ショボンあんてな(´・ω・`)2chNodeLogPo!2ch2chまとめヘッドラインあんてな@かんてな NetaGearちくアンテナアテナあんてな
オワタ避難所しぃアンテナ(*゚ー゚) ぐるぐるログ 計画停電<関東>全国の放射能 <水> <雨>九州産 野菜みどり牛乳放射線測定器節電
相互RSS&お気に入りサイトさま
お気に入りサイトさま




期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

2011年12月11日

あるところに、普通の童貞がいました。『 酒乱 』

あるところに、普通の童貞がいました。『 酒乱 』

342: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/09(金) 23:45:25.79
ID:JeB62yBW0

たっくん、お願いがあるんだけどさ
次で最後って言うけど、
出来ればクリスマスどうしたかも教えてもらえないかな
どうせクリスマスに他人の話を聞いて悶え苦しむなら、
せめてたっくんにもげろって言いながら悶え苦しみたくてさ
よろしくお願いします><




347: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 18:28:47.46
ID:+ihidhmeo

>>342
悪いけど期待しないでくれww
普通にケーキでも食っていつも通り過ごすだけだよww
24はバイトもあるしな!

※最初から読む
■あるところに、普通の童貞がいました。


セクシーコスプレ衣装
※マツコの知らない世界で紹介されたイヤホンMUIX IX1000 (レッド) 1台で2つの音色を楽しめる2WAYイヤフォン
※マツコの知らない世界で紹介されたメーカーカモイ加工紙 mtマステ
※マツコ会議の名古屋の女子高生の流行で「GoPro」が動画も載せられインスタ写りも良いと話題!

348: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 18:59:49.43
ID:+ihidhmeo


「ついに完成したぞ」

「あ、私達もちゃんとしたのはスレで見ることにしたから、メモだけ見せて」

「はい」

「これだけ?薄くない?」

「そう?おまけだし十分長いでしょ」

「〇〇とか書いていいんだよ」

「え、いいの?あんま触れちゃいけない奴じゃないの?」

「いいよ」

「めんどくせー」

「最後なんだから頑張れ」

「もう何書いても文句言うなよ」

「御託はいい。早く書け」

「はーい」



的なことがあって加筆するからもうちょい掛かる
今日の11時までに書けなかったら明日になる
もしかしたら今日明日に分けるかも





356: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 23:06:38.58
ID:+ihidhmeo

今日半分くらいはいけるけど、明日まとめて全部書いたほうがいいかな?





357: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/10(土) 23:10:20.44
ID:y2zyFP1co

楽なほうでいいよー!




358: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/10(土) 23:12:37.00
ID:FNEMXmTao

半分よろしく〜




360: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/10(土) 23:30:34.22
ID:03wXyYvLo

覗いてみたらたっくん来てるじゃないか

全く流れに関係ないが、たっくんのサークルの4年生は何人中何人が就職決まったかな?
4年なんだがまだ決まらないから、そこそこの大学だとどうなのかと気になってしまったww

あと続きはたっくんのペースでいいと思うよ。




361: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 23:45:02.71
ID:+ihidhmeo

月食見とった!

じゃあ半分今から始めるわん

>>360
1人中1人が決まったよ!
いつもお世話になってて、俺より背の高くて優しい男先輩だ




364: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/10(土) 23:49:54.51
ID:03wXyYvLo

>>361
同じく月見てたww

そうか私も頑張ろうと思うよ
ただ背が高い人多くない?たっくん含めww
みんな高いの?ww




367: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 23:58:18.53
ID:+ihidhmeo

>>364
がんばれ先輩!

ダルは横にも縦にも結構大きめ
他は普通かなと
部長とチワワちゃんはちっこいし








362: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 23:46:11.14
ID:+ihidhmeo


よしいくぞ




363: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 23:47:44.57
ID:+ihidhmeo



江利花の部屋を出た彼は、ゆっくりと家に帰り、ゆっくりと風呂に入り、
ゆっくりと準備をし、ゆっくりと大量の酒とツマミを買いに行き、ゆっくりと江利花の家に向かいました。

念のため、翌日の授業の準備をカバンに入れて持っていくことにしました。

備えあれば憂いなしです。


途中、江利花から『早くしろ』『寝てないだろうな』などのメールがありました。

彼は適当に返信します。





366: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 23:52:25.48
ID:+ihidhmeo


