ショボンあんてな(´・ω・`)2chNodeLogPo!2ch2chまとめヘッドラインあんてな@かんてな NetaGearちくアンテナアテナあんてな
オワタ避難所しぃアンテナ(*゚ー゚) ぐるぐるログ 計画停電<関東>全国の放射能 <水> <雨>九州産 野菜みどり牛乳放射線測定器節電
相互RSS&お気に入りサイトさま
お気に入りサイトさま




期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

2012年01月10日

俺に相談してきた女と俺の話

俺に相談してきた女と俺の話

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:39:44.72
ID:WUZ4LGRL0

糞な文章と内容だから暇つぶしにでも見てくれ。




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:41:03.49
ID:WUZ4LGRL0

まずは同級生の女子から。
中3の頃からメールとかスカイプで会話するようになった。
その子はクラスの中でも目立たない方で、俺とも全然話したことなかったけどメールでは流暢に話してくれた。



電波女と青春男


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:41:54.07
ID:WUZ4LGRL0

顔はかわいいかかわいくないかっていうと、正直結構かわいい方だと思う。宮崎あおいに似てる。もう少し目が大きいけど。(以下あおい)
前はクラスで話しかけてもおどおどしてたのに、メールするようになってから笑顔も見せてくれるようになった。今まで地味で真面目な人だと思ってたけど笑うとかわいかった。
同じ高校に入学してすぐの頃、相談メールが届いた。
「実は好きな人がいる」





6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:46:30.44
ID:WUZ4LGRL0

俺「まじか!そういうキャラには見えなかった」
あ「どういうキャラなの」
俺「いやいや、いい意味でね」
あ「やっぱり聞かなかったことにしてください」
俺「それで誰なんだ?」
あ「聞こえません」
俺「同じクラスか?」
あ「聞こえません」
あおいは真面目な話とかになると敬語になる。





7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:48:46.13
ID:WUZ4LGRL0

こういう調子で結局誰にも相談できないから、
俺に相談してきたらしい。
あおいが恋愛してるっていうのは
本当に想像ができなかったので俺も興味があった。
あおいはかなり真面目だったと思うけど、
俺は好奇心全開で恋愛相談に乗ることにした。





8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:53:18.53
ID:WUZ4LGRL0

色々教えてくれるものの、
誰かというのは鉄壁でなかなか教えてくれなかった。
「協力してほしいし、相談あるから、マックで会えないかな?」
ということでマクドナルドに行くはずだったんだが、
ど忘れして俺がすっぽかしたというのもあって
「もう絶対に教えない」とまで言われてしまった。





15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:57:28.37
ID:WUZ4LGRL0

俺だって色々聞いて引き下がるわけにもいかない。
単純にあおいの好きな人を知って
からかってやろうだなんて思っていたわけがない。
メールで
俺「だったら俺ももう相談乗ってやらんわ」





16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 12:58:04.15
ID:WUZ4LGRL0

あ「え?」
俺「だって協力っていってもなんにもできないしさ、このままだったら」
あ「ごめんなさい」
俺「いや、謝るほどじゃないけど」
あ「これだけ相談してるのにえらそうにしちゃったから」
俺「それは否めない」
あ「否定してくださいよー」
メールは記録残ってないからわりと思い出す感じで書いてるので悪しからず。





17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:01:37.07
ID:WUZ4LGRL0

あ「それじゃ、今度こそマック来て」
俺「メールいいじゃんw」
あ「メールは残っちゃうから、ばれるかもしれないもん」
俺「俺ばらさないよ」
あ「サイバー攻撃うけてるかもしれない」
俺「それも否めない」
あ「直接がいいです」





20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:03:53.26
ID:WUZ4LGRL0

というわけで俺は夕方に呼び出されてマックに行った。
その頃にはクラスでも普通に話すようになったし(高校でもクラス一緒だった)、
たまに帰りの電車で一緒になることもあった。
でも2人でどこかで会うっていうのは初めてだった。
あおいの私服姿は初めて見たけど意外とかわいかった。
隅っこの窓の近くの席に座っていて、
俺に気づいて「よっ」と手を挙げた。





21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:06:50.20
ID:WUZ4LGRL0

俺「・・・はじめまして」
あ「何言ってるのw」
俺「何か頼んだ?」
あ「ウーロン茶だけ頼みましたよ」
俺「俺もウーロン茶飲みましょうかね」
あ「口調www」
俺「何か変ですか?」
あおいはちょっときごちなく笑った。
やっぱり笑った方がかわいいのになーと思った。





24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:11:30.16
ID:WUZ4LGRL0

>>22
Dかっぷだそうだ

俺「で?」
あ「でって?」
俺「ええ?話してくれるんじゃないの」
あ「あー、そうでしたね」
俺「俺の家からマックまで、結構あるからね。何もないじゃ困るわ」
あ「困る?」
俺「困る」
あ「これからもっと困ると思う」




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:13:15.19
ID:WUZ4LGRL0

俺「はい?」
あ「あのねー・・・・・・、うん」
俺「・・・」
あ「・・・」

あ「>>1が好き」




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:16:11.88
ID:WUZ4LGRL0

俺「え?」
あ「いや、好きかもしれない。いや、うーん、好きかな。どうかな・・・」
俺「あ?は?えーと、はい」
あおい顔真っ赤。俺もおそらく真っ赤。
あ「ごごごごごめんなさい、急に、本当に、ねーはは」
俺「いや、あう、あっありがとう。
はは、ねー、えーと。んじゃ俺はどうしたらいいかな?ははは・・・」
あ「えっ・・・」
すんごい沈黙。もうすんごい沈黙。
5分もなかったと思うけどものすごく長く感じた。





