そんなことない」

男「姉ちゃんよく写真とか見せてくれてたし」

男「かわいい子だとは思ってたよ」

女「……」

女「そういや写真撮ってた気がするわね」

男「……それに一緒に暮らしてて好きになったのも事実だし」

女「…うん」




428: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:41:51.43
ID:BzLlGEIF0

  
男「姉ちゃんのとこ行きたいか?」

男「さっき帰ったのにメール送ってくれてるし」

姉『帰る前にも言ったけどいつ私の家に来てくれてもいいからね』

姉『男君が結婚相手にふさわしくないってわかったら遠慮せずに私に言ってね』

姉『あと男君が暴走しないようにカメラは常時チェックしておきます』

女「…………」

女「…………」

女「急に言われてもわかんない」

女「結婚できる年でもないし…」

女「……」

女「全部わかんないの」

女「どうすればいいの?」

女「私は二人の好意でここにいるってことでいいの?」

男「そうだな」




431: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:44:51.85
ID:BzLlGEIF0

  
女「それなら…」

女「ここにいたい」

女「……」

女「……少し」

女「じゃないわね。すっごい乱暴だけど」

女「あんな生活から救ってくれたんだから」

女「感謝してる…」

女「うれしいの…」ポロポロ

女「お姉ちゃんもすっごいすっごい強引だけど…」

女「私のこと助けてくれて…」

女「……」グスッ

女「うぅ…」ギュッ

男「……」

女「……」グイッ




433: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:48:54.96
ID:BzLlGEIF0

  
男「自分から来たのに突き放すとは」

女「……だって」

女「勢いでいっちゃったけど恥ずかしいし…」

女「それに…」キョロキョロ

男「?」

男「あぁカメラが気になるのか」

女「…うん」

男「切るよ」カチカチ

女「そんな簡単にできるんだ…」

男「こっちのスマホで操作できるし」

男「数分でお姉ちゃんから電話来る気もするけど」

女「…じゃあ数分だけでもいい」

男「うん」

女「ありがとう…」ギュッ




441: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:51:54.37
ID:BzLlGEIF0

  
夜 寝室

女「ちゃんと説得できたの?」

男「まぁなんとか」

男「カメラいらないくらいこの家が気に入ったって言っておいたから」

女「うん」

女「……」

女「明日はどこ行こうかしら…」

男「また遊園地行きたいか?」

女「それもいいけど…」

女「買い物行きたい」

男「何買いに行きたいんだ?」

女「食材」

女「またカレー作りたい」

女「次は失敗したくないの」




444: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:54:54.27
ID:BzLlGEIF0

  
男「そうか。わかった」

女「一人で行くからね」

男「大丈夫か?」

女「今までずっと一人だったのよ?」

男「そうだけど…」

男「少し心配で」

女「過保護って良くないの」

男「そう言われると…」

女「じゃあ私もう寝るわよ」

男「わかった」

女「…………また床で寝るの?」

男「入っていいのか?」

女「添い寝だけね」

女「おやすみ」




447: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/18(土) 23:58:04.85
ID:BzLlGEIF0

