ショボンあんてな(´・ω・`)2chNodeLogPo!2ch2chまとめヘッドラインあんてな@かんてな NetaGearちくアンテナアテナあんてな
オワタ避難所しぃアンテナ(*゚ー゚) ぐるぐるログ 計画停電<関東>全国の放射能 <水> <雨>九州産 野菜みどり牛乳放射線測定器節電
相互RSS&お気に入りサイトさま
お気に入りサイトさま




期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

2013年11月19日

中学生の妹を数年調教した結果WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

中学生の妹を数年調教した結果WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:12:04.29
ID:BmlZQvNx0

俺が高2で妹が中1の時までさかのぼる

小学校を卒業し、この春から中学に入学した妹
入学に先立って受けた説明の日程を終え授業にさしかかった頃、
妹はいずれかの部活に入ることになった

妹は小学校の頃から体育の授業が好きでなく、
休み時間のほとんどを本を読んで過ごすことが多かった
中学に上がっても妹は運動部には入らないだろうと思っていた

1週間の仮入部期間でいろんな部活を見学したのち、
その中の部活から妹はどの部活に入るかを決めた

本が好きだから文芸部かと思ったが、予想に反して写真部に入ったのだ


こんな感じで書いてみようか?

※超おすすめ大人気スレから読む
■バイトの超可愛い後輩が強者だった


かわいい制服で、



64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:19:22.27
ID:BmlZQvNx0

※俺は>>1じゃないけど、>>61の続きを要望があれば書くよ




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:23:20.74
ID:BmlZQvNx0

妹は、小5の頃に読んだ本に影響を受け、写真に興味を示すようになった
父にカメラを買ってとせがんでも買ってもらえず、
しょぼくれていた妹に俺は写真部のあるこの中学を教えた

その中学には文芸部もあるが、図書室の蔵書数は街の図書館のそれと比べて遜色ない規模だ
写真に興味を示したと言っても本質は本の方がが好きな妹にとっては、
なんだかんだ言っても本に惹かれて文芸部に入ると思っていたが、
まさか2年間もカメラへの関心をそのまま抱いていたとは驚きだった




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:24:43.77
ID:BmlZQvNx0

写真部の活動はと言うと、最初はカメラや道具の使い方やメンテの仕方、
露出補正やシャッタースピードの活用法など、座学から入るとのこと

写真部に入ればすぐにカメラに触れ、すぐに撮影させてくれると思っていた妹は
部活帰りに家で俺相手にぼやいていた

「写真撮りたいから入ったのにー」

「そのうち実際にカメラ持たせてくれるようになるよ」

「でもテニス部の方は2年生になるまでずっと玉拾いだよ?」

「写真部には玉拾いはないんだし、気長に行こうぜ」

「うん・・・」




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:28:32.24
ID:BmlZQvNx0

結局、夏のコンクールに至るまで、妹を含む1年生にはカメラを持たせてくれなかった
出展作品は2、3年生のみとなった

夏休みに入ると、しびれを切らした妹はインスタントカメラを持って街に繰り出した
バスで駅まで20分、電車で30分
田んぼと畑しかない田舎から街まで行くのはそれなりの金と手間がいるが、
それすらも問題でないほどに妹のフラストレーションはたまっていた




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:33:36.64
ID:BmlZQvNx0

妹は満ち足りた表情で帰って来た
一眼レフやデジカメでなくどこでも売ってる安いインスタントカメラだが、
写真への欲求が爆発した妹は、持って行ったカメラだけでは飽き足らず、
インスタントカメラを現地で2個買い足して帰って来た

現像しに行く足取りはとても軽く、
受け取った日の夜はずっと部屋にこもって写真を眺めていた

インスタントカメラだと本体で金がかかるし、現像にも金がかかる
この調子で行けば中学生の妹のお年玉貯金もすぐに底を尽きるだろう
俺は妹が2年に上がるまでもう少し我慢してくれるよう説得し、了承してくれた