31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:17:09.10
ID:WUZ4LGRL0

あ「あの、わたし、帰るね。お金出しとくし、うん、ごめん。じゃあね」
あおいはものすごいスピードで帰って行った。
俺はいまいち何が起こったのか理解してなかった。
書き方が悪いんだろうけど、
俺は本当にあおいが自分のことを好きだって言う自覚が全くなかった。
そもそも俺が好きなのに俺に相談って何?
とか色々考えてパニックになってた。




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:18:28.77
ID:WUZ4LGRL0

夜にあおいから電話が来た。
あ「今日は本当にごめんなさい、気にしないで接してくれていいから」
俺「気にしないって・・・うんまあわかった」
あ「あと、誰にも言わないでほしい・・・です」
俺「その点は大丈夫」
あ「本当にごめんなさい。それじゃ、またね」
何故かものすごく落ち着いて返事していたけど、頭の中はパニック状態。
その後ぎくしゃくしてしまったあおいとはあんまり話さなくなったし、
クラスも離れたし、何も進展することがないまま終わってしまった。

同級生あおい編完。





37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:21:37.97
ID:WUZ4LGRL0

悲しいがそんなもんなんだよ。現実は。

次はメンヘラ女編。

俺がその女と会ったのは高1の冬休みに
姉とその旦那と一緒にスキーに行ったとき。
3人乗りリフトに偶然同乗したのがそいつだった。
そのリフトが点検だかなんだかで
かなり長い時間空中で止まってしまった。
どうせ長くなりそうだからと思って俺からそいつに話しかけた。





38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:22:33.79
ID:WUZ4LGRL0

俺「点検長いですね」
女「あ・・・はい、そうですね」
俺「リフトって空中の方がぐらぐらしてますよね」
女「そうみたいですね」
俺「今日は友達と?」
女「いや、家族と」
俺「俺と一緒だ。俺もね、姉貴とその旦那と来てるんだけど、
姉貴がなんか聞き出してくれって言ってきて、
そのくせ2人でベタベタ滑ってるんだよ。いつ聞き出せっていうね」
女「ふふ」
俺「結局俺一人でコース巡りしてるからね」
女「かわいそうだね」
俺「今日は滑りに来たんだ?」
女「まあ・・・っていうか旅行」
俺「それじゃ住んでるところは遠いんだ」
女「○○です」
俺「遠いなー。雪ないよね。スキーとかあんまりしないんじゃない」





39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:23:15.68
ID:WUZ4LGRL0

そんなこんなでなんだか会話が弾んで、
意外と馬が合うしタメだったしでメアド交換した。
ゴーグルしてたから気づかなかったんだけどすごくタレ目で狸みたいだった(以下狸)。
普通にメールをする仲になった。





40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:23:56.89
ID:WUZ4LGRL0

見た目は結構おとなしめで、あんまりしゃべるタイプじゃないと思っていた。
実際メールでもそういう内容だったしね。
だけど俺がニコニコ動画をちょっと見たことがあるという話題を出すと。
「やばいね、これはキタね。ミク分かってくれる人あんまいないからね」
とか言い出して、急に距離が縮んだ。
悪く言うと馴れ馴れしくなった。





44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:25:07.01
ID:WUZ4LGRL0

狸からのメールは面白いので話のネタとして保存してあるので原文ママ。

俺「ボーカロイドってあまりよく知らないんだけど」
狸「ボカロっていうのは機械機械って言われてるけどそうぢゃないんだよね。
あたしとかみたいな人わ自分のキモチとか言えないけど、
ボカロは伝えてくれる。
人が歌ったからすばらしいわけぢゃないし
ミクもレンもココロがある。
ボカロだからって否定するっていうのわあたしわ許せないのだよ←
とかカッコイイこと言ってみた(^p^)」
俺「(なんだこいつ・・・)」




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:26:07.89
ID:WUZ4LGRL0

たまに無視してもメール送ってくるので
返信せざるを得ない状況になっていく。まあ面白かったし。

鬱な内容のメールも送られてくるようになる。
狸「死にたい・・・」
俺「どうした」
狸「聞かないで。
あたしがあたしをコントロールできなくなってるから。
何しでかすかわからない」
お言葉に甘えてメールは無視。





47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:28:05.40
ID:WUZ4LGRL0

その他狸メール集
狸「昨日はごめんね(^p^)マヂ病み期なんだわ〜」
狸「お酒飲みたい。禁断症状で手震えてるんだけどwwww」
狸「となりのおぢさんたばこすってる。におぃで我慢できなくなりそぅ」
狸「カッターポケットにぃれてると安心するょね(^p^)」

(^p^)←なんなのこれ





46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:26:51.11
ID:w1U1pynLO

狸のおっぱいは大きい?




48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:29:14.78
ID:WUZ4LGRL0

>>46
カップは知らないが別に大きくはない。

そんな狸からも恋愛相談らしきメールが来るようになった。
「年下ってどう思うかな?」「男の人ゎ意味不なんだけど」
などなど。おそらく年上の男に恋してるんだろうなと思った。
そいつは気の毒だとも思った。
文体からするに、うまくいっているみたいだった。
自意識過剰なのかもしれないが。
そんなとき、狸から電話が来た。
メールはかなりしていたが電話は初めてだった。





49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:32:07.40
ID:WUZ4LGRL0

俺「もしもし?」
狸「はぁー、ぐすっ。>>1?ぐすっ」
どうやら狸は泣いているらしかった。しかも号泣に近い。
俺「なんだ、どうした」
狸「もうさあーぐすっ、死んじゃいたい・・・うえっ」
俺「はあ?」
狸「死んでもいいかなぁ・・・」
俺「いやいや(面倒臭いから)死ぬのはだめだろ」
狸「>>1はわかんないでしょおーぐすっ」
わかんねーよ。




51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:36:03.90
ID:WUZ4LGRL0

狸「ここから飛び降りたら死ねると思うの」
俺「いやいやいやいややめておけって」
メールではこういうことがあっても電話では初めてだったので俺も焦ってた。
狸「ううっうあーうあー」
本格的に泣き出した。俺も泣き出したかった。
落ち着くまで待つことにした。





53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:39:27.21
ID:8SAJlwBz0

ちなみに今>>1には彼女いんの?