  
翌日 昼

女「じゃあ行ってきます」

男「うん」

男「気を付けてな」

女「別に買い物くらい平気よ」

女「さっき地図も見たし」

男「あんまりいっぱい買いすぎるなよ」

女「あんたにだけは言われたくない」



10分後 外

元カレ「!!」

元カレ「(やっと出てきたか)」

元カレ「(待ってた甲斐があったぜ…)」

元カレ「(こいつ一人なら楽勝だな…)」




455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:01:18.36
ID:B+RMOilP0

  
30分後

女「(全部買えた)」

女「(ジャガイモとかいっぱい種類あったけど何が正解だったのかしら)」

女「……」

女「……」

女「(そうだ、どうせ外に来たんだから)」

女「(他の店にも行ってみよう)」

女「(雑貨屋さんとかあればいいんだけど…)」

………

……



1時間後 帰路

元カレ「声出したら刺す。車に乗れ」

女「!」




468: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:04:43.18
ID:B+RMOilP0

  
廃墟

元カレ「もういいぜ」

元カレ「どんだけ叫んでもな」

女「お前…!」

元カレ「んだよ。泣き叫んでもいいってのに」

女「誰がそんなこと…」

元カレ「強がりやがって」

元カレ「…ビデオも用意してんだ」

元カレ「復讐するからにはやっぱヤるだけじゃ物足りねぇからな」

女「!」

元カレ「お前のせいで俺がどれだけ傷ついたか教えてやりたいくらいだ」

女「知らないわよそんなこと」

元カレ「…………俺はあの時から居場所を失ったんだ」

女「なんか語りだした…」




480: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:08:31.93
ID:B+RMOilP0

  
元カレ「うっせぇ」

女「……大体あんたに魅力がないからいけないんでしょ」

元カレ「あ?」

女「それに私は百合さんのお話聞いてただけだし」

元カレ「どうせテメーが発情して百合をそそのかしたんだろーが」

女「そんなことしてない」

女「まぁ百合さんには今の彼氏よりあなたの方が好きとは言われたけど」

元カレ「」

女「1週間しか一緒に暮らしてないのに私に負けるなんて相当ダメだったんじゃないの?」

女「というかむしろ襲われかけたのは私なんだから謝ってほしいくらいよ」

女「わかった? 誤解だったんだしはやく家に帰らせてよ」

元カレ「…………よし。とりあえずヤるしかねぇ」

女「思考停止…」

女「あ、そうだ」




490: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:13:35.44
ID:B+RMOilP0

  
女「喉乾いたから水持ってきて」

元カレ「んなもんあるか」

女「じゃあ縄痛いから緩めて」

元カレ「縛ってんだから痛いのが当たり前だ」

女「だったらせめてふかふかのイスくらい用意しときなさいよ」

元カレ「用意するわけねーだろ」

女「はぁ…」

元カレ「なに溜息ついてんだ」

女「才能ないのよあんた」

女「誘拐の才能」

元カレ「ある方がおかしい」

女「人さらっておいて接待もできないなんて…」

女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」

元カレ「(……誘拐された側ってこんな態度デカくていいのか)」




493: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:15:30.93
ID:B+RMOilP0

  
元カレ「まぁいいや」

元カレ「最近溜まってるからその解消だけでもしねーとな」

女「!」

元カレ「まずは服脱がすか」

女「や、やだ…」バタバタ

元カレ「……」

元カレ「やっと立場が分かったのか」

女「触んないでっ!」

元カレ「聞くと思ってんのか?」




497: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:18:31.84
ID:B+RMOilP0

  
ガッシャーン!!