75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:39:39.41
ID:BmlZQvNx0

中2に上がり、とうとう念願のカメラを手に入れた
部の備品のカメラだが、それまでのインスタントカメラよりも何十倍も輝いていた
部活の時間は目いっぱい撮影にあて、部活終了後は備品のカメラを返すと両手で構えてみたりもしていた

本を読んで得た知識か分からないが、妹の写真の技術は同級生の中でも群を抜いていた
1年生の時にインスタントカメラで写真を撮りまくっていた経験かも知れない

母に必死で頼み込み、中2の夏には自分のカメラを手に入れた
部の備品でない、返却の必要のない、いつでもどこでも使えるカメラ。
妹はそれから学校の後は部活が終わっても写真を撮り続け、
夕食の直前に帰ってくるようになった




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:43:31.07
ID:BmlZQvNx0

夏休みが始まって間もないある日、妹がカメラを手に俺の部屋に入って来た

「お兄ちゃん、ちょっと・・いい?」

「あぁ、いいよ。何?」

「えっとね・・・」

「・・・」

「あの・・・」

正座でちょこんと座ると、俺の目をちらちら見ながらもじもじする妹。




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:45:12.67
ID:BmlZQvNx0

「最近、スランプなんだ・・」

「え?」

「ここのところ、いい写真が撮れないの」

「せっかくお母さんが買ってくれたのに、イメージ通りの写真が撮れないの」

「あ〜、そうか〜・・・」

「どうすればいいと思う?」

「ん〜・・」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:47:42.81
ID:BmlZQvNx0

「普段、何撮ってるんだ?」

「あ、見る?」

カメラを起動すると、メモリー画面に切り替え、これまでの写真が並ぶ
街中のビルや車、行き交う人や路地の薄い暗がり。
中2とは思えない感性と趣が写真から伝わってくる。

「いいと思うけどなぁ俺」

「そうかなぁ〜」

「そう言ってくれるとうれしいけど、なんか違うんだ、私」

「ふ〜ん」




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:49:19.11
ID:BmlZQvNx0

「部長に、お前の写真には血が通ってない、って言われたの」

「血が通ってるって言うのがどういうことかよくわかんなくて・・・」

「お兄ちゃんなら何か知ってるかなと思ってさ・・・」

「そう言うことか・・・」

「じゃあ一緒に考えようか」

「うん!」




83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:51:32.77
ID:BmlZQvNx0

翌日、俺と妹は近くの神社に向かった
ここに来るのは夏祭りと初詣くらいだが、
相変わらずの人通りとくたびれ具合だ

「じゃあ普段どうやってとってるか見せてよ」

「分かった!」

妹はカメラを取り出すといきなり一段と草むらから取り出した
さすが着眼点が違うなと感心する。




84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:52:25.72
ID:BmlZQvNx0

×妹はカメラを取り出すといきなり一段と草むらから取り出した
○妹はカメラを取り出すといきなり石段と草むらから取り出した




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:55:22.59
ID:BmlZQvNx0

「ほ〜、結構いいじゃん」

普段人が見向きもせず通り過ぎてく物の中からいい景色を切り取って、
再発見させてくれるような驚きと懐かしさと、ある種の新しさが妹の写真にはあった。

「・・・でもね〜・・」

「なに?お兄ちゃん」

「昨日見た写真もそうだけど、人、撮らないよね」

「えっ?」

「何か、物とか景色とかばっかりって言うか」

「街中で撮ったやつも特定の人って言うよりはたくさんの人通りって感じだし」

「・・・」




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 20:57:27.08
ID:BmlZQvNx0

「ちょっと貸してよ」

「ちょっ!?お兄ちゃん!」

「お前、撮ってばっかりだけど、撮られるのは慣れてないだろ?」

「!」

「とりあえず試しにってことで」

「・・・もう〜〜・・」

「はい、そこ立って!鳥居のとこ」

「・・・は〜い」




95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:04:25.68
ID:BmlZQvNx0

鳥居の下で少々うつむく妹に向け、シャッターを切る音が妙に心地よい。

写真に撮られるときは大概ピースをするものだが、
あえて俺はポーズをとらずにそのまま立ってもらうよう指示した。
ポーズをとってごまかせない照れや恥ずかしさで妹は内股気味になっている。

