ショボンあんてな(´・ω・`)2chNodeLogPo!2ch2chまとめヘッドラインあんてな@かんてな NetaGearちくアンテナアテナあんてな
オワタ避難所しぃアンテナ(*゚ー゚) ぐるぐるログ 計画停電<関東>全国の放射能 <水> <雨>九州産 野菜みどり牛乳放射線測定器節電
相互RSS&お気に入りサイトさま
お気に入りサイトさま




期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

2013年01月07日

女子「これが噂の・・・痴漢列車か」

女子「これが噂の・・・痴漢列車か」

1: 1 投稿日:2012/12/24(月) 21:52:52.95
ID:V444qKl80

女子(間違って乗っちゃったよ〜数分前の私バカ過ぎる)

女子(すごい・・・おやじくさい)

スリスリ

女子(うわ・・・さっそく来たよ)

女子「や・・・やめてください」

おやじ「・・・・」

女子「あの・・・ほんとに・・お願いします」

おやじ「・・・・・そんなこと言って、本当は気持ちいいんだろ?」

女子(あ!これ前漫画で読んだことあるやりとりだ!ちくしょう!)

※超おすすめ大人気スレから読む
■同じ大学の女の子がおっぱいくっつけてくるんですが脈ありですか??


DOUBLE(ダブル)


3: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 22:02:40.43
ID:V444qKl80

おやじB「・・・ちょっと待って。この娘見ない顔だね」

おやじ「え?ミキちゃんじゃなのかい?」

おやじB「ミキちゃんは受験近いからって最近来てないだろー」

おやじ「あれ?本当に嫌がってたの?ごめんよ」

女子「え?あれ?いやこちらこそすみません」

おやじB「間違って乗ってきちゃったのかい?それともどっかで聞いてきたとか?」

女子「いえ、前者のほうです」

おやじ「こまったねぇ。どこの駅で降りるんだい?」

女子「プラス女子大前です」

おやじ「あ〜〜、それならもうすぐだから。そのまま座って待ってればすぐだよ」

おやじ「でも、この列車のことは内密にねw」

女子「あ・・・はい」

おやじ「顔・・・覚えたからね」

女子(ゾゾォー)

おやじB「あんまり恐がらせるなよ!可哀そうだろ!」

おやじ「ごめんごめん」

女子「いえ・・・大丈夫です(なんなんだこの空気)」




5: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 22:09:14.53
ID:V444qKl80

次の日


女子「はーーー」

女子「昨日のはなんだったんだろう」

女子B「おはよ」

女子「あーおはよー」

女子B「・・・どしたの?なんかあった?」

女子「それがね〜カクカクシカジカ」

女子B「まさかぁ!最近流行ってる都市伝説ってあんたが流してたのね?」

女子「ち、違うよ!本当に見たんだよ!」

女子B「はいはい、どっちみち私は関係ないしー」

女子「いたいけな女の子が夜な夜な痴漢されてるかもしれないんだよ!関係なくないよ!」

女子B「はぁ??だってあんた無事帰ってこれたんでしょ?」

女子「そ、そうだけど・・・」

女子B「同意の上でやってるんならいいんじゃないの?」

女子「そ、そうかなぁ・・・」




6: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 22:17:34.21
ID:V444qKl80

女子B「あ!ミキーーーおはよーー」

ミキ「おはよー」

女子(・・・ミキ・・・ちゃん?)

ミキ「はぁーなんか眠いよ」

女子B「また受験勉強?」

ミキ「うん」

女子(受験勉強・・・?)

女子B「ミキはすごいよね!私たちはそのままエスカレーター方式でプラス女子大にしちゃったのに」

ミキ「やりたいことがあるからね」





女子「ねぇミキ」

ミキ「んーー?」

女子「痴漢列車って知ってる?」

ミキ「・・・・・なにそれー?」

女子B「またこの子は」

女子「い、いいのなんでもない」



女子(この時、私は見逃さなかった。一瞬の動揺。呼吸の乱れ。不自然な間。)

女子(ミキは何か知っている)




7: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 22:23:37.31
ID:V444qKl80

放課後


女子(そろそろミキが塾に行くころだわ)

ミキ「じゃーねー」

女子(動いた。このまま後をつけるわ)

スタスタ



女子(普通に塾についちゃったよ)

女子(ミキが帰るまで向かいのマックで待とう)