女「!」

元カレ「!」


男「い、いた!」

男「女さん大丈夫!?」

女「……」

女「……怖かった」グスッ

男「!」

男「ヤったのか」

元カレ「してない」

男「…………よし。童貞捧げるから覚悟しとけよお前」

元カレ「思考停止…」

……






506: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:21:52.49
ID:B+RMOilP0

  
30分後

男「……ふぅ」

男「女さん帰ろうか」

女「うん」

男「怪我がなくてよかった」

女「あんたが来るの早かったからね」

女「来てくれてうれしかった」

男「……女さん素直になったな」

女「いいじゃない」

女「誘拐された後くらい素直になっても」

男「そうだな。常にそうであってほしい」

女「恥ずかしいからやだ」

元カレ「(……ほんとにヤられるのかと思った)」

元カレ「(でもあんな恥ずかしいことされるなんて……もう関わりたくない……)」ピクピク




511: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:25:12.17
ID:B+RMOilP0

  
………

……



3時間後 自宅

男「カレーおいしかった」

女「……ほんとに?」

男「もちろん」

女「もうちょっとがんばろう…」

男「少しくらい焦げてても気にしない」

女「……はぁ」

女「ていうか料理してる間にあんたが邪魔してくるからってのもあるのよ?」

男「そんなにイヤだった?」

女「…料理してる間は集中したいの」




512: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:29:06.94
ID:B+RMOilP0

  
……



男「女さんのお客さんの元カレに恨まれるなんてな…」

女「ほんとびっくりしたわよ」

男「誘拐なんて許せないなほんとに」

女「………………」ジー

女「……ちょっと聞くの怖いんだけど」

男「?」

女「どうやって私の事見つけたの?」

男「発信機」

女「うわぁ…」

男「……」

女「どこにそんなの付けてたのよ」

女「財布とか?」




516: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:32:23.81
ID:B+RMOilP0

  
男「靴」

男「姉ちゃんに付けるように言われてたんだよ」

女「気づかなかった…」

男「お金はあったからな」

男「小さくて性能良いやつ買えた」

女「(だから少し重たいブーツとか推してきたのね…)」

女「お姉ちゃんに感謝しないと」

男「俺には?」

女「……寝室行きたい」

………

……






522: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:35:39.12
ID:B+RMOilP0

  
寝室

男「俺には?」

女「うざっ」

女「どんだけ聞くのよ」

男「すみません」

女「……もちろん感謝してるわよ」

女「怖かったんだし…」

男「女さん…」

女「……」

女「これ渡そうと思って買ってたの」ガサゴソ

男「?」

女「あげる」




526: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:39:27.04
ID:B+RMOilP0

  
男「な、なに…?」

女「プレゼントでもなんでもないけどね」

女「あんたのお金だし」

女「はい」スッ

男「女さんありがとう!」

女「ただのブレスレットなのに喜びすぎ」

男「だって…」

女「おそろいにしたの」

女「名字も違うのにここに住むんだから」

女「……せめてこれくらいはあんたと一緒にしたかったのよ」

男「!」

男「うれしい…!」ギュッ

女「……」グイッ




531: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:43:08.82
ID:B+RMOilP0

  
女「なんで抱きつくのよ」

男「かわいいし」ギュッ

女「セクハラよ」グイッ

男「…………」

女「前にね」

男「?」

女「一生恋人になれないって言ったの覚えてる?」

男「あぁ覚えてる」

女「あれ撤回してあげる」

男「!」

女「私が思ってた誘拐じゃなかったし」

男「じゃあもう恋人か!」

女「それは違う」

女「…………あんたのこと好きだけどね」




538: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:46:25.38
ID:B+RMOilP0

  
男「!!」

男「ま、まじですか」

女「……でもきっと勘違いだと思うの」

女「人質が誘拐犯に惚れるってあるらしいし」

女「何症候群か忘れたけど…」

男「……」

女「だから本気かどうか自分でもわかんないのよ」

女「…どうすればいいの?」

女「好きなのに…」

女「すっごい好きなのに…」

女「この気持ちが嘘だって分かったらきっとあんたを傷つけるとか…」グスッ

女「いろいろ考えちゃって…」

女「…な、なんであんたのことなんか心配してるんだろうね」

女「私おかしくなっちゃったかなぁ…」ポロポロ




551: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:50:05.62
ID:B+RMOilP0

  
女「うぅ…」グスッ

男「……」

男「今はそれでも良いと思う」

女「……」

男「後で考え直しても大丈夫だし」

男「明日嫌いになっても家から追い出すとかしないから」

女「うん…」グスッ

男「それに気まずくなったら姉ちゃんのとこ行ってもいいしさ」

女「ありがとう…」

男「いいよお礼なんか」

男「俺が連れてきたんだから」

女「……」ギュッ

女「……」グイッ

男「どうしたいの女さん」




560: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:52:57.10
ID:B+RMOilP0

  
女「恥ずかしいの」

女「別にそれだけよ」

男「かわいい…」

女「……」

女「私もう寝たい」

男「わかった。俺も寝るよ」

女「…おそろいのブレスレット大切にしてよね」

男「もちろん」

男「今日から宝物だ」

女「うれしい…」

………

……






563: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:55:40.39
ID:B+RMOilP0

  
30分後

男「……」zzz

女「……」

女「……なんだか緊張するわね」ドキドキ

女「……」

女「起きないでよ」

女「……」カプッ




571: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 00:59:55.39
ID:B+RMOilP0