「・・ほら」

「わ〜〜・・・!!」

「恥ずかしい・・・!消してね、それ!」

「ははは、でもさ、この写真ちょっとよくない?」

「え?」

「今までお前が写真に撮ってたのは雰囲気でしょ」

「この写真は心境や表情が写ってるじゃん」

「この恥ずかしそうな顔にしてもそう」

「血が通ってるってこういうことじゃないかな」

「・・・!!」

「お兄ちゃん、・・ありがとう!!」

いきなり突き飛ばされるように抱き付かれ、倒れそうになった。




96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:07:23.90
ID:BmlZQvNx0

それから俺は、時々妹に「私を撮って」と頼んでくるようになった。

普通のポートレートもあるが、油断した時を狙って撮ってと頼まれた時は
改札を通る時やベンチでぼーっと眺めている時などの飾らない瞬間を撮ったりした。

その成果もあってか、妹の写真はこの数日で目覚ましい成長を遂げた。




97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:09:40.29
ID:BmlZQvNx0

「なぁ」

「なに、お兄ちゃん」

「最近俺が撮ったりしてるけどさ」

「うん」

「なんか、普通じゃないかなって」

「えっ?・・・普通って?」

「それはさ・・・」

「この前の血が通ってる写真につながるけど」




99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:11:44.89
ID:BmlZQvNx0

「最初は良かったけど、ちょっと撮られることに慣れてない?」

「・・・」

「・・・慣れてる、かも・・・」

「だろ?」

「薬を飲んだら最初は効果があっても」

「薬を飲み続けるうちに耐性ができて効果が弱くなってきちゃうみたいにさ」

「うん・・」

「だからさ」

「うん」

「ちょっと恥ずかしい写真撮ってみない?」

「え!?」




103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:14:46.06
ID:BmlZQvNx0

「例えば・・・水着とか」

「いやいやいやいやいや・・」

「無理でしょそれは・・・」

「ほら!そうやって自分で限界決める!」

「・・・」

「この前の写真だって俺が撮るって言う前までは」

「人を撮らないって無意識のうちに自分で限界を決めてたろ」

「そして実際、俺がお前を撮ってからお前の写真は一気にぐーんと伸びた」

「・・・」




104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:18:17.61
ID:BmlZQvNx0

「今、普通のお前を撮ってもお前はもう恥ずかしいと思わないだろ」

「恥ずかしいと思えばそれが写真に現れてそこに気持ちが宿ると思うんだよ」

「だから、少し恥ずかしい写真を撮ってみないか」

「でも・・・」

「大丈夫だって」

「この写真はすぐ消すし、そもそもお前の写真の腕を上げるための材料に過ぎないんだから」

「・・・」

「・・・分かった・・・」

「えっ?!いいの!!?」

「・・・ちょっとだけだからね」

「おう!」




106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:21:55.80
ID:BmlZQvNx0

恥ずかしい写真と言ってもいろいろあるが、
最初からハードルを上げすぎると今後写真を撮ることは難しくなるだろう。
それなら日常的に人目にさらしつつ羞恥心をあおることのできる、
「スク水」から始めるのが適当と考えた。

授業の時は当然のように着るし、
それは決して人に見せるために着るものではないから、
水着から取るのは妹にとって程よいハードルの高さだろう。




108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:24:45.60
ID:BmlZQvNx0

「ねぇお兄ちゃ〜ん・・・」

「何だ?」

「やっぱり恥ずかしいよぅ・・・」

「そりゃそうだよな、水着なんだから」

「でも、それがこの写真に活きると思えば!」

「・・・」

「・・・がんばる」

「んん!その調子だ!」

「じゃあ行くよ〜」




111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:29:35.68
ID:BmlZQvNx0

手始めにいつものようにポーズをとらせずに撮る。
その時の表情は神社の鳥居で初めて撮った時よりも気持ちが見えている。

「いいね〜すごい良い表情してるよ!」

「お兄ちゃんホントのカメラマンみたい・・」

「うっさいなー」

「えへへへ」

会話をしながらも、はにかむ妹に向けたままのカメラのシャッターを切ることは忘れない
なんで撮るのーとふくれるが、写真のためだと言えば妹は結局は納得してしまうのだ




112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:35:14.92
ID:BmlZQvNx0

そこからは縁側に座らせてみたり、背伸びをさせてみたりとポーズをつけて撮ってみた
スイカを食べさせると思わずほころぶ妹を3方向から連写したりして、それまでの写真を見せてみる

