ショボンあんてな(´・ω・`)2chNodeLogPo!2ch2chまとめヘッドラインあんてな@かんてな NetaGearちくアンテナアテナあんてな
オワタ避難所しぃアンテナ(*゚ー゚) ぐるぐるログ 計画停電<関東>全国の放射能 <水> <雨>九州産 野菜みどり牛乳放射線測定器節電
相互RSS&お気に入りサイトさま
お気に入りサイトさま




期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

2011年09月03日

子猫「みー…」

子猫「みー…」

1: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 21:28:17.88
ID:1NhcLSVb0

男「なんだ捨て猫か」

子猫「みー…みー…」

男「悪いな、俺の家はペット禁止なんだ」

子猫「みぅ…」

男「まだ小さいのに、ひでーことする飼い主がいたもんだ」

子猫「…」ジー

男「仕方ないな、これでも食えよ」

子猫「はぐはぐ…」

男「優しい人に拾ってもらえるといいな、それじゃあな」

子猫「にぃー…」

※おすすめ猫スレから読む
■萌郁「岡部君……猫、拾ったんだけど……」


Only & One



4: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 21:32:32.50
ID:1NhcLSVb0

―トテトテトテ

男「…」

―トテトテトテ

男「あのなあ…」

子猫「…」ジー

男「うちはだーめ」

子猫「…」ジー

男「そんな目で見つめてもだめだぞ…」

子猫「…」ジー

男「そこで大人しくしてるんだぞ?」

子猫「…」ジー

男「じゃあな」

子猫「にぃ…」

男「だあああああああ、もう仕方ねーな!」




6: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 21:36:31.42
ID:1NhcLSVb0

――



男「ダンボール箱ごと持って帰るか」

子猫「にーにー」スリスリ

男「ほら、ここに入れ」

ズリズリ

コロン

子猫「…」キョロキョロ

ズリズリ

コロン

子猫「…」ジー

男「何?」

子猫「みぁー…」

男「ちょっと可愛いなお前」




8: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 21:41:05.96
ID:1NhcLSVb0

男「よいしょっと」

子猫「…」キョロキョロ

男「まだ高いところ上れないから新鮮だろ?」

男「家に着くまで大人しくしてろよ」

子猫「にー」カリカリカリカリ

男「いーから、そういうのいらんから」

子猫「みぃー…みぃー…」カリカリカリカリ

 「見て…猫ちゃん捨てられるのかな?可哀想…」

 「うわぁ…最悪、ああいう飼い主にはなりたくないなあ」

子猫「みーみー…みぅー…」カリカリカリ

男「…ああ、最悪」





9: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 21:46:39.73
ID:1NhcLSVb0

――

―パタン

男「到着っと、あ!こら」

―トテテテテテ

男「ちょっと洗ったりしないとだめだから大人しくしろ」

子猫「み゛っ!」

男「ほらあ…いい子だからこっちおいで」

―ペタッペタッ

子猫「にぁー!」

男「おい馬鹿!こっちこいっつーの!」

子猫「にぃぁぁぁ」

男「捕まえた」

子猫「…」チキチキチキ

男「無い爪立てる無力な抵抗が可愛い」




10: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 21:50:53.60
ID:1NhcLSVb0

―ザー

ドスン!ドカ!シャカシャカシャカ!

男「わかった、わかったからそんな必死に逃げようとするなよ」

子猫「…」ビクビクビク

男「洗面器にお湯入れるか…」

―チャプチャプ

男「これなら大丈夫そうだな」

子猫「…みぃ」

ブルブルブルブル

男「っあ!つめてぇ…」




12: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 21:55:19.79
ID:1NhcLSVb0

―パタン

男「はぁ…疲れた」

子猫「みぃ!」

男「俺は寝るとするよ、お前はその箱で寝とけ」

―トテトテトテ

男「ついてくるなよ、これは俺の布団だっつーの」

子猫「にぃ…」

男「まぁ綺麗になったし寝たいところで寝ればいい」

子猫「…」ジー

男「…ぐぅ」




15: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:00:29.12
ID:1NhcLSVb0

――

―ゴロン、ドスン!

男「いだっ!」

男「いってー…、っとまだ夜じゃねーか」ポリポリ

―プニ

男「ん?」

 「にぅ…」

―プニプニ

男「んー…」

 「ゃん…」




16: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:03:44.30
ID:1NhcLSVb0

男「女の子…?夢か」

―プニプニ

男「どうせ夢ならもっと触っておくか」

―プニプニプニ

女の子「ゃー…」

男「柔らかいなあ」

女の子「ふぇ…?」

男「あ、おはよう!」

―プニプニ

女の子「やあああああ」

――ガリガリガリッ!