  
女「も、もうちょっとだけ…」ペロ

女「……」

女「キスしてもいいよね?」

女「…………よし。頷いた気がする」

女「……」

女「んっ…」ピトッ

女「…………」

女「……ぷはっ」

女「ど、どうしよう」

女「ほんとにしちゃった…」

女「……」

女「……」

女「……だいすき」

女「おやすみ」スリスリ




575: ランク付の書きました。すみません 投稿日:2014/01/19(日) 01:03:34.20
ID:B+RMOilP0

  
1ヵ月後 姉宅

女「それが起きてたのよ!」

姉「……そ、そうなんだ」

女「せっかく内緒でやってたのに…」

姉「うんうん」

姉「でも私そろそろ眠たく…」

女「次の日も大変でね!」

女「すぐ抱きついてくるしキスしようとするし…」

女「ほんっと困るのよ!」

姉「(そんなキラキラした笑顔で言われても…)」

姉「あ、あのそろそろ仮眠を…」

女「……」

女「……しょうがないわね」

姉「(た、助かった…)」zzz




578: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 01:06:33.09
ID:B+RMOilP0

  
翌日 自宅

女「ただいま!」

男「あ、女さんおかえり」

男「姉ちゃん家はどうだった?」

女「楽しかったけど」

女「お姉ちゃんすぐ寝ちゃうし…」

男「(姉ちゃんお疲れ様)」

女「それに私この家に早く帰ってきたかったの!」

男「服も漫画もゲームもあるしな」

女「……ふん。違うわよ」

男「?」

女「あんたがいるからに決まってるじゃない!」ニコッ



終わり




601: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 01:15:40.14
ID:KETsxfRRO


ランク付けと冷静っ子に告白する奴と新聞勧誘が同じなんか?




613: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 01:33:17.19
ID:B+RMOilP0

>>601
亀ですがその3つは書きました




605: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 01:20:22.11
ID:8UwDqSwN0


楽しかった




607: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 01:24:38.57
ID:Rkhk6Pz50

ありがとう!
読んでてわくわくしました。
楽しかった!




608: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/01/19(日) 01:25:35.62
ID:b+uA8sUOO

>>1乙!
幸せに寝れるわ


※最初から読む
女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」
【続報】女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」
【完結】女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」

※スマステで話題のデジタル計量器「フランカ」倒れないマグカップ「マイティマグ」収納出来る水筒「ヴィヴシリコンボトル」
※超おすすめ大人気スレから読む
女「サービスしますので一ヵ月だけでも新聞取ってください!」
■嫁が「実は罰ゲームであなたと結婚したの」とか言い出した
■彼女にプロポーズしたらいつの間にか別人にすり替わっていた
■バイトの超可愛い後輩が強者だった
■あるところに、普通の童貞がいました。
■ブラックなのか判らないけれど社員が逃げた
参照元:女「誘拐するならちゃんと誘拐しなさいよ!」
■昨日意味も分からずに異性に「月が綺麗ですね」って送った者だが
■女子高生にスライディングしたら付き合うことになった話
■同じ大学の女の子がおっぱいくっつけてくるんですが脈ありですか??
■変態の俺が助けた女の子に惚れられてしまった
■心霊スポットで友達にドッキリ仕掛けたら大惨事になったwwwwww


ウイッグゆる巻きモテロングスタイル



話題のスレッド
バイト超可愛い後輩男「就活対策」 DQN寝取られアドンバイトクビで8万GET初めてのオフ会感動回文元キモヲタが超リア充に影絵おっぱい
コンビニ、俺がな?2日で会社辞めたDQNクビですあない姉に100万捨て身ゆとり会社の詠み会普通の童貞99.9999%おっぱい大学

いつもお世話になっているアンテナサイト様
ショボンあんてな2chnaviLogPo!2ch2chまとめヘッドラインブーンあんてなあんてなかんてなアテナあんてなちくアンテナオワタ避難所ぐるぐるログ
posted by 昨日みた明後日の夢 at 13:04 | Comment(1) |日記|道草|人気記事はこちら|はてブ
この記事へのコメント
  1. 凄い面白かったww
    Posted by at 2014年01月19日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

- ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ぼくのフライドチキンはおいしいよ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。