ウトウト


女子「は!ぬわ、寝過した」

女子「もう終電ちかいじゃん」

女子「塾の明かりもついてないし」

女子「そういえば・・・あの時偶然列車に乗った時も同じような時間帯だったような」

女子「ともかく駅に急ごう!」




8: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 22:34:42.30
ID:V444qKl80




女子「うわー良かった。これが最後の電車だよ」

女子「・・・ん?あれは・・・」

女子「ミキだ!でも塾はとっくに終わってたはずなんだけどなぁ」

女子「なんだろう・・・乗るか乗らないか迷ってるような」

女子「あれーミキ乗らないんだ。もう電車無いのに・・・・」

女子「・・・・いや!ある!私の推理が正しければ」

女子「この終電の次に・・・あの列車が来る!」

女子「終電の後に居たら目立つかな。隠れよう」


待つこと15分


プァーーー

女子「来た。痴漢列車だ」

女子「ミキも乗り込んだ。同じ車両に乗ろう」

女子「なんか会話してるなぁ。聞こえるかな」

ガヤガヤ

おやじ「あれ?ミキちゃんじゃないの」

ミキ「お久しぶりですぅー」

おやじB「どしたの?受験勉強はいいの?」

ミキ「最近頑張りすぎちゃってて、ストレスもたまっちゃって・・・」

おやじ「なるほどねぇ」

おやじ「今日はミキちゃんのために頑張っちゃうよぉ〜〜」



女子(まさか・・・こんなことになってるなんて)

女子(ミキはここの常連。需要と供給の一致)

女子(夜な夜な乱交パーティってことね)

女子(許せないわ!こんなの不潔よ!ツイッターに投稿して拡散しよう)




15: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 22:59:52.42
ID:V444qKl80

ミキ「・・・・ん・・・・んぁ」

おやじ「こっちかい?」

ミキ「ひぐ!・・・あ・・・そこ」

おやじ「ここをこうこうこう!」

ミキ「あ・・・・あな・・・・はいむ」

おやじB「おじさんもまぜてよ」

ミキ「いい・・・ですよぉ」

おやじB「やっぱ若いってすばらしいわ」




女子(やだ・・・もう見てらんない。なんで同級生が痴漢されてる所マジマジと見てんのよ私)

女子(てか限界よ。会話文の限界よ。模写がむずかしいわ)

女子(本気だすわ)



両手で吊革に必死で捕まっているのがミキだ。
身長165で胸もあるし、おしりも引き締まってて女の私から見ても良い体だと思う。
それに勉強も出来、皆の憧れのような彼女が今私の目の前で犯されている。
その姿は普段見る可憐で清楚なミキの姿では無く、ただただ欲求にしたがい
快楽をむさぼるケモノの姿であった。
後ろの男が臀部をさすりながら、前の秘部に手を伸ばす。
今日一日、暑い中歩き回り汗もかいているはずだが、臭いを気にする者などいなかった。
そして汗以外の物がミキの下着を濡らし始める。
前の男はしゃがみ、ミキのまたぐらに顔を突っ込んだ。
フゴフゴと豚のように喘ぐ男を嫌がる様子も無く、ミキは段々とよがり声を上げ始めた。
後ろの男はミキの服を前からたくしあげ、ピンクの下着をあらわにした。
それを合図にしたかのように、大勢の男たちがミキの体をまさぐり始める。
穴と言う穴。突起という突起。
隅から隅まで舐めまわされいく。


ミキ「ん・・・くる・・・ん!んぁ!」

絶頂に達したようだ。少し疲れた様子で吊革から手を離す。
電車の揺れで倒れそうだ。

おやじ「おっと、大丈夫かい?」

ミキ「だ・・だいじょうぶです。ちょっと・・・気持ち良くて」

おやじ「受験勉強で疲れてるんじゃないかい?」

ミキ「それもあるけど・・・続きがしたいかな」

おやじ「お、おじさん頑張っちゃうぞぉ」


女子(え?続きってもしかして・・・?ダメだ!止めないと)




18: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 23:14:09.77
ID:V444qKl80

女子「ちょ、ちょっとあなた達何やってるのよ!」

え?