18: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:08:30.88
ID:1NhcLSVb0

男「いてぇ……なん…だと…」

女の子「そんなに触らないで!」

男「何を言ってるんだ、夢くらい好きにさせろ!」

女の子「やだぁ、触って欲しい時だけなのー」

男「おいおい…、夢でも禁欲かよ…」

女の子「まったくもう…」くりんくりん

男「なんだその髪の梳かし方、まるでね―」

―ピコピコ

女の子「なぁに?」

男「耳がああああああああああああ」

女の子「な、なに?どうしたの!」キョロキョロ

男「だっておまえ耳生えてる!」

女の子「え、だって私猫だもん」

男「」




23: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:12:28.68
ID:1NhcLSVb0

男「はぁ…?猫さん、ですか」

女の子「うん、猫」

―ピコピコ

男「まっさかあwwwwwww取れるんだろコレwwwwwww」

女の子「みゃああああ!ひっぱらないで!やめて!」

男「取れちゃうからだろー、ほらほら取っちゃうぞー」

女の子「引っ張んなー!」

―ガリガリガリ

男「納得いかねえ」




24: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:13:29.65
ID:1NhcLSVb0

擬人化は需要無さそうですね、出直してきます
その内姉か妹でも書くことにします




28: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:16:56.66
ID:XjSE4xWn0

周りの意見に惑わされるくらいだったら初めから書くな




29: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:18:12.94
ID:1NhcLSVb0

>>28
キャラ物以外で伸びるSSがどんなものなのか気になりまして
ちょっと違うジャンルで反応を見ようと思っていたところでしたので




31: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:18:38.89
ID:1NhcLSVb0

とりあえず続き書かせて頂きますね




37: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:21:37.68
ID:1NhcLSVb0

女の子「失礼な人だなあ」

男「いてぇ」

女の子「さっきまでは優しい人だったのに」

男「そりゃ子猫でしたし」

女の子「今も子猫だよ?」

男「どうみても人間の女の子ですが、若干おかしい部分があるのは別として」

女の子「おかしい部分?」

―ピコピコ

男「気付いてないならいいや」

女の子「にゃ?」




40: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:25:57.07
ID:1NhcLSVb0

男(つーか、目のやり場に困るなこれ)

男(なんで裸なんだよ…)

女の子「どうしたの?」

男「いや、布団羽織っててくれ、頼むから」

女の子「何でえ?」

男「いいからそのまま、な?」

女の子「私は自由だー!」バッ


―ベシッ


男「大人しくしてなさい」

女の子「」




43: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:31:48.03
ID:1NhcLSVb0

一杯一杯意見と支援ありがとうございます、できるだけ書かせて頂きます

――――――――――――――

女の子「ぶかぶかー、動きにくいー」←男の服着せられた

男「アマ○ン…ア○ゾンっと…」

女の子「何見てるの?」

男「服とか色々」

女の子「え!これ君が着るの?」

男「いや、どう考えても女物だろ」

女の子「そんな趣味があるとは思わなかったあ」

男「ねーよ!お前のだよ!」

女の子「み?」

男「服、そのままじゃまずいだろ」

女の子「服なんていらない、動きにくいもん」

男「いや、俺がまずいんだよ、色々と」




44: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:37:19.28
ID:1NhcLSVb0

男「腹減ったな」

女の子「ねー」

男「お前何食うの?キャットフード?猫缶?」

女の子「君と同じのでいいよ」

男「猫なのに生意気だぞ」

女の子「だって食べたいんだもん」

男「それじゃあ適当に買ってくるから待っとけ」

女の子「うん」

―パタン

トテトテトテ

男「なんでついてくるんすか?」

女の子「み?」




46: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:42:01.80
ID:1NhcLSVb0

――

―ヒリヒリ

男「全く…酷い目にあった…」

――10分前

男「お前はここで待ってろ」

女の子「やだ」

男「すぐ帰ってくるから大人しくしてろ」

女の子「やだ、一緒がいい」

男「我儘言うな、捨てるぞ」

女の子「―っ」ズキン

―――ガリガリガリガリ!

女の子「ばーか!行ってくればいいじゃない!知らない!」

―トテトテトテ




48: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:45:54.76
ID:1NhcLSVb0

男「あれがあの子猫…ねえ…」

男「意味不明過ぎる」

男「この夢はどこまで続くんだろうな…」

 「ねーおかあさーん変な人がぶつぶついってるよー」

 「シッ、みちゃだめですよ」

男「まぁ、そうですよね」

男(早く飯買って帰るか…)

男(猫って何が好きなんだろうな、やっぱ魚かな)

男(まぁ適当に買っていこう)

男(待たせるのも可哀想だしな)




50: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:51:01.73
ID:1NhcLSVb0

――ガチャ

男「ただいまー」

女の子「…すぅすぅ」

男「寝てやがる…」

女の子「―――置いていかないで…、行かないで…」

男「…へ?」

女の子「…すぅすぅ」

男「寝言かよ」

女の子「…寂しいよ」コロン

男「…」

女の子「…すぅ」

男(この子は何も悪くないのに…)

男(唯寂しかっただけなのに…)

男(俺は…なんてこと言っちまったんだ…)




51: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:55:25.78
ID:1NhcLSVb0

――なでなで

男(さっきは悪かったな…)

―なでなで

女の子「にゃ…」

男「ああ、起こしちゃったか」

女の子「んーっ、おなかへった」

男「そうですか」

女の子「うん、おなかへった」

男「あそこにあるから好きなの食べとけ」

女の子「お昼に道で食べたのがいい」

男「買ってきてるわけない」

女の子「じゃあ食べない」

男「」




52: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 22:57:01.56
ID:1NhcLSVb0

あ、ちょっと煙草切れたので買ってきます
毎度のことながら書き溜めてないので投下遅くてごめんなさい




59: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:14:09.41
ID:1NhcLSVb0

女の子「どこいくの?」

男「買いに行く」

女の子「うん」

―トテトテトテ

男「待っ」

―――置いていかないで…、行かないで…

男「…」

女の子「み?」

男「一緒に来るか?」

女の子「うん」

男(奇妙な格好だが仕方ない)

男「俺から離れるなよ、変な奴多いから」

女の子「はぁぃ」

―ピコピコ

男(こいつの方が変だったな)




61: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:18:09.28
ID:1NhcLSVb0

―トテテテテ

女の子「ほぉー」キョロキョロ

男「はいそこ、勝手に突き進まない」

――トテテテテテ

女の子「おおー」ガサガサ

男「はいそこ、勝手に草叢に入っていかない」

―――トテテテテテ、ガシッ

男「はい、捕まえた」

女の子「やーだぁ、離してぇー」

男「離したらどこか行くだろ?」

女の子「うん!」

男「だめだこりゃ」





63: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:22:19.42
ID:1NhcLSVb0

女の子「み〜♪み〜♪」

男(こうやって見てると可愛いもんだな)

男(身につけているのは大き目のシャツ(黒、千円)に俺のジャージのはず…)

男(なのに何故っ!)