「わぁ〜・・・」

「どう?」

「なんか恥ずかしいけど・・」

「うん」

「恥ずかしがってるところと、こうやって笑ってるところ・・・」

「なんか・・すごくいい」

「でしょ!?」

「俺も撮りながらそう思ってたんだー!」

「ちょっとーお兄ちゃぁーん」

「ははははは」




115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:40:11.45
ID:BmlZQvNx0

水着状態の妹をあらかた撮り終えると、何かをひらめいた妹は
夕食を済ませた後、カメラをひっつかんで外に飛び出した

日付が変わる直前に帰って来た妹の写真を見せてもらうと、
山の木の間から見える星空や一面に広がる水田を飛び交うホタルが写っていた

「お兄ちゃんのおかげだよ」

「ありがと!」

ニコッと笑うとカメラを手に部屋へと戻っていった




118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:45:40.43
ID:BmlZQvNx0

妹のカメラは新しい型とはいえ容量が限られるため、
お気に入りの写真やうまく撮れた写真、
他にも何かを感じられる写真は、俺のパソコンの専用フォルダに移していた
その中には鳥居の下での写真や水着の写真も含まれている

それまでは妹を撮るのが1週間に2回だったのが2日に1回のペースになっている
回数を重ねるうちに妹は水着でも慣れてきてしまい、
恥ずかしい表情が最初より撮りにくくなってきた

俺は次の段階に進むことにした




120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:48:13.80
ID:BmlZQvNx0

「準備できたよお兄ちゃーん」

「あぁ、今日は水着じゃないんだよ」

「え?」

「今日から水着はやめる」

「なんで?」

「お前、水着に慣れてきちゃってるからさ・・・」

「あぁそっか〜・・・」

「いい感じに出来てきたのにな〜」

「ごめんね、お兄ちゃん」

「いや、いいんだ」

「それでね」

「うん?」




125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:53:24.82
ID:BmlZQvNx0

「今日からは下着で行こうかと思うんだけど」

「ええええええっっっっ!!!」

「しし下着って・・パンツで・・?」

「・・・」

「・・・」




126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:53:56.34
ID:BmlZQvNx0

「うそぉ〜・・・」

「水着始めるって言った時もそうやって恥ずかしがってたけど」

「これでお前の写真は更なる飛躍が出来るんだぞ?」

「・・・」

「最初に神社で撮る前までのお前と比べて、今のお前はかなり成長した」

「水着で撮ってからはマンネリから脱却できただろ?」

「またここが限界って決めつけるのか?」

「・・・」

「良い写真、撮りたいだろ?」

「・・・」

「・・・」

「・・・ちょっとだけだからね・・・?」

「!!」

「あぁ、もちろんだ!」




129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:56:26.24
ID:BmlZQvNx0

下着で撮るとはいっても水着の時と同じように撮るつもりはない
スク水に比べて肌の露出が大きくなり、さらにそれはビキニではなく
下着であることを考慮すると、与える恥ずかしさは成長ではなく抵抗感に作用してしまう

よって、妹には中学の制服を着用させたうえでパンチラを撮ろうと思う
なぜ私服のスカートではなく制服かと言うと、趣味だからだ。




134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 21:59:44.96
ID:BmlZQvNx0

「着たよ〜・・?」

「うんうん、いいね〜制服!すごい似合ってる!」

「ちょっとーお兄ちゃ〜ん・・」

パンチラではないが妹の撮影技術の向上と言う理由で撮っているから、
妹がこうやって自然に笑った瞬間もシャッターを切る
これらのカモフラージュが撮影の正当性と必然性を高めてくれるからだ