そして江利花の部屋を出てから2時間前後。

彼は再び江利花の部屋にやって来ました。


彼「おじゃまします」

4人「おかえりー」

彼「ただいま」

江利花「おっそいー」

彼「ごめんね、ゆっくりするって言ったじゃないの」

江利花「いいから早く」


江利花に手を引かれた彼は、出る前と同じ体勢をとらされました。

後ろのメガネも、最早セットかの様に背中にひっついてきます。


彼「どうしたの」

江利花「別にー」

メガネ「江利花ちゃん超寂しかったって」

彼「まじかよ」

上戸「でもこれ読んで笑ってたよ」

彼「どっちだ」






368: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/10(土) 23:58:47.36
ID:+ihidhmeo



彼「あとどんくらい?」

上戸「江利花が看病きたとこ

メガネ「江利花が天使過ぎてヤバいって言ってたとこ」

彼「その説は皆さん、本当にお世話になりました」

4人「いえいえ」

江利花「じゃあお礼はちゅーで」

彼「あとでね」

3人「フーwwww」

彼「やめろって」






369: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:03:25.03
ID:Q/vNjq0ho



メガネ「ていうかさ、彩の名前呼び始めた話あったのに私のなかったんですけど」

彼「ああ、そうだっけ?」

メガネ「なんかあったよね?」

彼「うーん」

メガネ「彩のすごい可愛い感じなのになんで私のそういうの無いの?」

彼「いやーメガネってさー…『メガネ』だし」

メガネ「またそれかよ!」

3人「wwwwww」

彼「『メガネ』名字も舌の名前もないし。結構サラっと呼び始めちゃったしさ」

メガネ「もーなんでメガネなんだよー」


メガネはその呼び名が心底嫌なようでした。

しかしもう手遅れです。

今更変える訳がありません。





371: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:06:59.58
ID:Q/vNjq0ho



チワワ「もう次で最後だ」

彼「おお」

上戸「これすっごいおもしろいww」

メガネ「ねww」

彼「そうか」

江利花「たっくんの私たちに対する愛が伝わってきましたよーww」

メガネ「確かにww」

彼「何いってんの」

上戸「いや正直さ、匠君私達のこと大好きでしょww」

彼「どうでしょうね」

チワワ「否定しないww」

彼「早く読んで、早く酒呑んで、早く寝ようよ」

メガネ「てれんなってwwww」

江利花「たっくんかわいーwwww」

上戸「おいおいーww」


4人が彼を指でつっつきます。


彼「やめろ気持ち悪い」





372: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:07:43.60
ID:Q/vNjq0ho



江利花「ていうか今日は寝ないから」

彼「いや俺は寝るよ?明日学校だもん。眠いもん」

メガネ「絶対寝かさないけどね」

上戸「寝たら脱がす」

チワワ「お酒ぶっかける」

彼「まじかよ…」

江利花「まじまじ、早く最後の読も」





373: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:09:16.04
ID:Q/vNjq0ho



5人は最後の記事を読み始めます。


江利花と上戸が彼の見舞いに来た日のことです。


上戸「ああこれねー。わざわざ私までお見舞い行ってあげたんだよねー」

彼「いや本当にありがとうございます。助かりました」

江利花「あとでちゅーな」

上戸「そうだぞ」

彼「はいはいあとでねww」

上戸「私には?」

彼「彩にもかよww言ってろww」

上戸「wwww」






375: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:12:25.64
ID:Q/vNjq0ho



上戸「ていうか、なんか私たちのお見舞いのことが薄い」

彼「そう?」

江利花「確かに」

彼「いや俺この日ほぼ寝てたし、2人ずっとモンハンしてたし、ね。」

江利花「わざわざお見舞い行ったの余計だったかなー」

上戸「なー」

彼「いやいや全然そんなことないから。超嬉しかったって」