54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:40:34.70
ID:WUZ4LGRL0

>>53
想像にまかせる。

狸「うぇっ・・・ぐすっぐすっ、ごめん」
俺「いや、いいけど。何があった」
狸「・・・やられて」
俺「へ?」
狸「やられたの!でもなかったことにしてくれって!好きだって・・・いってたのに」
俺「やられたって・・・えーと」
狸「Hしたの。というかされたの」
俺(゜д゜)




55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:43:44.00
ID:WUZ4LGRL0

見てる人いる?




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:43:57.54
ID:P5RMGQ3B0

はよ




57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:44:20.87
ID:FLyrTVyc0

はよつぎ




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:44:37.60
ID:8SAJlwBz0

いるお




60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:45:20.92
ID:WUZ4LGRL0

お、結構いてくれた。ありがとう。

俺「えーと・・・あの、例の人?」
狸「そう、>>1に言ってた人。お酒飲んでたけど・・・本当に好きだって言ってたのに・・・」
俺「話が見えないんだけど」
狸「だから一緒にお酒飲んでたの!そしたらめっちゃ体触ってきて・・・
いいでしょって。あたしも好きだったしそういうふうになってもいいって思ってたし・・・。
でも、誰にも言わないでくれ、なかったことにしてくれって・・・」
俺「そいつは何歳なんだよ」
狸「31・・・。奥さんいるからそういうこと言ってるんだと思う」




63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:46:05.38
ID:WUZ4LGRL0

ということはつまりだ、狸は31のおそらく社会人と不倫していた、ということだ。
俺「そ、そいつとは付き合ってたってこと?」
狸「付き合ってたよ!デートしたりとか、ちょっとHなことしたりとか・・・。
全部したのはそのときだけだけど。でもすぐ全部忘れてくれって」
要するに都合良く抱きたいときに抱いてやり逃げという風に聞こえる。




66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:46:45.03
ID:WUZ4LGRL0

俺「音信不通っていうわけ?」
狸「連絡はとれないけど毎日顔会わせるし」
俺「は?どういうこと?」
狸「先生なの」
俺「え?」
狸「高校の先生なの」
(゜д゜)




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:47:49.66
ID:WUZ4LGRL0

要するに高校教師31歳と不倫をしていた。
想像のできなさに気持ち悪くなった。
というか生徒に手を出すって言う行為自体が信じられない。
しかもなかったことにしてくれと生徒に懇願しているという状況に胸くそ悪くなった。
狸がかわいい子だったらうらやまけしからんとか思っていたが・・・
まあそういうことだ。





69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:48:42.96
ID:WUZ4LGRL0

狸をひとまず落ち着かせて電話を切った。
狸は「絶対自分の方が愛してる」「奥さんと別れさせてやる」
とかものすごいこと言っていた。




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:49:16.78
ID:WUZ4LGRL0

それから1週間くらいして、また狸から電話がかかってきた。
俺「今度は何だ」
狸「明日○○の駅の〜っていう喫茶店に午後2時に来て」
俺「は?」
狸「それであたしの彼氏のふりしてほしい」
俺「はあ?!」
狸「もう決まってることだから。じゃ」
俺「ちょちょちょちょ・・・おい」
狸「何?」
俺「ぜんっぜん意味がわからない」




71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:50:21.48
ID:WUZ4LGRL0

狸「例の先生に会うことになって。じっくり話がしたいってあたしが呼び出した。
それで>>1には彼氏のふりをしてほしいの」
俺「どうして俺が」
狸「だって先生の次に>>1があたしのことよくわかってくれてるもん。
こんなこと言えるの>>1だけだよ?本当感謝してる」
俺「そうじゃなくて」
狸「あたしに男ができたってわかったら、先生も放っておかないと思う」
俺「は?」
狸「絶対あたしはなくして惜しい女だって気づくし。嫉妬させたいの!」
俺「あのさ、わかってると思うけどそっちまで行くのどれだけ大変かわかってる?」
狸「来なかったら死ぬ。じゃあばいばい」
俺「ちょっ」
死ぬって言う言葉に弱い俺はしょうがなく行くことした。





73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:51:19.34
ID:WUZ4LGRL0

その狸のところは同じ県内は県内なんだけど、
始発の電車乗ってバス乗り換えてまた電車に乗って
やっと2時くらいにたどり着くところ。
一度も行ったことがないのに
人の命惜しさに行ってしまう俺ってお人好し☆てへぺろ




74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:52:20.89
ID:WUZ4LGRL0

気持ち悪いのはさておき、指定された喫茶店とやらに到着した。
若干遅刻しているので狸と例の先生はもう来ていた。
そこまでは想定内だった。でも信じられない光景を目にした。
例の先生って奴が、どう考えても見たことのある顔だった。






俺の姉貴の旦那だった。





78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:53:55.04
ID:WUZ4LGRL0

狸が「>>1〜」と呼んでいるのも気づかなかった。いや気づけなかった。
信じられないというかもう恐ろしさと気持ち悪さで頭が真っ白だった。
向こうもそうだったらしい。
最初こわばっていた表情が本当に固まっているかのようにさーっと青くなっていた。
「ちょっと俺トイレ」
とにかく逃げた。真面目に吐いた。