「じゃあさっそく行くよ」

「・・・うん」

「じゃあそこに体育座りして」




136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:01:45.70
ID:BmlZQvNx0

「・・・っ!」

「恥ずかしいってこれ〜〜!」

「大丈夫だって!むしろそういうのが欲しくて撮ってるんだから!」

「でもこの座り方って思いっきりパンツ見えちゃってるよ〜・・・」

「パンツ見える座り方してるんだから当然でしょww」

「もうー!」




138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:05:23.91
ID:BmlZQvNx0

洗濯カゴに妹のパンツが入ってる状況は時々あるが、
実際に着用してそれをさらけ出して、しかもそれを撮られているというのは
男心をダイレクトでくすぐってくる

「お兄ちゃんどうしたの?」

「お腹いたいの?」

「い、いや、大丈夫」

不覚にも妹のパンチラで勃起してしまった。
これまでそういう対象で見たことはなかったのに、
飾り気のない真っ白な綿のパンツが素朴さを醸し出してかえって興奮させてくる。




141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:15:22.90
ID:BmlZQvNx0

「お兄ちゃぁん、いつまで撮るのぉ・・・?」

「もうちょっと!もうちょっとだから」

「もうちょっとっていつまでよぉ〜」

「あと少しだから!」

「恥ずかしいよお兄ちゃん・・・」

「・・・分かったよ、これで最後、ね!」




143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:17:16.95
ID:BmlZQvNx0

「ほら、こんな感じで撮れたよ」

「・・!!!」

「これ思いっきりパンツ見えてるよー!!」

「消してね!絶対消してよお兄ちゃん!」

「でもさ、すぐ消すのは簡単だけど・・・」

「この恥ずかしそうな顔、・・・今までしてた?」

「・・・」




144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:19:38.52
ID:BmlZQvNx0

「これまで写真撮ってきて水着でもやってみたけど」

「今までで一番恥ずかしそうな顔してると思うんだ」

「すごい"生きてる"表情だと思う」

「・・・」

「どう思う?」

「・・・そう、かも・・」

「でしょ!この恥ずかしそうな表情、なかなか撮れないよ!」

「こういうのが血の通った写真だと思うんだけどな〜」

「・・・」

「・・・そっかぁ」

「こういうことなんだぁ・・・」

「血の通った写真、って・・・」




146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:23:24.35
ID:BmlZQvNx0

撮影が終わるとその足でいつものように写真を撮りに行った
山の稜線から覗く夕焼けや帰路につく虫取り網を持った少年たちなど、
見るからに最初の時よりレベルは段違いに上がっていた。

俺としても妹のカメラの腕を上げるという理由で
水着の写真や制服パンチラ写真を入手できた
最近妹を一人の女としてみている自分がいる
そんな俺にとってこれらの写真は最高にして絶好のおかずとなった




147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:23:56.43
ID:BmlZQvNx0

もう疲れたお・・・




151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:28:40.23
ID:BmlZQvNx0

構想は出来てるんだけどこの調子で行くと正午回る\(^O^)/




156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:32:48.49
ID:BmlZQvNx0

2日後、定例の撮影会が始まった
制服はいいとして、妹は当然ながらパンツを見せることをためらっていた
しかし、これは俺のためじゃなくて妹のため
カメラの腕を上げるにはこれまでのように恥ずかしい思いをするべき
撮られる側になって初めて血の通った写真が撮れると説得した

「じゃあいくよ〜」

「うん・・・」


今日はピンクのチェック柄。
前の白無地の綿パンもいいが、これもまたいい。
内股の付け根に食い込んでしわに寄ったパンツに質感や、
パンツを撮られて顔を真っ赤にしてる妹があまりにもかわいらしく、エロい。




159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:36:28.97
ID:BmlZQvNx0

ここでカメラのズーム機能を使ってみる
カメラをズームするとレンズが前に伸びるのでカメラを向けながらではバレてしまう
一度カメラの調子が悪くなったふりをして、
俺は妹に背を向け腹に隠し、ズームにしてから妹に向ける