彼「スープ超美味かったって」


めんどくさい2人でした。





376: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:16:27.62
ID:Q/vNjq0ho




チワワ「出た妹ちゃんww」

上戸「シスコンwwww」

江利花「いつもこんな感じなの?」

彼「そうだよ。全然可愛くないでしょ」

メガネ「超可愛いじゃん」

江利花「なに言ってんだよ」

メガネ「私も兄貴いるけど、あいつ風邪引いたとしても絶対看病なんか行かないわ」

3人「うんうん」

彼「いやあいつも遊びに来ただけだよ」

江利花「恥ずかしがってんじゃねーよーww」

彼「いやいやほんとだって」

彼「仲の良い方ではあると思うけど」

上戸「やっぱそうじゃんww」

メガネ「そもそも遊びに行ったりもしないわ」

彼「それは仲が悪すぎない?お兄ちゃん嫌いなの?」

メガネ「別に」


色々な家庭の形があるのでしょう。





377: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:19:11.53
ID:Q/vNjq0ho


江利花「何これ鍼灸?」

彼「そうそう、すげえんだよ鍼灸。体に鍼刺すだけで風邪とか治すんだってよ」

4人「へー」

彼「え?何その反応。すごくない?」

江利花「ああ、うん」

上戸「すごい」

メガネ「すごいね。鍼灸」

チワワ「これで終わり?」


4人には、興味がなさそうでした。





378: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:19:46.36
ID:Q/vNjq0ho



やっと全てを読み終わりました。

メガネ「この後のは?」

上戸「私達行った日」

チワワ「妹ちゃんと初めて会った時」

江利花「確かに」

彼「書いてないです」

メガネ「なんでよ」

彼「あんま書く気と時間がなくてね」

上戸「書いてよ」

彼「え?」

彼「書いてよかったの?いやもう結構書いちゃってるけど」


ここで彼は、聞かなくてはならないことをはっきりと聞きます。





379: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:22:43.26
ID:Q/vNjq0ho


彼「今更だけどこれ、皆とのこと色々晒したりしてさ」

彼「正直言ってあの日のことは書いたって良いと思ってたんだけどさ」

彼「でも結構余計なことまで詳しく書きすぎたって自分でも思うわけよ。それでも続けちゃったんだけどさ」

彼「その辺り…どう?」

江利花「どう…って、ねえ?」

上戸「私は別に」

メガネ「うん」

チワワ「たいしてね」

彼「…え?まじで?」

江利花「私さっきも言ったし」

メガネ「こんなんで特定できる訳ないし」

上戸「ばれてもね」

江利花「私たちの可愛さが伝わっちゃうだけだしねww」

メガネ「あとたっくんの私たちへの愛もww」


彼は言いたいこともありましたが、言わないことにしました。





383: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:25:40.67
ID:Q/vNjq0ho



彼「まじでいいの?」

江利花「本名も出してないし。学校もサークルも言ってないしね」

チワワ「怒ってたらこんな風に見てないよww」

彼「でもこれ見る人が見たらばれるよ?」

上戸「サークルとか学部の人とかやばいねww」

江利花「サークルにばれんのやだわwwww」

メガネ「確かにそれは恥ずいwwww」

チワワ「ていうか匠君が1番恥ずいww」

彼「そうなんだよ。今もだよ」





385: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:28:52.69
ID:Q/vNjq0ho


彼「え、まじでいいの?」

江利花「いいって」

上戸「うん」

チワワ「ちょっと恥ずかしいけどね」

メガネ「しつこいぞー」


メガネが後ろから揺さぶってきます。





386: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:32:06.70
ID:Q/vNjq0ho



彼「一応このまとめは頼めば消してくれるって。元のスレは無理だけど」

メガネ「いいでしょ別に」