女の子「なにしてるのー?」

男「世の中の不思議について考えていた」

女の子「へんなのー」

男「まぁ気にするな、ついたぞ」

女の子「うわあ…人がいるよ…」

男「そりゃコンビニだからな」

女の子「うぅ…」

男「どうした?」

女の子「人いるところ嫌い…」

男「じゃあ待ってるか?」

女の子「一緒に行く…」ギュッ




68: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:29:31.07
ID:1NhcLSVb0

女の子「…」

男「えっとー…」

女の子「早く…」

男「ちょっと待ってなー」

女の子「うぅ…」

男「ああ、これだな」

女の子「ねぇ帰ろうよ」

男「もう少し我慢しようなー」

女の子「みー…」


 「ありがとうございましたー」

男「はぁ…帰るか」

女の子「怖かった…」

男「知らない人ばっかりだからな」

女の子「早く帰りたい」




71: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:36:23.06
ID:1NhcLSVb0

―パタン

男「ただいまっと」

―トテトテトテ

女の子「はぁー…」コロン

男「おまえ飯は」

女の子「寝るー」

男「せっかく買いに行ったのに…」

女の子「食べたい時に食べるぅー」

男「はいはい…」

女の子「…すぅ」

男「んで寝るのは俺のベッドかよ…」

男「俺どこで寝るかなー…」

男「毛布毛布っと…」

男(いつまで続くことやら…、頑張れ俺…)

――





72: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:37:25.26
ID:qYFWrZ/SO

擬人化系はいいけど主人公が常識人ぽいのは秋田
もっとお前らみたいなキモオタ系の主人公が見たい




75: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:39:56.45
ID:1NhcLSVb0

>>72
おたくは過去に書かせて頂きましたので要素から抜くことにしました、すんません




76: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:45:39.79
ID:1NhcLSVb0

―――ゴゴゴゴゴ

 「大佐!こちらにも火の手が!」

男「なんてことだ!」

 「大佐ー!早く何とかしてください!大佐ー!」

男「なんて熱さだ…お前ら耐えろ!」

 「もう無理です!持ちません!」

男「くそっ!俺も意識がっ…」

――



男「あっつ…」

女の子「…すぅすぅ」

男(変な夢の原因はこいつか…人の上で丸くなって寝るなよ…)

男(あっつ…)

男(まぁ…もう少しこのままでもいいか)




78: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:51:56.56
ID:1NhcLSVb0

男(トイレいきてぇ…)

男(おこさないようにおこさないように…)

―コロン

女の子「みゃ!」キョロキョロ

男「ああ、悪い」

女の子「ふぇぇ…びっくりしたよぅ」

男「もう大丈夫だから寝てていいぞ」

女の子「どこかいくの?」

男「トイレだよ」

女の子「うちが先」

男「はいはい…いってら」

――

―ジャー

女の子「わあああああ、水ー!水とまらないよおおおお」

男「何をした、何を」




80: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/08/31(水) 23:57:00.71
ID:1NhcLSVb0

男「流した後に水が出続けてただけじゃねーか

女の子「知らなかっただけだもん!」

男「あれは自然に止まるんだよ」

女の子「おなかへったなあ」

男「忙しい奴だな…」

女の子「み?」

男「そこの冷蔵庫に昨日買ってきたの入ってるから食えよ」

女の子「わぁああああ!」

男「今度はなんだ」

女の子「おいしいよ!これおいしいよ!君は食べないの?」

男「俺は朝食べる習慣がないからな、いらない」

―ズイッ

女の子「食え!」

男「」




83: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/01(木) 00:03:05.01
ID:WuXqZ8cS0

男「さってと、俺学校行くから留守番頼んだぞ」

女の子「がっこー?」

男「まぁ行かなくちゃいけないところだ」

女の子「行かなくていいよ、ごろごろしよ」コロン

男「いってきま―」


―ガリガリガリガリ


女の子「なんて?」コロン

男「いたかったです、それじゃいってきます」

女の子「やーだーあ、一人やーだぁ…」ゴロゴロ

男「すぐ帰ってくるっつーの…」

女の子「じゃあいっていいよ、うち寝てるから」

男「」




84: ◆yuffeAvdjg 投稿日:2011/09/01(木) 00:03:31.15
ID:WuXqZ8cS0

酉だけ付けておきますね




86: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/01(木) 00:09:32.03
ID:WuXqZ8cS0

――



男「あー…憂鬱」

友「よう、どうした?世界崩壊後の断崖に立ったセ○スみたいな顔して」

男「いや、それ憂鬱とかじゃなくて死ぬつもりだから、ベクトルがまた違うからね」

友「突っ込む元気があるなら大丈夫っぽいな」

男「疲れたから寝るわ」

友「何かあったのか?」

男「猫拾った」

友「それだけでそんなに疲れるのか?」

男「面倒見るのが大変なんだよ」

友「可愛いか?」

男「あー………可愛いな、間違いない」

友「まじで!今度俺にも見せてくれよ!撫で撫でしたい」

男「絶対見せないから安心しろ」




88: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/01(木) 00:14:29.53
ID:WuXqZ8cS0

男(疲れた、なんであんなに猫を見たいのかわからない…)

男(とりあえず早く帰るか…)

男(ああ、飯買って行かないとな)

――



男「ただいま」

男「あれ、いねえ…」

男「どこいったんだよ、あのばか」

―トテトテトテ

男「トイレか?」

―ガチャ

男「いないな」

―トテトテトテ

男「どこいったんだ?」

子猫「みー…」




89: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/01(木) 00:17:35.99
ID:WuXqZ8cS0