妹のパンツがカメラの画面いっぱいに映し出される。
中学生らしいチェックのパンツがとても愛らしい。
画面のパンツと直接妹の顔を見比べ視姦すると
猛烈にモノをしごきたい衝動に駆られる。




160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:41:39.39
ID:BmlZQvNx0

妹はこのカメラを画像用に使っていたが、動画も撮影できることを知らなかった
俺はこっそり録画モードにし、ズームのまま体育座りの妹のパンツと顔を交互に撮影する。

パンツを穴が開くほど見つめた後に真っ赤な顔をしている妹の顔を撮る
これは撮影に行かせる前にPCに移しておきたい。

「ちょっとカメラの調子おかしいから部屋に行ってくる」

「あ、そう?私も行こうか?」

「いや、大丈夫だよ」


俺は高鳴る心臓と早くなる呼吸を落ちつけながら部屋に飛び込み、
PCの隠しフォルダに内緒で撮った妹のパンツと顔のムービーを取り込んだ




161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:45:40.51
ID:BmlZQvNx0

「カメラ大丈夫だった?」

「あぁ、大丈夫」

「じゃあ撮影再開しようか」

「うん・・・」

ズームのままにしておいたカメラを体育座りのままだった妹の股間へと向ける

やっぱり可愛いピンク。
妹は白やピンクがよく似合う。
肩まで伸びる黒髪を二つに結び顔を赤らめると
着ているセーラー服にあいまってコントラストが抜群になる

「・・・?」

「あれ・・・?」




162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:48:03.30
ID:BmlZQvNx0

ズームのカメラをさらにズームにすると、疑問は確信に変わった。
パンツの上から分かるくらいに、妹は濡れている。

さすがにそれは予想外だった
まさか濡れるとは思っていなかったが、嬉しい誤算。
顔を赤くしながらパンツを濡らしているなんて最高すぎる。




163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:49:48.14
ID:BmlZQvNx0

「お兄ちゃぁん・・・」

「・・・なんだ?」

「あのね・・・」

「あの・・・ね・・・」

「・・・」

「なんだか・・・すごく・・・」

「ドキドキしてるの・・・」

「・・・!」




164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:51:47.38
ID:BmlZQvNx0

「撮られるとね・・・」

「なんかビクッてしちゃうの・・・」

「あ、今撮られちゃったんだ、って・・・」

「・・・」

「こんな姿撮られて・・・」

「・・・」

「・・・」

「興奮してる・・・」


「!!!!」




165: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:53:41.18
ID:BmlZQvNx0

「お兄ちゃぁん・・・」

「次は・・・どうしたらいい・・・?」


「そうだな・・・」

「じゃあまず立って」

「うん・・・」

「そしたら・・・」

「そのまま自分でスカートめくって」

「・・・」

「・・・」

「うん・・・」

「・・・っ・・・・っ!!」




168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:55:55.54
ID:BmlZQvNx0

「そのままでいてね〜・・」

カシャッ

「・・・!」ビクッ

カシャッ

「・・!!」ビクッ

カシャッ

「・・・っぅ・・」フルッフルッ


「どうしたの、ひざ震えてるよ?」

「・・・だって・・・」

「自分でスカートめくってパンツ見せてるなんて・・・」

「変態だよ・・・」




170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 22:58:14.65
ID:BmlZQvNx0

「でも一番恥ずかしそうな顔してるよ」カシャッ

「」ビクッ

「すごいエロくて、いいよ、すごく」カシャッ

「」ビククッ

「・・・」

「エロい・・・?」

「・・・」

「私・・・エロい・・・?」

「あぁ、とってもエロいよ」

「普段じゃ絶対取れない、すごい血が通ってる感じ」

「・・・」

「そっかぁ・・・」




171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:02:14.79
ID:BmlZQvNx0

「お兄ちゃん・・・」

「・・・」

「撮ってぇ・・・」

「もっと・・撮ってぇ・・・・!!」

「・・・」

「あぁ」カシャッ

「ふぅっん!」ビックッ

「・・・!やっ、私・・・変な声出しちゃった・・・」

「いいんだよ気にしなくて」

「もっと、自分を解放して」カシャッ

「」ビクッ

「限界を決めずに」カシャッ

「」ビクッ

「すべてをさらけ出すんだ」カシャッ

「んはぁんっ!!」ビックゥ!!