江利花「ちょっと恥ずかしいけど、今のところはってことで」

チワワ「うん」

彼「まじか。……続きは?」

上戸「面白く書いてくれるならいいよww」

江利花「私の魅力の全てを文章で書き表してくれるならww」

彼「おお…」

メガネ「期待してるよww」

チワワ「私もww」

彼「おお…」


彼は続きを書く了承を得たのでした。





387: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:35:14.49
ID:Q/vNjq0ho



こうして、5人はスレのまとめを読み終わりました。


メガネ「よしっ、飲むか」

チワワ「おー」

俺「よし、君たちどきなさい」

江利花「えーww」

メガネ「えーww」

彼「いやいや飲むんでしょ?これから」


ふざけて離れようとしない2人に対し彼は強行手段に出ます。

前に座る江利花の脇の下に腕を通し、後にしがみつくメガネのうでを掴み、立ち上がりました。


彼「よいしょーっ」

江利花「おー」

メガネ「おわっ、わっww」


彼は2人を少し左右に揺すった後、それぞれ立たせました。





390: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:39:19.64
ID:Q/vNjq0ho



彼「重い」

江利花「ちょっと痛かった」

彼「ごめんね」

上戸「匠君力持ちだww」

チワワ「匠君匠君私もっww」

彼「え?」

メガネ「匠っもっかいもっかいっww」

江利花「じゃあ私もーww次後ろww」

上戸「えっじゃあ私もww」

彼「どうしたのww子供?ww」


4人が突然子供になった瞬間でした。

ほんの少し浮かせた程度だったため、今の何が楽しかったのか彼にはわかりませんでした。

それにしても、チワワが最初に言い出したことが、彼には驚きです。

しかし、あまりしつこくは要求してこなかったため、彼は保父さんにならなくて済みました。






392: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:43:49.34
ID:Q/vNjq0ho


そして、お酒の準備に取り掛かろうとしたところで江利花が言い出します。


江利花「あ、私先にお風呂入りたいな」

上戸「あ、私も」


江利花は1日歩き回ったそのままでした。

彼も先ほど風呂に入ってきたばかりです。

メガネと上戸はもう風呂を済ませた様でした。


メガネ「じゃあ入っといで。待ってるから」

江利花「はーい」

チワワ「はーい」

江利花「一緒に入る?」

チワワ「うん、入ろー」

彼「なるほど」

江利花「じゃあ待っててねー」

メガネ「はーい」


彼「着替えは?」

メガネ「全員の部屋に全員の着替えがあるの」

彼「へー」


4人は本当に仲良しです。





397: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/11(日) 00:47:59.59
ID:qlLNRAih0

>上戸「あ、私も」
これはミス?




401: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:51:27.68
ID:Q/vNjq0ho

>>397
あ、ミスだwwすまんww
そこはチワワちゃんのせりふだwwww




399: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:49:31.54
ID:Q/vNjq0ho


上戸「あ、私うちからお酒取ってくるね」

彼「結構買ってきたぞ」

上戸「まだまだ足りないかなと」

彼「まじかよ」

メガネ「あ、じゃあモンハン持ってきて。待ってる間やろ」

上戸「わかったー」

彼「俺は?」

メガネ「江利花の借りればいいよ」

彼「なるほど」

メガネ「さっきお湯張ってたから、多分結構長いよ。2人だし」

彼「まあモンハンがあればねww」

メガネ「ねww」


メガネが江利花のPSP在り処を聞きに行き、許可を取り、彼はPSPを手にしました。

江利花と同階に部屋がある上戸もすぐに戻り、3人でモンハンを始めました。





403: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 00:55:17.77
ID:Q/vNjq0ho