80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:55:19.50
ID:WUZ4LGRL0

どういうことだよ。姉貴の旦那何してるんだよ。
狸の言っていることが事実だとしたら、
あいつは姉貴を裏切って生徒に手を出したっていうことになる。
確かに、スキーに一緒に行ったのもそういうような理由だった。
本当は2人夫婦水入らずで行こうとしたが、姉貴が
「最近単身赴任先に入らせてくれない(旦那は赴任先の学校のところへ単身赴任している)」
「浮気しているかもしれない」などと言ってきたので、
それとなく探ってほしいから俺も連れて行かれたのだった。
俺は「どうせのろけだろう」と本気にしていなかったし、
実際スキーだって二人で楽しそうに滑っていた。
そのスキー場で俺は狸に出会ったんだし・・・。とにかくどうしたらいいんだよ・・・。
そのとき携帯が鳴った。旦那からのメールだった。
「他人の振りをしてほしい」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:56:10.84
ID:WUZ4LGRL0

とりあえず、俺は他人の振りをして、さらに狸の彼氏の振りをすることにした。
狸「遅かったじゃん、>>1」
満面の笑顔で狸が俺を迎え入れる。
その向かいにはますます強ばった顔の旦那がいる。
ちなみに姉貴の旦那は体はダルビッシュで顔はジャッキーチェン。(以下ダルジャ)




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:56:52.91
ID:WUZ4LGRL0

俺「道間違えちゃって」
狸「>>1ってば超かわいいんだけど〜」
必要以上に狸が近づいてくる。おそらくダルジャに見せつけているのだろう。
狸「今日だってさ、あたしは別にもうダルジャのこと忘れてるのにさ、
一人の男として許せないとか言っちゃってー。
だからさっきも言ったけど、ダルジャに言ってやりたいとか言っちゃっててー。
愛してくれてるんだー、ね?」
俺「ん、うん」
そういうことになっているらしい。





83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 13:59:47.28
ID:WUZ4LGRL0

狸「あたしは別に会いたくなかったよ。でも>>1がどうしてもって、ねえ?」
俺「未成年に」
ダルジャが俺の方を見た。
俺「未成年に手を出すのは、どう思ってるんですか」
ダルジャが小さく口を開いた。
ダ「本当にいけないことだと思っている。人としてしてはいけないことだと」
俺「でも手を出した」
ダ「そうだ。そうしてしまった」
俺「傷つく人がいるとか考えなかったんですか?」
狸「そうだよ。あたしはすごい傷ついた」
おまえじゃねーよ




86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:03:53.68
ID:WUZ4LGRL0

ダ「考えた。いや・・・考えはした。本当に反省している」
俺「でも法の裁き、とか、受けるつもりはないんですよね」
ダ「できれば穏便に済ませたい」
俺「教師としての職が惜しいからですか。名誉が傷つく・・・みたいな」
ダ「そんなんじゃない。妻を傷つけたくない」
狸「あたしだったら傷ついてもよかったっていうの?」
だからおまえじゃ(ry




87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:06:43.68
ID:WUZ4LGRL0

ダ「そんなこと言ってない。狸もものすごく傷つけてしまった。
申し訳ない。本当にすまなかった」
俺「あね・・・奥さんにばれたくないってことですよね」
ダ「それだけは・・・本当に勘弁してほしい。本当に申し訳なかった」
俺「俺は、許せないです」





90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:10:12.18
ID:WUZ4LGRL0

俺「未成年に手を出すことももちろんだけど、
もっと、守るべき者があるのに、あるくせに・・・。結局自分が大事なんじゃないですか」
ダ「・・・」
俺「俺は許せないです。でも傷つけたくない。だから言いません」
ダ「本当にすまなかった」
狸「ほらね、>>1はね、あたしのことすっごく大事にしてくれてるでしょ。
ダルジャなんかよりずーっと。愛してくれてるんだよね。
ダルジャなんかより懐も深いしね。
かっこいいしね、考えだってしっかりしてる。今日も超かっこよかったよ」





93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:12:28.18
ID:WUZ4LGRL0

そのあとも狸がのろけのようなことをダルジャに聞かせ続け、
結局何もせず終わった。家に着いてからも事の大きさに震えていた。
落ち着いてくるとだんだん怒りがヒートアップしてきた。
姉貴に言ってやりたいという衝動にかられた。でも我慢した。
姉貴は絶対傷つく。普段は俺よりも年上だからって意地はったり偉そうにしてくるけど、
結構打たれ弱いのは俺は知っていた。
ましてやこんなことがあって、傷つかない人間がいるはずもない。
もう関わりたくなかった。墓場まで持って行こうと思った。
狸には「このことに俺はこれ以上関わりたくないから自分でなんとかしろ」と伝えた。
平和に物事が過ぎ去ってほしいと思ったとき、電話が鳴った。









ダルジャからだ。





95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:13:09.11
ID:WUZ4LGRL0

俺「はい」
ダ「あ、>>1くん、今日はすまなかった」
俺「・・・」
ダ「>>1が狸の彼氏だとは知らなかったよ」
俺「俺もダルジャさんにそんな趣味があるなんて知りませんでしたよ」
ダ「・・・」




96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:13:37.23
ID:WUZ4LGRL0

えらい沈黙。のあと
ダ「今日のことだけどね、わかってると思うけど」
俺「言いませんよ。言われなくてもわかってますよ」
ダ「うん、本当に申し訳ない。すまない」
俺「でも、姉貴のためですからね」
俺の声が震えてきた。




97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:16:25.46
ID:WUZ4LGRL0

俺「姉貴はダルジャさんのこと信じてると思います。
今もずっと・・・。だから・・・ダルジャさんも姉貴を裏切ったりとか、もう・・・絶対」
何故か俺は泣き出してしまった。泣きながら義兄に訴えかけた。俺かっこ悪い。
ダ「本当にすまなかった。本当に、本当にごめん。ごめん」
俺「詫びる気持ちがあるなら姉貴にいってやってくださいよぉ」
ダ「ごめん・・・ごめん」
ダルジャも泣き出した。