177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:13:31.70
ID:BmlZQvNx0

「お兄ちゃん・・・」

「あのね・・」

「気付いてたよ・・・」

「私のパンツ、ズームで撮ってたでしょ」

「!!」

「壊れたふりしてカメラをいじった後」

「レンズが長くなってたから」

「角度も下向きになるし・・・」

「しかも、パンツと顔交互に映すし・・・」

「・・・」




180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:16:16.67
ID:BmlZQvNx0

「そんなことするから私・・・」

「・・・」

「・・・濡れちゃったでしょ・・・」

「・・・」

「・・・お兄ちゃぁん・・」

「こんな私にした責任、取ってよぉ・・・」

「・・・」

「ね〜ぇ」

「・・・分かった」

「ホント・・?」

「あぁ、分かったら、スカートめくって」

「うんっ・・・」




181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:20:38.39
ID:BmlZQvNx0

「・・・どうだい?」カシャッ

「」ビクッ

「スカートめくらされてパンツ撮られてる気分は・・」カシャッ

「えェっとっ・・」ビクッ

「イケナイことしてる気分・・」

「でも・・・興奮する・・・っ」ビクビクッ

「写真撮られて興奮しろとは言ってないぞ?」カシャッ

「んうぅうっ!!」ビクウッ!!

「なに勝手に興奮してるんだよ」カシャッ

「はぁっ!んっ!」ビックン!

「ごめんなさい・・・」

「もっと大きく!」カシャッ

「ごめんなひゃあぁあはぁああいぃいいい!!!」ビクビクゥゥ!!!




182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:22:42.55
ID:BmlZQvNx0

「はぁ・・・はぁ・・・・」

「・・・」

「よし」

「ちょっと来い」

「ふへぇ・・・」フルッフルッ

「隣町まで行くぞ」

「何しに行くの・・・?」

「お前がもっと興奮できるところだよ」

「・・・」

「・・・もっ・・・と・・・??」




183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:24:34.49
ID:BmlZQvNx0

「ほら、ここだよ」

「・・・ここ、本屋だよ・・・?」

「あぁ、そうだ」

「ちょっとここで本でも読んで待っててくれないか」

「?・・・うん」

「そうしたらイイことできるから」

「・・・」

「・・うん・・・」




185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:28:57.56
ID:BmlZQvNx0

「・・・」ペラッ

「・・・」

「・・・」ペラッ

「イイことってなんだろう・・・」


「」スッ カシャッ

「!!!」ビクッ


(今・・パンツ撮られた・・・・?)

「・・・」

シーン

「・・・」ドキドキ

「・・・」ペラッ


「」スッ カシャッ

「・・・!!」ビクッ




186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:32:26.25
ID:BmlZQvNx0

(やっぱりパンツ撮られちゃったよね・・・?)フルッ

(あのおじさん・・・)

(今撮ったパンツ見てニヤニヤしてるよ・・・)


(さっきあのまま出てきちゃったから・・・)

(濡れてるパンツ、撮られちゃったぁ・・・)ビクッビクッ

「」スタスタ


(・・・また、撮るつもりなのかな・・ぁ・・・)

()フルッフルッ

(ちょっとくらいなら・・・いいよね・・・)フルフル


「」スッ カシャッ

(っ・・・・)ビクビクビク

(ダメだよぉ・・・)

(絶対濡れちゃってるよぉ・・・)プルプル




189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:34:49.78
ID:BmlZQvNx0

「」スッ カシャッ

(・・・もうっ・・・)ビクッ

(・・・抵抗しないからってフラッシュまでたかないでよぉ・・・!)ビクンビクン

(もう絶対バレちゃってる・・・)

(絶対スカートの中撮られて濡れてるってバレちゃってるよおぉっ・・・!!)ビクビクゥッ!!