上戸「匠君、覗きに行く?ww」

彼「行かないからww」

メガネ「え、いいの?」

彼「当たり前でしょ」

メガネ「覗くなって言ってなかったし、大丈夫だって」

彼「何その理論ww」

上戸「行こう?ねww」

彼「なんでだよww無理無理ww江利花だけならギリギリ行けたけどチワワちゃんいるしww」

メガネ「大丈夫大丈夫ww」


なぜ2人は江利花とチワワの風呂を彼に覗かせようとするのでしょうか。


結局、絶対に動かないと決めた彼を、2人は動かすことができず、大人しくモンハンを続けました。





405: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:01:41.39
ID:Q/vNjq0ho



しばらくモンハンを続けていると、江利花とチワワが戻って来ました。

髪もしっかりドライヤーをかけてきたようです。。

2人とも髪が長いので乾かすのが大変でしょう。


江利花「ふー」

チワワ「私もモンハンしたかったー」

彼「それは今度ねww」


江利花が彼に近寄ります。


江利花「ふんっ、んんっ」

彼「どうした」

江利花「脚」


江利花は彼の脚を開くと、再びその間に座りました。

ここが私の定位置と言わんばかりです。

彼にも拒否する理由はありません。

風呂上がりの女性は何故良い匂いがするのでしょうか。

風呂上がりでなくても十分良い匂いでしたが。






407: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:05:49.68
ID:Q/vNjq0ho



そして、やっと呑み始めます。


5人「かんぱーい!」


江利花「匠今日潰れていいよ?ww」

彼「やだよwwていうか飲みにくいww」


目の前にひっつく江利花の頭が邪魔で仕様がありません。


江利花「じゃあ私が飲ましてあげる、貸して」

彼「いい、いい、溢れる溢れる」

江利花「文句ばっかかよー。わがままだなー」

彼「はいはい、ごめんね」


彼も苦笑いするしかありません。





412: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:11:01.53
ID:Q/vNjq0ho



メガネ「いやーでもびっくりしたーww」

彼「ん?」

メガネ「2ちゃん」

彼「あー」

チワワ「ねーww」

上戸「絶対初体験見せてくれると思ったのにww」

彼「お前はもう黙ってろ」


どうしても、その話になるのは仕方ないことでしょう。


上戸「匠君よくあんなに覚えてるよねww」

彼「でしょ」

彼「結構言葉とかは適当だけどね。誰がそれ言ったとか」

チワワ「だよねww私こんなこと言ったかなって思ったもん」

彼「さすがに全部は覚えてるわけじゃないからねww」






413: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:12:40.89
ID:Q/vNjq0ho


彼「江利花が邪魔でつまみ取れないんだけど」

江利花「どれ?とってあげる」

彼「ビーフジャーキーがいいな」

江利花「はい、あーん」

彼「おお、ありがと」


江利花が彼の口にビーフジャーキーを運びます。


それにしても江利花の体の預けっぷりが以上です。


江利花「匠ーおちるー」


彼に寄りかかり過ぎて、たまにソファからずり落ちそうになります。


彼「はいはい」


彼はその度に江利花を引き上げなくてはなりません。


江利花「んぅっふ」


その度に江利花は小さな声をあげます。





414: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:17:51.72
ID:Q/vNjq0ho



上戸「あれさ、書くことってどう選んでるの?」

彼「ん?」

上戸「私と出かけたりとかあるけどサークルのこととか全然ないじゃん」

チワワ「サークルの方が多いのにねww」

メガネ「それはー、たっくんがー、私達と遊べて嬉しかったからー、自慢したくなっちゃったんだよねーww」

彼「いやいや、ちがくて」

江利花「恥ずかしがんなよーww」


江利花が彼の頬をつっつきます。


彼「やめろうざい。サークルの話とか出すと特定されるかもだしさ」

彼「あんま人がいっぱい居てもわかりにくいでしょ」

上戸「なるほどー」

彼「だから1番最初に名前出した人との話だけにしようと」

メガネ「大好きな、私達との話を?」

彼「あーもーそれでいいです」

4人「wwww」






417: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:21:42.06
ID:Q/vNjq0ho



彼「それでもやっぱり書きすぎたけどね」

チワワ「すごい長かったよねww」

彼「江利花以外の話は書かなくてよかったなと」

上戸「いやいや江利花だけじゃ全然面白くないからねww」

メガネ「そうだよww江利花ただの情緒不安定な人でしょwwww」

江利花「おいww」

彼「確かにww」

江利花「こらあ」


後頭部が彼の胸を打ちます。

痛くはありません。






419: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:27:03.09