男「あれ…、猫に戻ってる」

子猫「みーみー…」スリスリ

男「んー…?」ポリポリ

男「やっぱり俺がおかしかったのかな」

子猫「みぃ…」カリカリ

男「ああ、飯は買ってきたから安心しろ」

子猫「ゴロゴロ…」スリスリ

男「まぁ、普通こうですよね」

男「昨日のことは忘れることにしますか…」




91: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/01(木) 00:18:30.78
ID:WuXqZ8cS0

訂正そーりー

男「昨日のことは忘れることにしますか…」  ×

男「昨日のことは忘れるとしますか…」    ○




93: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/01(木) 00:26:06.22
ID:WuXqZ8cS0

男「なぁ、おまえ昨日人だったよな?」

子猫「…」はぐはぐ

男「んなわけないよな」

子猫「にぃ…」

男「さってと、飯食って寝るとしますか…お前はこの箱が寝床だからな」

子猫「にー…にー…」カリカリ

男「どうした?」

子猫「にぃ…」

男「すまんが何言ってるかわからん、おやすみ」

――― 一人にしないで!

そんな声が聞こえた気がした

しかし、振り向き目線を落とした先に居たのは先ほどと変わらない「子猫」だった

男「俺もイっちゃってるな…早く寝るか…」

―パタン

子猫「みぃ…」




94: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/01(木) 00:28:50.84
ID:WuXqZ8cS0

眠気が酷くなってまいりましたので今日はここまでになります
明日残ってたら続きを書かせて頂きます、ではでは!




312: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 00:46:34.35
ID:b3ZBhfy50

すみません>>1です!
上司の飲みに付き合ってたらこんな時間になってしまいました、すみません!
保守して区dさった皆さん、本当にありがとうございます、着替えたらすぐに書き始めます!

ありがとうございました!




315: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 00:56:58.28
ID:b3ZBhfy50

重ねて、本当にすみませんでした
元から文章おかしいのが酒でさらに変になってたらごめんなさい

――ネチョッ!

男「おわっ!」ズルッ

男「ててて…なんだこれ」

男「ソーセージおにぎり…、しかも食いかけ…」

男「んー…」ポリポリ

男「これあいつが食ってた奴だよな…?」

男「まぁ猫だから食い散らかして当然だよな」

――ポイ

男「いててて…、寝よ…」

――カリカリ

―カリ

子猫「にぃー…」(なんで、なんで気付いてくれないの!)

子猫「みー…」(うちはここにいるのに…)




317: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:02:01.37
ID:b3ZBhfy50

――

―カリカリカリ

男「…」

―カリカリ

男「だーっ!うっせ!」

―キィ

男「ほら、入ってこいよ」

子猫「にー…」トテトテトテ

男「まったく…少しはこっちの都合も考えてくれ」

子猫「みーみー…」ジー

男「なんだよ、いいたいことでもあるのか?」

子猫「…」ピョン

男「俺のベッドで寝たいだけかよ…」

男「まぁ猫なんてこんなもんだよな」




320: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:07:29.81
ID:b3ZBhfy50

―え!これ君が着るの?

―いや、どう考えても女物だろう

―そんな趣味があるとは思わなかったあ



――やだ

――やだ、一緒がいい

――ばーか!行ってくればいいじゃない!知らない!



――― 一人にしないで!

――



男「―っ!」

男「はぁっ…はぁっ…くそ…夢のくせにリアル過ぎるんだよ」

男「ばかやろう…」ナデナデ

子猫「…すぅ」




321: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:12:00.16
ID:b3ZBhfy50

男「少し早いけど出るかな」モゾモゾ

子猫「み゛っ!」ビクッ

男「あー、びっくりさせたか、今日の晩飯何がいいよ?」

子猫「みー?」

男「昨日のと同じでいいな」

子猫「にぁー」

男「了解、それじゃ行ってくるよ」

子猫「にー…にー…」カリカリ

男「なんだよ、一緒に行くってか?」

子猫「…」カリカリ

男「俺も阿呆やってないで行くか、それじゃな」

―パタン

子猫「みぃ…みぃ…」カリカリ

――カリカリ

―カリカリ




324: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:16:46.84
ID:b3ZBhfy50

男(あの子可愛かったなあ…)

男(あれならまた夢に出てきて欲しいもんだ)

男(あの我儘な性格さえなければ完璧だが…)

男(その前に…、俺は子猫相手にあんな幻想を抱いていたのか)

男(末期だな)

―パシッ!

男(おーいてぇ…)

男(少し気合入れないとな)

男(今日もソーセージおにぎり買っていくか)

男(家族みたいなもんだしな!)