一同ポカーーン

ミキ「え・・・?な、なんで女子がここに?」

女子「待っててミキ。今助けるわ!いたいけな少女をだまして!」

おやじ「誤解だよ・・・」

女子「そんな歳してはずかしくないの!気持ち悪い!」

ミキ「女子・・違うのよ」

女子「大丈夫よミキ!私に任せて!こんな変態おやじ達警察に突き出して――」

ミキ「女子!!」

ビク

ミキ「あなたに何が分かるのよ!ここは・・・ここは私の居場所なの!」

ミキ「人のプライベートに土足で上がりこんできて・・・勝手なこと言わないで!」

ミキ「さんざん今までのことも見てたんでしょ・・・私に隠れて」

ミキ「最低よ!おじさん達にも謝ってよ!」

女子「な・・・なによ。わ、私が悪いみたいじゃない・・・・」

女子「わ、私は・・・ミキのためを思って・・・」グス

ミキ「それが勝手だって言ってるのよ!私が痴漢にあってます助けてなんて言った!?」

女子「だ・・・だって・・グス・・・エグ」

女子「だぁ・・・てぇ・・ウグだってぇぇ・・・うわぁぁん」

おやじ「まぁまぁミキちゃん・・・おさえて」

おやじ「この子はミキちゃんのことが大切なんだよ」

ミキ「分かってる・・・けど。おじさんたちのことひどく言うから・・・」

おやじ「ほら・・・女子ちゃんもこっち来て。温かい物でも飲みなさい」

女子「ウグ・・・・・エグ・・・・・」




19: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 23:36:32.98
ID:V444qKl80

おやじ「砂糖入れる?クリームは?」

女子「ング・・・エグエグ・・・・」

ミキ「女子・・・あなたの気持ちは嬉しいわ」

ミキ「でもね。これは皆合意のもとでやっていることなのよ」

女子「で・・・でも・・女の子がぁ・・・あんなこと・・・」

女子「しちゃダメ・・・て・・・ママが・・・・・言ってたしぃ」

おやじ「確かに・・・あまり誉められるようなことじゃないけどね」

ミキ「それでも、私はこの痴漢列車に救われたわ」

ミキ「居場所を与えてくれたし、心のよりどころでもあるの」

女子「でもぉ・・あかちゃんが・・・できちゃったらどうするのぉ」

ミキ「ここはね。一見さんお断りの完全会員制なのよ」

ミキ「皆信頼できる人しか居ないし、コンドームは装着が義務づけられているわ」

ミキ「もちろん・・・100%避妊出来るわけじゃないけど、中絶費用も会費から捻出してくれるのよ」

ミキ「ナースのアイさんも居るし、産科医の井筒さんも居るし、そこは心配しなくていいのよ」

女子「でもぉ・・・でもぉ・・・」

源さん「んーー?どしたい?なんかあったかい?」

おやじ「おぉ源さん、それがカクカクシカジカ」

源さん「ほぉーー」

ミキ「ごめんなさい。トラブルを持ち込んじゃって」

源さん「いいのいいの。いつだってここはトラブルばっかなんだから」

源さん「それに、ここは会長の俺が説明してやるのが筋だろう」

源さん「いいかいお譲ちゃん」

源さん「ここでやってるのはね」

源さん「ぜーーんぶイケナイことさ!」

源さん「でもね。世の中が全部、正しいことで出来ているかい?」

女子「・・・どゆこと・・・グス・・・ですか?」

源さん「皆が皆幸せかい?世の中にはいじめもあるし、嫉妬や恨み、暴力、嘘」

源さん「色んな物イケナイことが渦巻いてる」

源さん「それで傷つく人も一杯いるんだ」

源さん「でもよ。それを癒してやれるとしたら・・・・どうするね?」




20: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/24(月) 23:51:44.12
ID:V444qKl80

女子「癒して・・・あげたいです」

源さん「そうだろ?そうだよな?」

女子「・・・はい」

源さん「もしその癒す方法がイケナイことだとしたらどうするよ?」

女子「・・・・・・」

源さん「ここにはな。家の無い奴。家族に捨てられた奴。はたまた企業の社長。サラリーマン」

源さん「色んな奴がいるけどなぁ。皆家族みたいなもんなんだ」

源さん「穴兄弟っていうだろ?」

女子「・・・・?」

源さん「い、今のは忘れてくれ」

源さん「ともかくな、皆色んな物をかかえてここに来る」

源さん「そしてお互いに傷をなめ合って、ついでに体もなめ合って」

源さん「皆を、家族を癒してやってるのさ」

源さん「それがイケナイことかい?」

女子「・・・いいえ」

源さん「分かってくれるかい?」

女子「・・・はい」

オンギャーーオンギャーー

おばさん「源さん!ちょっと来ておくれ!アイちゃんとこの子が言うこと聞かないんだよ!」

源さん「保育所は一号車だろ?なんでこんな所まで・・・分かったよ!そっち行くよ」

源さん「じゃ、女子ちゃん。また後でな」

スタスタ

女子「・・・」

ミキ「・・・分かってくれた?」

女子「・・・うん。・・・でも」

ミキ「でも?」

女子「ミキは・・・最初はなんでここに?」

ミキ「・・・・・私。昔いじめられてたの」

女子「!?・・・知らなかった」

ミキ「別のクラスだったものね」




23: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/25(火) 00:06:27.62
ID:WwwHYzn60