100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:18:26.88
ID:WUZ4LGRL0

今日はいろいろなことがありすぎて、
緊張の糸がお互いに切れたみたいに、男2人が泣きながら電話をした。
よく考えるとその図は相当気持ち悪い。
許すことはできなかったけど俺は電話を切った。
ダルジャも反省しているみたいだったし、
これを期に気持ちを改めて姉貴を大事にしてくれるようになるといいなと思った。
うん、思っていた。




102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:20:15.76
ID:WUZ4LGRL0

結果から言うとその3ヶ月後、姉貴は実家に戻ってきた。
母からつてで聞いたが、
16、7の女の子が家に上がり込んできて
「別れないと死ぬ!」とか喚きだして、家の中が修羅場と化したそうだ。
言われなくてもわかっているだろうが、その女の子っていうのは狸だ。




105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:21:55.34
ID:WUZ4LGRL0

俺はその後狸とは連絡を取らない(メアド変えた)ようにしたので
本人から聞いたわけではないが、9割方狸だろう。
母も姉貴から詳しく聞いたわけではないが狸だけではなかったらしい。
何人もそういうことがあって、姉貴も心当たりがあったらしく別れることにしたらしい。
ダルジャは懲戒免職になったらしく、
その後はちっちゃな村でボランティアとかやってるって聞いたけど、
今はどうなっているのは詳しいことは知らない。
狸はもともとメールでしかやりとりはしてなかったし、
そのまま音信不通でどうなってるのかこちらも知らない。
言えるのは、姉貴は戻ってきた当初は憔悴しきってるみたいだったが、
今ではすっかり元気になって年上は懲りたから今度は年下にしようかな
とか言って俺の同級生をあさろうとしているようだ。
姉貴は打たれ弱いけど立ち直るのも早い人間だった。
今は平和に過ごしている。

メンヘラ女編完




107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:24:42.02
ID:WUZ4LGRL0

実際姉貴とダルジャも生徒と教育実習生でそのまま付き合ったからな。
根っからのロリ●コン教師だったんだろうな。




108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:24:51.86
ID:xn5mgEU50

もっとエロイ話ないの?




109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:26:13.74
ID:w/JAz7950

狸の家庭環境が心配




110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:27:06.15
ID:WUZ4LGRL0

>>108
エロいかどうかはわからないけどあおい編なら続きがある。
でも書きためここまでだから長くなるけどいい?
>>109
家族旅行とか行ってるんだからわりかしよさそうだけどな。




112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:30:05.69
ID:WUZ4LGRL0

それじゃ続あおい編

高2になってからクラスがかわってしまったし、
あのことがあってからメールもしなくなった。
お互い気まずかったし、
そういう関係になるっていうのはなんだか違うなって気もしてた。
だからお互いがお互いに遠慮していたんだと思う。




115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:31:59.94
ID:WUZ4LGRL0

だからなるべくあおいのことは忘れよう忘れようと思ったんだけど、
やっぱり気になってしまうんだよね。
行き帰りの電車で一緒になることはしょっちゅうだし、
クラスは違うっていってもほぼ毎日顔は合わせる。
今まで何気ない日常だったのに、
どうも気になってしまう。
あおいを目で追ってしまうようになった。




116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:34:03.62
ID:WUZ4LGRL0

あおいはすっごいロングヘアで結んだりとかもしなくって、
それで顔が隠れちゃうんだけど
笑うと結構顔が見える。
そうするとかわいいことがわかるんだよね。
あと眼鏡もかけてて、よく見ると鼻筋とかも通ってるし、
伏し目がちに本とか読んでるところとかもみるとまつげも長い。
笑顔がかわいいなって思ってたけど、
普段の顔だってかなりかわいいんじゃないかとか思い始めていた。
あんな風になったあとなのに俺ばかじゃねーのってなった。




118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:37:37.38
ID:WUZ4LGRL0

行きの電車は必ず一緒で、
通学してるとだいたい座る位置とか立つ位置とか
決まってくるんだよね。指定席、みたいに。
俺やあおいにもその指定席があった。
だけど夏休み明け、
その指定席にあおいがいなかった。




119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:39:51.16
ID:WUZ4LGRL0

正確に言うと別の同じ学校の生徒が座っていた。
別の車両にいるかもしれないと思って
駅に降りるときゆっくり歩いてみたりとかしたんだけど、
見あたらなかった。
あおいはいなかった。




120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:41:34.21
ID:WUZ4LGRL0

学校へ行っても別に誰かがあおいのことを言う訳じゃない。
何かがあったなら噂なんかになってるかと思ったが
そういうわけでもないらしい。
だからって誰かに聞くのはわざとらしくて嫌だなとか思った。
でも別に気にしてるとかそういうわけじゃないんだけどさ、
とか自分に言い訳しながら結局誰にも聞けなかった。




121: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:44:32.75
ID:WUZ4LGRL0

俺の学校っていうのが、
夏休み明けすぐに球技大会なんだけど、
学校祭の次に盛り上がるのがその球技大会なんだ。
球技大会の開会式とか閉会式とか大々的にイベントみたいにやる。
そのとき、クラスの抱負なんかをHR長が言うんだけど、
あおいのクラスのHR長の男がなんかにやにやしながらステージ上っていた。




122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:47:59.27
ID:WUZ4LGRL0

司会「クラスの意気込みを聞かせてください」
男「HR長として、クラスを引っ張っていける存在になりたいです。
それと・・・えっと同じクラスの宮崎あおいさん」
会場がざわっとした。俺の背中もざわっとした。
男「もし、この大会で優勝できたら俺と付き合ってください!!」
会場がいっそう盛り上がった。あおいって誰だよー。みたいになって、
おそらくクラスの女子と思われる集団がキャーキャー言って沸いていた。
その中央にいたのが
あおいだった。