326: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:24:02.35
ID:b3ZBhfy50

友「なぁなぁ」

男「なんだよ」

友「俺はいつになったらお前の家に招待してもらえるんだ?」

男「そうだな、表札が変わる頃にでも呼んでやる」

友「家の物残ってませんがー!寧ろ何年後の話だよ!」

男「まぁお前に見せるものはないってことだよ」ニッコリ

友「お前の中で俺はどんな存在なのか理解した気がする」

男「とても良い奴だよ、アメンボくらい」にっこり

友「俺は虫か!」

男「…今日もいい天気だな」

友「虫だけに無視かよ!洒落のセンスおっさんだぞ!」

男「ええい、少しは黙れ!」

友「結論から言うと、俺は猫が見たい!」

男「却下!」

友「くそっ…」




327: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:28:47.19
ID:b3ZBhfy50

友「なー…猫ー…」

男「そこらへんに居るだろ」

友「だって可愛いんだろー…?」

男「まぁ、な」

友「そんな可愛い猫を独り占めするなんて信じられねぇ…」

男「お前頭から食いそうだからな」

友「可愛い子猫とか最高だよな…なんというか見つめてるとどうしたらいいのこれ…?ってなるよな」

男「その気持ちはわからんでもない」

友「何?俺は食ったらいいんか?頭から食べたらいいんか!ってなるよな」

男「それはない」

友「普通可愛い猫は食べたくなるよ、寧ろ口の中でもふもふしたい」

男「それはお前だけだよ」

友「ちくしょう…何で理解されないんだぜ…」




329: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:34:33.74
ID:b3ZBhfy50

――



男「はぁ…一日中猫の話ばっかり…」

男「さてと、コンビニ寄って帰るか」

男「ソーセージおにぎりってそんなおいしいのかな」

男「まぁいいや」

男「あのサイズなら一つ食べられないだろうし、俺の分あげるだけで良さそうだな」

男「猫と間接キスしても嬉かねえ…」

男「まぁ、可愛い女の子なら話は別だけどな…」(照)

 「ねーママー」

 「ほら…たかし君いくよ…、見ちゃだめだから…」

男「…」

男(帰ろ…)




331: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:41:08.48
ID:b3ZBhfy50

男「ただいま」

―トテトテトテ

男「お出迎えとは良い―」

―ガリガリガリッ

男「子…じゃねえええええええええええ」

子猫「み」 トテトテトテ

男「いってぇ…」

男「少しは大人しくしろよ」

子猫「にぁー!」

男「寂しかったなら悪かったよ」

子猫「…」ピタッ

男「ほら、玄関あがれないだろ、早く行けよ」

子猫「…」ジー

――わかってるなら、もう少し早く帰ってきなさいよ

男「…なんてな、腹減ってるんだろうな、飯食うか」




334: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:45:10.30
ID:b3ZBhfy50

―ガサガサ

男「ちょっと待てよ、出してやるから」

子猫「みぃみぃ」

男「これだろ?」サッ

子猫「!」カリカリ

男「ちょっと待ってたらやるよ」

子猫「…」ピタッ

男「良い子だ!しかしこれは俺が食うのさ!」ペロペロモグモグ

子猫「フシャー!」ベシッ

男「あ!このやろう!落ちたじゃねーか…」

子猫「み!」チルチル

男「わかったよ、お前それ好きだもんな」

子猫「…」はぐはぐ

男「俺は猫相手に何話してるんだか…」

男「寂しい男め…」




335: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 01:46:02.04
ID:b3ZBhfy50

ちょっと酔いさまし兼ねて煙草買ってきます
10分少々で戻ります




340: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:00:22.86
ID:b3ZBhfy50

―トテテテテ

男「あっ、こら!最後まで食えよ!」

男「仕方ない奴だなあ」サッサッ

男「俺の部屋っつーことはまた寝るんだろうな」

―ボロッ

男「…この箱捨ててもいいんじゃね?」

男「まぁ風呂でも入ってくるか…」

―パタン

男「そのベッドはお前のじゃないからなー?」

子猫「ふぁー…すぅすぅ」

男「きいてねえ…、さて風呂っと…」

――






342: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:05:39.19
ID:b3ZBhfy50

―ポチャン

男(あー生き返る…)

男(つーかじじくせえっすね)

男(猫が人間になる…聞いたことあるけど妖怪みたいなもんだっけか)

男(まぁ妖怪でも可愛ければいいや、俺に害がなければ…)

男(……我儘じゃなければ、の間違いだったな)

―ガラララ

男(そもそも猫が人になるなんてありえないわけで…)

男(さっさと寝ることにしますかね)