ミキ「かなりひどいこともされて・・・性的にも」

ミキ「男性恐怖症にもなったし、自殺も考えたわ」

ミキ「夜の駅でね。来た電車に飛び込もうと思って」

ミキ「そして・・・源さんにあったわ」

ミキ「源さんが言うのよ。死ぬならその体くんないかい?って」

ミキ「私はその頃男の人とまとも話せなかったし、知らない人で恐かったけど」

ミキ「もうどうせ死ぬんだし・・・って思ったらなんでも出来たわ」

ミキ「そのまま痴漢列車に乗って、今のあなたみたいに混乱したわ」

ミキ「もちろん、すぐに体を求められたりはしなかったし」

ミキ「皆相談にのってくれて、弁護士の北さんがいじめっ子の親に話しをつけてくれたし」

ミキ「先輩のミオさんも時々教室を見に来てくれるようになったわ」

ミキ「いじめはなくなって・・・男性恐怖症もだんだんと直ってきたわ」

ミキ「そして・・・段々と痴漢プレイもするようになった」

ミキ「ここは私の大切な居場所なのよ」




女子「あ!・・・・ミキごめん」

女子「私、ここの秘密ばらしちゃったかも」

ミキ「え?どういうこと?」

女子「実は・・・ツイッターで・・・・」




26: 1 ◆DPvZRJ5eF2 投稿日:2012/12/25(火) 06:12:25.26
ID:WwwHYzn60

一週間後


源さん「皆良く聞いてくれ」

源さん「幸いまだ警察は動いていないようだが、日に日に一般人の乗車が目立ってきた」

ミキ「私も最近マナーの悪いヤンキーみたいのに無理やりやられそうになったわ」

おやじ「あいつら後からやってきて我が物顔で痴漢しやがる!許せん」

源さん「そこで対策本部を本日づけで設立する」

女子「ごめんなさい・・・私のせいで」

源さん「なーに、いつかは起こることだったのさ」




29: 名も無き被検体774号+ 投稿日:2012/12/26(水) 02:35:15.35
ID:gF/VtY4T0

これはまとブロに載るか…!?
ちょwwwwwwwクソワロタwwwwwwwwwww










あっピンク色でお願いしまーすwwwwwwwwwwwww



月曜から夜ふかしで超話題の伸縮自在のアルミ製ボディの洗濯【スペーススリム】
※超おすすめ大人気スレから読む
■【速報】友人がモノホンの天才発明家だったwwwww【画像あり】
■女「クリスマスのシフト代わってください!」俺「無理っす」
■おまいらのムカイリのせいで美容院で恥じかいた
■彼女の友人『 一番辛いのは浮気をした彼女なんだよ!? 』
■昨日意味も分からずに異性に「月が綺麗ですね」って送った者だが
■ブラックなのか判らないけれど社員が逃げた
参照元:女子「これが噂の・・・痴漢列車か」
■女子高生にスライディングしたら付き合うことになった話
■バイトの超可愛い後輩が強者だった
■同じ大学の女の子がおっぱいくっつけてくるんですが脈ありですか??
■あるところに、普通の童貞がいました。
■彼女にプロポーズしたらいつの間にか別人にすり替わっていた


月曜から夜更かしで超話題超簡単みじん切り器「ビュンビュンチョッパー」



話題のスレッド
バイト超可愛い後輩男「就活対策」 DQN寝取られアドンバイトクビで8万GET初めてのオフ会感動回文元キモヲタが超リア充に影絵おっぱい
コンビニ、俺がな?2日で会社辞めたDQNクビですあない姉に100万捨て身ゆとり会社の詠み会普通の童貞99.9999%おっぱい大学

いつもお世話になっているアンテナサイト様
ショボンあんてな2chnaviLogPo!2ch2chまとめヘッドラインブーンあんてなあんてなかんてなアテナあんてなちくアンテナオワタ避難所ぐるぐるログ
posted by 昨日みた明後日の夢 at 22:06 | Comment(4) |女性専用車両|道草|人気記事はこちら|はてブ
この記事へのコメント
  1. え?これで終わり?
    Posted by なな at 2013年01月07日 23:30
  2. ……ふぅ


    ツモ!
    Posted by at 2013年01月07日 23:49
  3. え?
    終わり?
    Posted by ななし at 2013年01月07日 23:55
  4. おい
    Posted by at 2013年01月08日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

- ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ぼくのフライドチキンはおいしいよ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。