190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:39:31.14
ID:BmlZQvNx0

「はぁ・・・はぁ・・・・」ビクビク

「どうだった?」

「うん・・・すっごいゾクゾクした・・・」フルフル

「知らないおじさんにパンツ盗撮されるのって・・・」

「スリルがあって・・・すっごい・・・」ピクッ

「そうかぁ」

「今頃、そのパンツの写真でオナニーしてるかもしれないね」

「えっ・・・」

「オナっ・・ニー・・・?!」ビクビクビクビクッッッ!!!!!!!!

「・・・」

「あ〜ぁ」

「まさか、イッちゃったのかな・・・」

「ふぅっ・・・はぁ・・んっうぅ・・・」ビクッビクッ




196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/11/18(月) 23:45:58.65
ID:BmlZQvNx0

今日一日で妹は変わった
もちろんそうするつもりだったが撮られて興奮するようになったのだ
本屋で盗撮されて普通なら捕まえて警察を呼ぶところを
わざと足を開いてパンツを撮らせた上にフラッシュをたいてまでパンツを撮られた
その画像はその日の夜のうちに画像サイトにupされた

「ほら、これ見てみ」

-------------------
本屋で見かけたJCです。
立ち読みしてるところをいただきました!
何度撮っても気づかれなかったので、フラッシュをたいて撮ったら、
なんとパンツを思いっきり濡らしてましたww
-------------------
うわ・・・めっちゃエロいっすね・・・!
今夜のおかずはこれで決まりですよ!!
-------------------
いやらしいJCちゃんだなぁ〜
こんなにHにパンツ濡らしてるから
おじさんに撮られちゃうんだよ〜(笑)
-------------------
おわり




※スマステで話題のデジタル計量器「フランカ」倒れないマグカップ「マイティマグ」収納出来る水筒「ヴィヴシリコンボトル」
※超おすすめ大人気スレから読む
■嫁が「実は罰ゲームであなたと結婚したの」とか言い出した
■彼女にプロポーズしたらいつの間にか別人にすり替わっていた
■バイトの超可愛い後輩が強者だった
■あるところに、普通の童貞がいました。
■ブラックなのか判らないけれど社員が逃げた
参照元:中学生の妹を数年調教した結果WWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWWW
■昨日意味も分からずに異性に「月が綺麗ですね」って送った者だが
■女子高生にスライディングしたら付き合うことになった話
■同じ大学の女の子がおっぱいくっつけてくるんですが脈ありですか??
■変態の俺が助けた女の子に惚れられてしまった
■心霊スポットで友達にドッキリ仕掛けたら大惨事になったwwwwww


かわいい制服で、



話題のスレッド
バイト超可愛い後輩男「就活対策」 DQN寝取られアドンバイトクビで8万GET初めてのオフ会感動回文元キモヲタが超リア充に影絵おっぱい
コンビニ、俺がな?2日で会社辞めたDQNクビですあない姉に100万捨て身ゆとり会社の詠み会普通の童貞99.9999%おっぱい大学

いつもお世話になっているアンテナサイト様
ショボンあんてな2chnaviLogPo!2ch2chまとめヘッドラインブーンあんてなあんてなかんてなアテナあんてなちくアンテナオワタ避難所ぐるぐるログ
posted by 昨日みた明後日の夢 at 23:12 | Comment(6) |日記|道草|人気記事はこちら|はてブ
この記事へのコメント
  1. おっさん妄想乙
    働けや
    Posted by at 2013年11月19日 20:35
  2. これって釣りじゃなかった?
    釣られた記憶がある…まぁ、定期みたいなもんだから違うかもしれないけど…
    Posted by 名無し at 2013年11月19日 20:39
  3. Posted by え at 2013年11月19日 21:07
  4. おわり?
    Posted by 名無し at 2013年11月19日 21:12
  5. 書き終わる前に落ちてしまった・・・
    もちろんこの先には続きがあった
    Posted by at 2013年11月19日 23:33
  6. 玉拾いの所で読むの辞めた、最近は入部してすぐサーブ打つよ
    Posted by at 2013年11月23日 13:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

- ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ぼくのフライドチキンはおいしいよ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。