―パタン

女の子「あ、おかえり」

男「すみません、間違えました」

――パタン

女の子「待ってぇ…待ってよぅ…!」




345: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:11:31.35
ID:b3ZBhfy50

――ここはきっと天国でー、猫耳つけた可愛い子がお風呂上りの俺を裸で迎えてくれるんだー

―きっとそうだー、疲れきった俺は風呂で溺死したんだなー

男「はははー」

女の子「おーい、大丈夫かー?」

男「俺死んじゃったんだなー」

女の子「何言ってるの?」

男「だって子猫が女の子になってるんだぜー?」

女の子「うん、何か知らないけど『また』戻った」

男「また?」

女の子「うん」

男「夢も二回見ると気持ち悪いな」

女の子「いや、現実だよ?」

男「ないない」

女の子「むぅー…」

―――ガリガリガリッ




347: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:17:25.49
ID:b3ZBhfy50

男「はい、なんとなくわかりました」

女の子「よくできました」

男「えーっと…整理すると、人になったけど猫に戻ってー、さっきまた人になったと?」

女の子「寝てる間に人になってたみたい」

男「寝ると人になるのか?」

女の子「それじゃあ一日中変わり続けてるよ!」

男「お前が一日中寝てることは理解した」

――ガリガリガリッ

女の子「なんで人になるかわからないんだよねぇ…」

男「…何か理由はありそうだけどな」ヒリヒリ

女の子「それがわかればなあ…、ご飯の時だけ人になるんだけどなあ」

男「なんでまた」

女の子「口いっぱいにおいしいの頬張りたい!」

男「邪な願いなので却下」

女の子「」




349: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:24:59.59
ID:b3ZBhfy50

男「こう人になられるとこれも付けられないなあ」

女の子「み?」

―リン

女の子「なにそれ?」

男「鈴だよ、こうやって揺れると鳴るんだよ」リンリン

―リンリン

女の子「…」ウズウズ

男「まぁつける必要もないk―」

女の子「みっ!」ドサッ

――リン、リリン

男「普通押し倒すのは男の方なんだけどな」

女の子「何か抑えきれないものがありました」チリン

男「まぁ猫だしな」

女の子「これ面白いね」リンリン

男「いいから早くどいてくれ」




351: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:30:46.05
ID:b3ZBhfy50

女の子「眠い」

男「暑い」

女の子「おやすみ」

男「離れて寝ろ」

女の子「昨日の夜は上で寝てたのにー」

男「重みが違う」

女の子「重くないもん!」

男「子猫は軽いからな」

女の子「いいから寝る」

男「仕方ねーな…」

女の子「みぃ…」

男「理由、考えておこうな」

女の子「…うん」

男「おやすみ」

女の子「…おやすみなさい」





354: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:38:24.70
ID:b3ZBhfy50

――柔らかい

女の子「うえー…なんで口と口ひっつけるのよ…」

男「お前が可愛いからさ…」

―こんなこと言っちゃう俺イケメンだな

女の子「でもうち…毛生えてるよ…」

男「うお…なんだこれ!いや、やめろ!」

女の子「君がしたいなら、いいよ…」

男「いらん!やめ!やめろおおおおおおおおお」

――毛がああああああああああああ

男「はぁっ!はぁっ!」

男「最近夢見が酷い俺です、おはようございます」

男「元凶は部屋に居ない模様、俺も起きるとしますか」

―コロン

子猫「みっ!」

男「あるぇ…?」




356: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:44:40.66
ID:b3ZBhfy50

子猫「みぃー…」カリカリ

男「んー…」ポリポリ

男「…」ジー

子猫「…」ジー

男「おはよう」

子猫「にぁー」

男「お前また戻ったのか?」

子猫「みー…」

男「そっか、何かわかったか?」

子猫「にぃにぃ…」

子猫「みぃみぃ…」

男「うん、さっぱりわからん」

子猫「…」



――ガリガリッ




358: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 02:52:39.20
ID:b3ZBhfy50

――



友「最近生々しい傷が増えている気がする」

男「人生辛いこともあるんだよ」

友「例えば?」

男「可愛い猫に毎日引掻かれるとかな」

友「なんて羨ましいんだ!」

―ギチギチギチ、ガリガリガリ!

友「いだああ、いだっ!やめ!すんませんでした!だから…ちょ!」

男「な?痛いだろ」

友「これが可愛い猫なら完璧だったのに…」

男「根っからのだめ人間だな、お前」

友「褒め言葉さっ☆」

男「だめだこいつ」




361: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 03:00:26.17
ID:b3ZBhfy50

女の子「ひーまー」

―ピンポーン

女の子「にゃ?」

―トテトテトテ、ガチャ

 「宅急便で―――失礼しました!」

女の子「み゛っ!」

―バタン

女の子「にー…」

 「…服着たら、受領印だけお願いします!」

女の子「またあれ着るのかあー…」

女の子「だるだるぅ…」



 「(何て書いてあるかわからないけど)ありがとうございました!ではっ!」

女の子「はーい」

女の子「なんだろーこれ、食べ物の匂いはしないなあ」




363: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 03:09:12.37
ID:b3ZBhfy50

女の子「むぅー…」ごろごろ

女の子「はぁん…」ごろごろ

女の子「暇ー!ひまひまー!」バタバタ

―ピッ

 「現在、台風は東へ向かって…」

女の子「みっ!」

 「今後も強い雨が予想されますので、外出の時は…」

女の子「あんた誰!いつここに入ってきたの!」ジリジリ

―ピッ

 「…ずっと寂しかったの」

 「ああ、もう一人にしない」

 「うん…、大好き」

―チュッ

女の子「変わった…だ、だれなんだろう…」




366: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 03:18:19.89
ID:b3ZBhfy50

女の子「さっきの人口と口くっつけてたなあ」ピッ

 「だからちゃいますって!これ風呂桶ですやん!鍋ちゃいますって!」

女の子「人はああいうのが嬉しいのかな?」ピッ

 「はい、今回のゲストはこちらー、拍手でお迎えしましょー」

 「ワーワー」パチパチ

女の子「男君が帰ってきたら実験しよっと」ピッ

 「お昼の一品にぴったりの、あっさり野菜炒めなど…」

女の子「この喋る箱おもしろい」ピッピッピッ

―プツッ

女の子「あ、黒くなった」

―シーン

女の子「つまんないつまんなーい」ゴロゴロ

女の子「…」ゴロゴロ

女の子「…すぅすぅ」




367: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 03:23:44.45
ID:b3ZBhfy50



男「ただいまー」

女の子「…すぅすぅ」

男「こんなところで何もかけないで寝てたら風邪ひくっつーの」

男「よいしょっと」

男(上に乗ってると重く感じたけど、こうやって持つと軽いな)

女の子「んー…?」

男「寝るならベッドで寝とけ」

女の子「んー…」ギュッ

男「ん?」

―ちゅっ

女の子「眠い」

男「あ、え、うああああああああああああああああ」

女の子「うるさあい!」

―ガリガリガリッ!




369: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 03:31:16.55
ID:b3ZBhfy50

男「な、なにすんだ」

女「だって喋る箱でこうしてたもん!」

男「喋る箱ってなんだよ!」

女「あれ」

男「テレビかよ…悪影響受けやがって…」

女「んー……何…か、ねむ…」

男「ほらベッドだぞ、早く寝ろ」

女「ん…すぅ」

男「まったく…しかたない奴だ――――ん?」

目の錯覚か、俺自身が狂ってしまったのか、わからなかった

ベッドに潜り込むように眠りについた少女の身体が、少しずつ小さくなっていくように見える

それは次第に小さくなっていき

―子猫ほどのサイズになると、縮小は止まったのだった




371: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 03:40:05.34
ID:b3ZBhfy50

男「は…?」

理解できなかった、目の前で起こった現象が何なのか

男「ま、まさかな…」

恐怖にも勝る好奇心は人を動かすとも言う、それが今の俺だった

男「寝方によっては小さく、見えるから…な」

古く伝わる童謡に鶴の恩返しというものがあるが、鶴の姿を見ようとした人間の気持ちを理解できた気がする

男「…」スッ

目を疑った、俺の中で構築されてきた『現実』という言葉が崩れ去っていく

好奇心という甘い言葉に唆され、布団を捲った先に居たのは


――小さな、小さな、子猫が一匹




372: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 03:43:06.16
ID:b3ZBhfy50

本日も会社なのでここまでになります、一杯保守して頂いたのに短くてすみません…

会社で時間取れたら自宅ほどではないですがゆっくり書きたいと思います!