ID:Q/vNjq0ho


彼「ていうかさ、前も聞いたかもだけど、アレなんだったの?」

メガネ「何が?」

彼「皆さん次々と我が家を訪れたり連れ出したり」

彼「江利花以外と2人でってことなかったでしょ?」

上戸「いやー」

メガネ「別に」

チワワ「ねえ」

江利花「何勘ぐってんのww」

彼「いや、まあ、そうか」

メガネ「私ゲームしたかっただけだし」

チワワ「私もモンハン」

上戸「私はなんとなく皆が匠君と遊んでるから、じゃあ私もってww」

江利花「ほら」

彼「そうか」

チワワ「なんかさっき読んだのにもそんなこと書いてあったねww」

江利花「気にすんなってww特に意味ないからww」

彼「そうか」





421: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:30:52.70
ID:Q/vNjq0ho


その後、

チワワ「それにしても匠君私のこと舐めすぎ」

メガネ「『メガネ』はない。もっと他になかったの?」

上戸「私別に変態じゃないから」

など、「その話さっきしたから」と言いたくなる話が続き、酒とツマミが進みました。


そして、全員の酔いも回り、話題も学部の話やサークルの話などに広がります。

彼は4人の愚痴なども聞かされました。

色々と溜まっているようですが、どうしても目立ってしまう4人なので仕方ないのかもしれません。





422: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:34:03.63
ID:Q/vNjq0ho


更に酒が進むと、イッキコールが始まります。

彼は本当に弱いので、イッキなんてしません。

この日もまだカクテル一本すら飲み切っていません。


4人が順番にイッキ飲みしていきます。

チワワちゃんですら余裕でビール一缶を飲み干します。


彼「なんでそんな余裕なの」

チワワ「ふつうだよww」

メガネ「江利花の次たっくんだからねww」

彼「無理無理無理」

上戸「絶対飲ませるからww」


恐ろしい人たちです。





423: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:37:11.62
ID:Q/vNjq0ho



そして、江利花がビールを飲み干します。


江利花「ふうー」

4人「おおおおおおお」

江利花「いえー」


軽い拍手の後、江利花がまた彼の脚の間に座り彼の方を向きます。


江利花「褒めろww」

彼「おお、すごいね」


彼は江利花の頭を撫でます。


江利花「ご褒美wwちゅーww」

彼「んー……酔っちゃったかなー?」


酔っぱらいが発情し始めたようです。






430: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:42:13.50
ID:Q/vNjq0ho



江利花「酔ってないからww強いもんww」

匠「みんないるからね」

江利花「いいよ別にー」

メガネ「気にすんなーww」

上戸「私もこれからチワワ頂くからww」

チワワ「やーだーww」

彼「いやいや、俺も恥ずかしいし」

江利花「えー」


江利花は渋々諦めたようでした。



が、次の瞬間。



江利花「んぅー!」


彼「っ!!」


江利花が突然顔を近づけ、彼の唇に自分の唇を押しつけました。







433: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:46:36.46
ID:Q/vNjq0ho



江利花「……」

彼「……」


江利花はなかなか離れません。

それどころか彼の頭を両手で掴み、舌を伸ばしてきます。

ディープキスともベロチューとも呼ばれるものが、今そこで行われようとしていたのです。

もちろん彼にそんな経験はありません。


そして。






436: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:50:35.06
ID:Q/vNjq0ho



しつこく攻める江利花の舌に、彼の歯は屈し、ついに彼の舌は捉えられます。


彼「……」

江利花「♪」


舌と舌が触れた瞬間、江利花の瞳が笑いました。

抵抗を諦めた彼の口は、江利花にされたい放題でした。

一つの陵辱と言ってもいいでしょう。


ここで突然、カメラのフラッシュが瞬きます。

間違いなく上戸の仕業です。

しかし、彼はそれどころではありませんでした。





438: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:55:16.75
ID:Q/vNjq0ho



そして、どれくらいの間だったでしょうか。

何度かシャッターの音が聞こえました。

たっぷりと舌を絡ませ、満足した様子の江利花は、最後に一吸いして、彼を開放しました。


江利花「ふう」

彼「ああ…」


彼は全てを吸い取られた気分でした。

その他の感想は控えます。






441: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 01:59:42.94
ID:Q/vNjq0ho