123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:50:19.57
ID:WUZ4LGRL0

いや、あおいっていうのに気づくのには時間がかかったし、最初は気づかなかった。
あおいは髪の毛をボブまで切っていて、眼鏡からコンタクトになっていた。
前よりも顔がはっきり見えて、すごくかわいくなっていた。
というかかわいさが増して見えるようになった。
ものすごく驚いた表情をしたあおいは、俺が知ってるあおいの顔だった。
そういえば、今日の電車のあおいの指定席に乗っていた人も
ボブの髪型だった。
勝手にいなくなったとおもっていたあおいは、ただ姿を変えていただけだった。




125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:52:26.96
ID:WUZ4LGRL0

わーとかきゃーとか会場がかなり盛り上がる中、
あおいは俺が見えないような人波に潜り込んでしまった。
こういうのを呆然って言うんだろうな。
俺は立ち尽くしてた。実際座ってたから座り尽くしてたとでも言うんだろうか。




127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:55:15.08
ID:WUZ4LGRL0

結局その日もう一度あおいを見ることはなかった。
かわいくなっていたあおいに正直ドキドキした。
そしてあの「付き合ってください」のHR長を思い出していた。
他人に堂々と告白されていたあおいの戸惑った顔。
なんだかもやもやした。




128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:56:40.65
ID:WUZ4LGRL0

休みが明けて(金曜日だったので)からの電車、
いつもの指定席にやっぱりあおいがいる。
1年ぶりくらいに、あおいに声をかけることにした。




129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 14:58:04.69
ID:WUZ4LGRL0

俺「おはよ」
あ「んっ、わっおはよう」
俺「雰囲気、変わったね」
あ「あ、髪の毛ね」
俺「眼鏡も」
あ「うん、コンタクトにした」
俺「目乾かない?」
あ「このまま寝ちゃうとやばいよ」
俺「目薬ちゃんとしないとな」
なにいってんだ俺。




130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:00:09.86
ID:WUZ4LGRL0

あ「珍しいね、というか久しぶりですねw」
俺「久しぶりーだねー。だわー」
あ「んふふ」
俺「・・・」
あ「・・・」
俺「あのさ・・・」
電「まもなくぅー△△駅ぃー降り口はぁー」
でんしゃああああああああああああああああああああああああ




131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:01:52.70
ID:WUZ4LGRL0

車内アナウンスに遮られて、そのまま電車内でも会話ができなくなってしまった。
何やってるんだろう俺、
あおいから告白された後冷静で、
今冷静になれないって
何やってるんだろう俺。




132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:04:25.44
ID:WUZ4LGRL0

正直言うとあのHR長とどうなったのかがものすごく気になっていた。
そのことを聞きたかったのだがどうもいかずしっちゃかめっちゃかしていた(頭の中)。
なんであのとき聞かなかったんだろう
と夜な夜な想いとともに営みに励んでいると電話が鳴った。











狸からだった。
なわけがない。
あおいからだった。




133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:04:47.75
ID:WUZ4LGRL0

しつこいようだが、見てる人いるか?




134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:05:12.13
ID:FGEl8uwZ0

みてるみてる




135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:05:29.65
ID:pMqtKQT0i

いるぞぉー




136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:05:30.35
ID:Wwg68b7j0

はよはよ




143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:08:16.13
ID:WUZ4LGRL0

よし、頑張るぞ。見てくれてありがとう。

俺「もっもしもし?」
あ「もしもし、あ、今大丈夫?忙しい?」
俺「いや、大丈夫だよ(パンツ履かなきゃ・・・)」
あ「んふふ、よかった」
俺「うん、(モゾモゾ)」




146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:10:28.22
ID:WUZ4LGRL0

あ「この前、本当にひさしぶりだったね」
俺「あーそうだね(よし、片手で履けたぞ)」
あ「話しかけてきてくれたからびっくりしたよ」
俺「俺の方がびっくりしたわ」
あ「どうして?」
俺「雰囲気ちがくて」
あ「そんなにかな」
俺「そんなにだよ」
あ「そんなにですか」




147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:11:02.57
ID:WUZ4LGRL0

ごめん腹痛い、ちょっとトイレ行ってくる。すぐ戻る。




150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:17:05.48
ID:WUZ4LGRL0

ふぅ・・・いろいろとスッキリ。

俺「そんなびっくりするかね」
あ「びっくりするよ」
俺「なんでやねん」
あ「だって嫌われたと思ったから」
俺「俺が?それこそなんでやねん」
あ「んー・・・だって、あのことの後からなんにも、ねえ。
喋らないし、メールもしないし」
俺「あー・・・まあね」
あ「だからびっくりしたし、嬉しかった、んふふ」




151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:19:04.30
ID:WUZ4LGRL0

とにかく俺はそんなことよりもあいつとはどうなったのかが知りたい。
俺「あのさ、全然関係ないんだけどさ」
あ「はいはい?」
俺「あの、あの人とはどうなったの?」
あ「あの人?」
俺「球技大会のーほらね、ね?」
あ「あー、HR長くんですね・・・」




152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:20:53.49
ID:WUZ4LGRL0

俺「ほら、女子ってああいうの憧れるんじゃないの?
みんなの前で告白してもらうっていうか、そういうの」
あ「そうかなあ?恥ずかしかったよ」
俺「でもうまくいけばなーとか・・・ね?はは」
あ「断った」
俺「え?」
あ「断っちゃったんだ」
俺「あ、あー、そうなんだ。振っちゃったわけかー、あー、あは」
若干テンションあがる俺。




153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:22:52.78
ID:WUZ4LGRL0

俺「あおいも意外と大胆なことするなー」
あ「大胆?」
俺「いや、まー、あんなにかっこいいしさ」
あ「うん、・・・この話は終わりにしませんか」
俺「終わりにしちゃいますか」
あ「しちゃいます」
俺「ならばしましょう」
あ「ありがとうございます」
俺「いえいえ」