それでは残ってたらまた数時間後に!




502: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 20:10:45.16
ID:xnisGQhV0

なんかこれに似てる

男「…願いを叶えてくれるのか?」猫「にゃー」
http://lovevippers.blog35.fc2.com/blog-entry-204.html




512: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 20:49:53.68
ID:dfPnuwM50

>>1です、毎度お待たせしてすみません、保守有難う御座います!
明日からお休みなので色々作業片付けていました
帰宅は22時くらいになると思います
残念なことに>>502のリメイクではないですね…
>>502みたいな良いSSが書きたいものです

待たせるだけでは申し訳ないので過去SSを貼っておきますね、退屈しのぎになれば幸いです

幼女もの
http://elephant.2chblog.jp/archives/51703479.html

姉もの
http://elephant.2chblog.jp/archives/51699878.html

妹もの
http://elephant.2chblog.jp/archives/51775475.html





573: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:19:01.81
ID:b/3u+f9T0

おい>>512の幼女ものを読んでみたが
主人公、幼女とセクロスしようとしてるじゃないか
その上、作者の経験談とか書いてあるじゃないか
どういうことだ、説明を求める




576: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:28:08.15
ID:s2cxltd00

>>573
簡単に要約して説明致しますと

私が中三の時の話ですが、当時13歳(誕生日が微妙な子)の中学二年生と付き合ってました

流れでセクロスまでこぎつけたものの、全然濡れないわ入れようとしたら先っちょで痛がるわ泣き始めるわで、この先いつでもできるからとやめた時の経験が元です

結局、その子とは数週間後に別れまして、先っぽ以外童貞のままです





533: ◆yuffeAvdjg 投稿日:2011/09/02(金) 22:07:21.31
ID:s2cxltd00

ただいま戻りました、保守ありがとうございました!
早速書かせて頂きます




536: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:13:30.85
ID:s2cxltd00

子猫「…すぅすぅ」

男(まさか本当に変化してるとは…)

男(やっぱり化物の類なのか?)

男(でも我儘な事以外で害になるようなこともない)

男(――ん、まてよ)

男(変化に条件があるなら、それをさせなければいいんじゃないか?)

男(といっても寝てるだけだからな…不明だ)

男(今回はキスした後…)

男(キス…、したんだよな)

―トクン

男(ば、ばか!相手は猫だっつーの!)

男(何を考えてるんだ俺は…あほらしい…)

――






539: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:18:59.36
ID:s2cxltd00

――シャリシャリ

男(なんだ…?)