写真を撮ったり、黙って見ていたと思われる3人も喋りはじめます。


チワワ「うわーww」

メガネ「えっろww」

彼「はあ…」

上戸「匠君、それ私直伝のやつだからww」

彼「いやそれより写真とったろ。お願いだから消して」

上戸「いやせっかく持ってきたしさww」

江利花「あとで良い感じの頂戴ねww」

上戸「おっけいww」

彼「はあ…」


ご機嫌の江利花は彼の脚の間に座り直します。

彼は厚めのカーゴパンツを履いていましたが、もう手遅れだったでしょう。

何がとは言いません。






442: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:01:35.17
ID:Q/vNjq0ho



彼「酒の勢いで…」

江利花「まあまあいいじゃんww付き合ってるんだし」

彼「そうだけどさ…」

彼「ああ…」

上戸「ねえねえ匠君っwwそれっww私直伝っww」

彼「わかったから」


江利花と上戸師匠は、もうダメかも知れませんでした。

少なくとも、サークルの飲み会とは4人の雰囲気が違ってきています。






445: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:06:12.52
ID:Q/vNjq0ho


メガネ「よし、じゃあ次匠の番ねww」

彼「え…」

メガネ「イッキww」

彼「いや俺はいいよ…」

江利花「ほらたっくんいけってww」

チワワ「はやくww」

上戸「今のねww私直伝のww」

彼「まじかよ」


上戸だけ違う話をしています。






447: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:11:01.82
ID:Q/vNjq0ho



ここで、誰からも反応がもらえなくなった上戸が、チワワの顔を捕まえます。


チワワ「んっ!」


そして、


上戸「んー」

チワワ「んー!んー!」


2人の唇が重なりました。







449: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:12:56.25
ID:Q/vNjq0ho



というより、上戸がチワワの唇を貪っています。

ついでに、どことは言いませんが軽く揉んでいます。

女の子同士のおふざけで済むレベルでしょうか。


しかし、それは決して悪い光景ではないと、彼はそう感じました。






453: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:15:33.90
ID:Q/vNjq0ho



すぐにチワワは上戸を引き離します。

見入ってカメラに頭が回らなかったことを、彼は悔やみました。

傍から見れば、江利花と彼の時よりエロかったのではないでしょうか。






456: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:19:19.03
ID:Q/vNjq0ho



チワワ「あーもー」

上戸「ふう」


江利花「ね?変態でしょ?ww」

彼「確かに」

メガネ「江利花もだけどねww」

江利花「私は匠にしかしないもん」


上戸のおかげで彼のイッキは流れる空気になりました。

彼は上戸に色々な意味で感謝しました。

が。


チワワ「はいww」


チワワが彼にビール缶を笑顔で突きつけます。

上戸からのダメージはもう無いようでした。





457: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:23:45.35
ID:Q/vNjq0ho


そうして、逃げ切れなくなった彼は、乗せられるがままにビールを1本飲み干し、

15分後、トイレでマーライオンになりました。


彼「頭痛い…」

江利花「匠よっえーww」

メガネ「情けないなーww」

チワワ「かわいいよねww」

彼「お前ら…」


彼に反論する気力はありませんでした。






459: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:26:58.56
ID:Q/vNjq0ho



上戸「江利花ww今ちゅーしたらゲロの味楽しめるよww」

江利花「えーwwやだーww」

彼「死ぬほどうがいしたっつの」

江利花「じゃあチェック」


江利花は躊躇いもなく彼に口付けします。

彼も最早されるがままです。





460: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:28:10.59
ID:Q/vNjq0ho

>>458
いやその前にカクテルだかチューハイだか1本飲んでたからな!!




462: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:31:36.54
ID:Q/vNjq0ho



江利花「ゲロの味しないな」

彼「皆いますし、こういうのは」

メガネ「もう手遅れだからwwさっきもしてたしww」

チワワ「その体勢がもうねww」

上戸「そうそうww」


江利花はずっと彼の脚の間から離れません。






465: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:37:46.69
ID:Q/vNjq0ho



メガネ「あと江利花と匠、そろそろ彩に狙われるよww」

彼「なにを?」


そう彼が聞き返した時でした。


上戸「メガネ」

メガネ「ん?ww」


上戸の呼びかけに振り向いたメガネは、一瞬で押し倒されました。






468: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:39:34.01
ID:Q/vNjq0ho


メガネ「っ!」

上戸「んー?」


上戸の次の獲物はメガネでした。

彼はすぐに「狙われる」という言葉の意味を理解しました。


上戸は片腕でメガネの頭をしっかりホールドし、片手はまたも揉んでいます。

その凄惨な光景からも、彼は決して目を背けません。


そして彼は、今度こそカメラのことを思い出しました。


彼「江利花、カメラカメラ」

江利花「おお、はいはい」


テーブルの上にあった上戸のカメラ手に撮った江利花は、すぐに撮影を開始しました。






472: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:45:15.67
ID:Q/vNjq0ho



メガネ「んー!」


上戸の手がメガネの体を這い始めたところで、抵抗が強まり、上戸はメガネを開放しました。


上戸「ういー」

メガネ「お前さあ、もうほんとやめろって」

チワワ「ほんとだよ」

上戸「いつもしてんじゃんww」

メガネ「匠もいるから」

彼「あっ、気にしなくて大丈夫っす」

チワワ「するから」


2人には恥じらいの精神がしっかりとあるようです。





474: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:48:54.28
ID:Q/vNjq0ho



メガネ「匠されてももう知らないから」

彼「いやいや流石に俺はww江利花いるし、な」

江利花「な」


とにかく上戸は本物な様でした。


こうして、4人の酒は更に進みます。







475: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:49:42.51
ID:Q/vNjq0ho



 つづく。




477: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 02:54:07.62
ID:Q/vNjq0ho


よし、今日はこれで
明日で絶対終わらせるぞ!




480: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/11(日) 02:55:10.12
ID:aeejzO9Io

こんなのサークルのにばれたら相当恥ずかしいなwむしろそのレベルをとっくに超えてるw
だが今までの内容でサークルないの人や学部でも気づける要素あったか?