なんだ俺。漫才か。




154: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:24:38.97
ID:WUZ4LGRL0

あ「今日電話したのはね」
俺「あ、そうだったな」
あ「そういうんじゃないんですよ」
俺「おー」
あ「おーじゃないよ」
俺「ほー」
あ「ほーでもないです」

あおいが例の奴と付き合ってないってことがわかってかなりの脱力状態になってて、
ろくに返事をしてなかったので本当にこういうやりとりがかなり続いた。




156: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:26:00.12
ID:WUZ4LGRL0

あ「また困ります」
俺「え?」
あ「また>>1が困っちゃいます」
俺「え・・・」
あ「わたし、やっぱり>>1が好き」




159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:28:23.31
ID:WUZ4LGRL0

俺「・・・」

あ「前告白したときは、しただけで、もうわけわかんなくなっちゃって、
結局わたしがいなくなっちゃうし、ちゃんと伝えられなくて。
でも・・・ずっと好きで、ずーっと好きで。
ちゃんと言おうと思って。好きだって」

俺「・・・」

あ「わたし、>>1のことが好きです」

俺「・・・あのさ」

あ「・・・はい」

俺「直接がいい」




162: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:30:18.74
ID:WUZ4LGRL0

あ「え?」
俺「直接がいい。あそこのマックで待ってる」

俺は思いっきり走った。これだけ心拍数が上がるものなのかってくらいバクバク心臓鳴ってた。
でも走って、もっと心拍数が上がるのがわかった。
待ってるとか言っちゃったけど、
俺の方が断然マックから遠いから結局あおいを待たせていた。俺ダセエ・・・。




164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:32:58.92
ID:WUZ4LGRL0

やっぱりあの隅っこの窓の席だった。
戸惑った表情で、前とは違ってなんにも頼んでなかった。
あ「あ・・・>>1」

心臓のバクバクを押さえるようにはっきりと言った。

俺「俺も直接がいい。
直接あおいの顔見て言いたい。












俺もあおいが好き」




169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:35:54.20
ID:WUZ4LGRL0

言った瞬間自分の顔が本当に燃えるようにガーっと赤くなるのがわかった。
うわあああああああうわああああああああ
って頭の中で絶叫していた。
恥ずかしすぎて本当に死ねるんじゃないかなっていうくらいだった。
あおいはすっごく驚いて顔の前にある手で口をずーっと押さえたままだった。




167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:35:07.20
ID:xi+IMlbf0

>>164
俺「も」?
直接がいいって言ったのお前じゃないの?




171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:39:12.88
ID:WUZ4LGRL0

>>167
最初からしっかり読んでくれればわかると思う。

何か言おうか、俺が言った方がいいのか、
付き合おうとか女子から言わせるとかだめだろとか、
色々考えて意を決した。
俺「あお・・・」
店員「ご注文は何かございますか?」
てんいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん





175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:40:47.70
ID:WUZ4LGRL0

ここ以外のマック行って気づいたんだけど、
このマックって注文しないとすぐ追い出そうとするんだよね。
だからわざわざ注文してない客探して聞いてくるっていうね。

俺「あ・・・じゃあウーロン茶2つ」
店員「ウーロン茶がお2つ。以上でよろしいですか?」
俺「はい」
店員「少々お待ちくださーい」
あ「・・・」
俺「・・・」




177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:43:23.42
ID:WUZ4LGRL0

俺「あの・・・ありがとうね」
あ「・・・へっ?」
俺「告白してくれて」
あ「いや・・・わたしもありがとう・・・ありがとう」
俺「ん?」
あ「>>1が、わたしのこと、好き?」
俺「俺も、ね。俺もあおいのこと好き」

その瞬間かな。やっと状況を理解したみたいに、
ちょっとうなづきながらあおいが笑顔になっていった。
普段の表情もかわいいと思ってたけど、
久々に見たあおいの笑顔がやっぱり一番かわいかった。




179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:46:16.01
ID:WUZ4LGRL0

あ「あは、そっかー、んふふふふ」
あおいはずーっと笑ってる。ずーっとおかしいみたいに。
俺「俺も直接聞きたいな」
あ「え?」
俺「俺も、直接あおいの顔見て聞きたい」
あ「あっ・・・えー」
恥ずかしがってたけど、俺の方を見て照れ笑いしながら、
あ「わたしも、>>1のこと」
店員「お待たせしましたああー。ウーロン茶2つです」





183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:48:54.43
ID:WUZ4LGRL0

あおいは自分が言おうとしたことを店員に聞かれたと思って何度も店員をちらちら見てた。
あ「聞こえてたかなーあー、恥ずかしい」
俺「いやいや、客の会話なんかに興味ないって」
あ「やっぱり言わなーい、恥ずかしいー」
俺「えっ」
あ「って言ったら怒る?」
俺「いやー、いやあー」
あ「んふふふふ」
店員に聞こえてたんだろうなー。
思い出すと恥ずかしいけどあのマックはよいことしかないわ、本当。




184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:51:05.48
ID:WUZ4LGRL0

あ「わたしも、>>1のこと好き。・・・大好き」
俺「俺も好き」
あ「わたしも・・・」

ということを延々続けていた。俺たちアホス。あの日のウーロン茶はうまかったなー。
それでよろしくお願いしますして、付き合って現在に至る。
今日がちょうど1年と3ヶ月になります。




185: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:51:32.32
ID:WUZ4LGRL0

あ、忘れてた。
続あおい編 完
というか続く、かね。ここまで読んでくれてありがとう。




180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:46:47.49
ID:rTncw/yI0

>>1のスペックkwsk




189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:54:20.08
ID:WUZ4LGRL0

>>180
俺のスペックはたいしたもんはないけど。
現在は 高3 推薦で大学は決まってます。もちろんあおいと同じ大学です。
顔はフツメンだと思われる。
よくあしたのジョーの敵の役の人に似ているって言われる。けど知らない。
身長は178cm
ちょこっとだけ少林寺かじってたので体は若干鍛えられてます。
こんなもんしか掘っても出てこないわ。