481: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/11(日) 02:55:20.57
ID:vkVud6hAo

アルコール強い弱い以前にマズくてビールやチューハイは350缶の半分も飲めんから酔っ払った事ねーな…
白ワインとかならグラス2杯くらい飲めるが




483: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 03:00:59.80
ID:Q/vNjq0ho

>>480
少なくともサークルの誰かが今までの全部読んだら一発でわかると思う
まあ大丈夫だと思うけど

>>481
ビールってマズイよね!





482: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/11(日) 02:56:15.59
ID:w/BFJI2Ao

パンツほどいて待ってる




484: ◆3iFgYr8em1j4 投稿日:2011/12/11(日) 03:03:47.49
ID:Q/vNjq0ho


>>482
「キスは書いていいっていうか、いっぱいしたんだからいっぱい書きなさい」
って言われたけどそれ以上は無いよ!

じゃあおやすみ!




486: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/11(日) 03:14:19.10
ID:w/BFJI2Ao

おやすみなさい

またあした




487: 童貞がお送りします。 投稿日:2011/12/11(日) 03:42:01.56
ID:btQ5DYnx0

畜生匠この野郎…
べ、別に明日楽しみなんかじゃないだからね!
おやすみなさい


※おすすめスレから読む
■バイトの超可愛い後輩が強者だった

※最初から読む
■あるところに、普通の童貞がいました。

※続きを読む
■あるところに、普通の童貞がいました。
■あるところに、普通の童貞がいました。『 続報 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 完結 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 メガネ 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 エリカ 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『メガネ&チワワ』
■あるところに、普通の童貞がいました。『上戸&エリカ』
■あるところに、普通の童貞がいました。『ダル&直人』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 合宿初日 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 合宿2日目の朝と夜 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 合宿最終日 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『誘う童貞』
■あるところに、普通の童貞がいました。『運命の木曜日』
■あるところに、普通の童貞がいました。『江利花の優しさ』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 妹初登場 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『スレバレ & 妹』
■あるところに、普通の童貞がいました。『妹 & お嬢様4人のデート』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 決意 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 告白 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 4人の美女 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 ハーレム 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 酒乱 』
■あるところに、普通の童貞がいました。『 キス魔 』


セクシーコスプレ衣装
※マツコの知らない世界で紹介されたイヤホンMUIX IX1000 (レッド) 1台で2つの音色を楽しめる2WAYイヤフォン
※マツコの知らない世界で紹介されたメーカーカモイ加工紙 mtマステ
※マツコ会議の名古屋の女子高生の流行で「GoPro」が動画も載せられインスタ写りも良いと話題!



話題のスレッド
バイト超可愛い後輩男「就活対策」 DQN寝取られアドンバイトクビで8万GET初めてのオフ会感動回文元キモヲタが超リア充に影絵おっぱい
コンビニ、俺がな?2日で会社辞めたDQNクビですあない姉に100万捨て身ゆとり会社の詠み会普通の童貞99.9999%おっぱい大学

いつもお世話になっているアンテナサイト様
ショボンあんてな2chnaviLogPo!2ch2chまとめヘッドラインブーンあんてなあんてなかんてなアテナあんてなちくアンテナオワタ避難所ぐるぐるログ
posted by 昨日みた明後日の夢 at 15:01 | Comment(9) |日記|道草|人気記事はこちら|はてブ
この記事へのコメント
  1. こんなやついねーよ
    Posted by 名無し at 2011年12月11日 16:15
  2. テステス
    Posted by at 2011年12月11日 18:45
  3. ズルい!!
    Posted by at 2011年12月11日 20:27
  4. クソ羨ましいです
    Posted by at 2011年12月12日 00:21
  5. 海外からって本編の方書き込めないのかな?

    書き込み規制中って出てきちゃった。

    よろしくやれよ兄弟って書きたかったのに・・・・・
    Posted by at 2011年12月12日 05:32
  6. 明日完結ってことは今日で終わりか
    Posted by at 2011年12月12日 09:22
  7. M属性からしたらただただひたすら羨ましい
    Posted by at 2011年12月12日 13:27
  8. 次でラストか…
    Posted by at 2011年12月12日 20:04
  9. やべぇ
    羨ましすぎて発狂しそう
    たっくんハーレムすぎんだろ!
    Posted by at 2011年12月13日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

- ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ぼくのフライドチキンはおいしいよ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。