192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:56:13.12
ID:8SAJlwBz0

続編wktk




193: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 15:57:50.19
ID:WUZ4LGRL0

>>192
続編はもうないわwww
今後何かあると、いや何もないといいな。
姉貴は「ダルジャみたいにはならないでね」って言われてる。
エロ展開も全然ないし、ちょっとだけおぱーい触らしてもらったことならあるけど、
本当にそれだけ。




196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:00:21.17
ID:bJ+C5cTe0

高校からつきあって、大学卒業して就職して2,3年して結婚できたらマジで人生の勝ち組





197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:01:23.17
ID:WUZ4LGRL0

>>196
ちゃんとした職について、安定した生活が送れるようになったら
結婚したいなとは思ってる。
思ってるだけであおいには言ったことないけど。




198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:01:43.50
ID:WUZ4LGRL0

何か質問あれば答える。




200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:03:53.98
ID:8SAJlwBz0

>>198
あおいは何カップですか





201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:03:59.64
ID:xi+IMlbf0

あおいとの初セクロス編まだー?




203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:04:49.57
ID:WUZ4LGRL0

>>200
Dカップ。大きいです。うへへ。
>>201
まだセクロスしたことないんだ。さっきもいったけどおぱーいちょっと触っただけ。




202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:04:10.41
ID:6WJaWATR0

>>197
思うだけじゃなくてちゃんと言っとく方がいいと思うぞ
何があるか分からない世の中なんだしな・・・
いつでも言えるなんて間違いだからな・・・




204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:05:28.97
ID:8SAJlwBz0

>>203
Dとか俺の理想だわ
僕でよければあおいさんをください><




205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:06:19.71
ID:WUZ4LGRL0

>>202
ありがとう。
大学進学と同時に実は同棲しようって考えてるから、
そういうことをちゃんと考えてるって伝えておくわ。
>>204
誰があおいをくれてやるか。おぱーいごとおまえにはやらん。




206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:09:02.33
ID:Wwg68b7j0

俺のAカップのちっぱい彼女と交換しろください




207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:09:31.21
ID:WUZ4LGRL0

>>206
彼女大切にしてやれよ。俺はDカップしか知らないからよくわからんが。




208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:18:25.72
ID:WUZ4LGRL0

さて、質問も尽きたみたいだし、そろそろお開きにするか。




214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:28:57.74
ID:WUZ4LGRL0

さーて俺は言わないぞ。
このあおいがいないってことも。
おれが童貞だっていうことも。
彼女なんかいるはずもないってことも。
これが全部釣りだって事も。
めでたしめでたしなんていう青春が存在するはずがないってことも。
リア充なんて爆発しろって思ってるってことも。
もう誰も見てないだろうけど俺は絶対言わないんだからな。
それじゃ俺はもうこのスレには来ないからな。




218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:31:26.75
ID:FGEl8uwZ0

>>214
まだ学生なら間に合うよ若さが憎い




216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/01/07(土) 16:30:20.06
ID:hMHjMxN/0

>>214
おう


※超おすすめスレから読む
■バイトの超可愛い後輩が強者だった
■男「…願いを叶えてくれるのか?」猫「にゃー」
■あるところに、普通の童貞がいました。
■彼女にプロポーズしたらいつの間にか別人にすり替わっていた

※おすすめから読む
■女医者「恋の病ですね」 男「えっ」
■ブラックなのか判らないけれど社員が逃げた
■元キモヲタが三十路にして超ヤリチンリア充になったわけだが
■同じ大学の女の子がおっぱいくっつけてくるんですが脈ありですか??

※おすすめスレから読む
■俺のばあちゃんより幸せな死に方したやついんの?
■社畜だけど金曜冬のボーナス支給日だから今週は余裕だよなwwwwwwwwww
■傘盗んだ高校生を現行犯で捕まえたら、俺が警察に怒られた
■女VIPPER!頼む!おっぱいの影を壁に映して写メってうpしてくれ!!
■知らん女の乳不可抗力で触っちゃったけど仲良くなった

※おすすめスレから読む
■男「今日も疲れたな」ガチャ ドア「おかえり」 男「」
■女妖怪「わ、私を呼び出した代償が“童貞”だと・・・!?」
■アメリカ人の女の子と約20年ぶりに再会し1つになった
■子猫「みー…」
■22歳女だけど昨日、気が付いたら社長になってた
■いじめから助けてくれた子のことを話したい


【送料無料】電波女と青春男



話題のスレッド
バイト超可愛い後輩男「就活対策」 DQN寝取られアドンバイトクビで8万GET初めてのオフ会感動回文元キモヲタが超リア充に影絵おっぱい
コンビニ、俺がな?2日で会社辞めたDQNクビですあない姉に100万捨て身ゆとり会社の詠み会普通の童貞99.9999%おっぱい大学

いつもお世話になっているアンテナサイト様
ショボンあんてな2chnaviLogPo!2ch2chまとめヘッドラインブーンあんてなあんてなかんてなアテナあんてなちくアンテナオワタ避難所ぐるぐるログ
posted by 昨日みた明後日の夢 at 20:04 | Comment(4) |日記|道草|人気記事はこちら|はてブ
この記事へのコメント
  1. まぁ世の中こんなに都合良く事は進まんわな
    Posted by at 2012年01月10日 20:45
  2. 後払いのマックなんてあんの?
    Posted by at 2012年01月10日 22:30
  3. めでたしめでたし
    Posted by at 2012年01月10日 22:44
  4. 結局つりなの?
    Posted by at 2012年01月11日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

- ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ぼくのフライドチキンはおいしいよ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。