―シャリシャリ

男「うお!朝かよ!」

子猫「にーにー」

男「ああ、おはよう、猫に戻っちゃったな」

子猫「みー…」

男「まぁ慣れないだろうし猫の方が楽だよな」

子猫「…」ジー

男「腹減ったのか?」

子猫「みぃー」

男「今日はいつものないから、適当なので我慢してくれ」

子猫「みぁー!」

男「はいはい、すんません」




542: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:24:22.39
ID:s2cxltd00

男「あ、起きたのはいいけど今日休みじゃん」

子猫「み?」

男「どこにもいかない日だよ」

子猫「みーみー」

男「さっぱりわからん」

子猫「みぃー…」

男「けど、おまえと一緒に居られるな」

子猫「にぃ」

男「お前昨日の事覚えてるか?」

子猫「みーみー!」

男「うん、わからない」

子猫「み゛ぁぁぁぁ!」チキチキチキ

男「あー、わかった、わかった」

男「お前の爪細すぎて針みたいなんだよ」

子猫「み゛!」フイッ




545: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:30:40.79
ID:s2cxltd00

――



子猫「…」はぐはぐ

男「なぁなぁ」

子猫「み?」

男「昨日キスしたら戻ったんだよな?」

子猫「…」クリンクリン

男「顔洗ってるし…、まぁいいか」

子猫「みぃ」

男「もう一回キスしてみるか?」

子猫「にぃ」

男「まぁしないけど、あ!箸落ちたし…」

子猫「にゃー」チロチロ

男「おい舐めんなよ、洗うの面倒じゃねーか」

子猫「み…」




546: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:35:16.49
ID:s2cxltd00

男「洗ってくるか…、おい俺の飯食うなよ?」

子猫「みぃー」

―ザー

男「はぁ、人の姿なら大歓迎だけどな、猫だと抵抗感ある」

女の子「君は人間だもんねー、こっちの姿の方がしっくりくるのはわかるよ」

男「そうそう、まぁ子猫の姿でも可愛いけどな」

女の子「にゃん♪」

男「―って」

女の子「み?」

男「また戻ってやがる!」

女の子「ねー」

男「ねー、じゃねえよ」

女の子「てへ☆」

男「わかったから向こうで座っててくれ」




552: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:39:59.12
ID:s2cxltd00

男「はい、座る」

女の子「はい!」

男「はい、よくできました、今回はどうやって人間になりましたか?」

女の子「君の箸を舐めました」

男「はい、それ以外何もしていませんね?」

女の子「ねぇ退屈」

男「ええい、話の腰を折るな!他は何もなかったか?」

女の子「人の姿になる理由ね、わかったよ?」

男「は?」

女の子「君の唾液を少しでも口にすると人間になっちゃうみたい」

男「猫に戻るのは?」

女の子「この状態でもう一回君の唾液が触れたものを口にすると戻るの」

女の子「多分ね!」

男「…ふむ」

女の子「うちあたまいい!」




556: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:44:08.08
ID:s2cxltd00

男「そういえば初めて会った時にやったおにぎりも俺が口にした奴だった」

女の子「お肉ばっかり食べてあったよね!ぷんぷん」

男「まぁそれはいいとして、確かに思い当たる節はいくつもある」

女の子「でしょでしょ」

男「…うーん」

女の子「み?」

男「いまいち信憑性に欠ける」

女の子「試す?口くっつける?」

男「いや、その…な?」

女の子「顔真っ赤だよ?」

男「うるせぇばか!」




559: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:49:57.17
ID:s2cxltd00

女の子「まぁ服着るのは面倒だけどお喋りできるの楽しいからこのままでもいいかなー」

男「それはちゃんと服を着てから言いましょう」

女の子「わかったよ、もう」

男「よろしい」

女の子「―ねぇねぇ」

男「なんだ?」

女の子「人間ってさ、口と口くっつけると嬉しいの?」

男「人による」

女の子「どういう時にするの?」

男「えっとな…、その…」

女の子「うちはお母さんにご飯もらう時してもらってたよ?」

男「ええい、早く着替えてこい」

女の子「はぁーい」

―フラッ

男「危なっ―」




561: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:54:56.17
ID:s2cxltd00

女の子「っとと…」

男「大丈夫か?」

女の子「み?」

男「大丈夫そうだな」

女の子「うん、人間の姿になると歩きにくいのはいつものことだよ」

男「それなら心配ないな」

女の子「―でも、人間の姿だと妙に眠たくなる」

男「お前いつも寝てるじゃん」

―ガスッ

男「物を投げるということを覚えたみたいですね、頭のいい子だ」

女の子「ふん!」フイッ




563: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 22:59:55.06
ID:s2cxltd00

――

女の子「みぃー…」ごろごろ

男「…」パラッ

女の子「にゅー…」ごろごろ

男「…」

女の子「にゃあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」バフバフ

男「なんだようっさいな!」

女の子「ひまあ!」

男「おう、俺は本読んでるから暇じゃない」

女の子「かまってぇ」スリスリ

男「ばっ…あ、近い近い!」

女の子「口、くっつける?」

男「…くっつけない」

女の子「また赤くなった、面白い!」

男「」




565: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:05:33.10
ID:s2cxltd00

女の子「かまってぇ、ねぇねぇー遊ぼうよー」

男「俺もやりたいことがあるんです」

女の子「ちぇー」 ぽふっ

男「どこ座ってんだよ!」

女の子「おひざー」

男「どいてください」

女の子「撫で撫でー、撫で撫でしてー?」

男「あーもう…」ナデナデ

女の子「みぃー…」

男(…人の姿でこんなこと言われてたら理性が吹っ飛ぶ)

女の子「眠い…」カクッ

男「っと、前に倒れるなっつーの…まったく」

女の子「…すぅすぅ」

男「もうこのまま本読むか…」




569: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:13:54.98
ID:s2cxltd00

――



男(腹減ったな)

男(本読んでて気付かなかったけど、もう夕方か)

男(買ってないとまた文句言われそうだし、晩飯買いに行くかな)

男「おい、起きろ」

女の子「んー…」グシグシ

男「飯買いにいくからベッドで寝とけ」

女の子「だっこー、歩くのやだー」

男「仕方ないなあ、よっと!」

女の子「…ちょっと安心する」キュッ

男「ば!ばか!ななななななに言ってるんだよ!ほら離せ!」

女の子「みぃー…」

男「じゃ、い、行ってくるから…す、すぐ戻る」

女の子「はぁぃ」コロン




566: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:10:40.56
ID:ZPBaMscEO

見た目何歳ぐらい?




571: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:15:36.57
ID:s2cxltd00

>>566
ご想像にお任せします、一応考えてたのは12~13歳です




574: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:22:23.45
ID:s2cxltd00

男(あー…まだ落ち着かない…)

男(我儘だし、すぐ引掻くし…いいことねーのに…)

男(たまにちょっと甘えてくるのが可愛かったり…)

男(いやいやいや、相手は猫だ!それも人になるという猫だぞ!)

男(この環境に慣れつつある自分が嫌だ)

男(それにしても、唾液を口にすると、か)

男(キス、できないのか…)

男(―待て、なんで残念そうなんだよ!だから相手は猫だって!)

男「もうわけわかんねえええええええ」

 「ねぇママーまたいるよー」

 「たかし君…ああなっちゃだめよ…?」

――トテトテトテ



男(くそがああああああああああああああ)




581: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:33:15.36
ID:s2cxltd00

――



男「はぁ…ただいま」

女の子「…すぅ」

男「まだ寝てるのか…」

女の子「…すぅすぅ」

男「無防備な格好で寝やがって…」

男「布団掛ける俺の気にもなれっつーの」

女の子「…」

男(キスじゃなかったら、大丈夫だよな…)

―撫でるように触れた少女の唇は柔らかく

見ているだけで吸い込まれそうな気がした

男(っと、危ない!触るだけだ…キスしたら戻っちまう)

男(――なんで俺はこの子が人であることを望んでいるんだ)

男(わからねえ…)




584: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:42:39.54
ID:s2cxltd00

―おかしい、あれから数時間は経つはず

何故この子は起きないのか?既に外は明るくなっているというのに

確かに今までも寝ることは多かった、寧ろ猫が寝てばっかりなのは至極当然

しかし、ベッドに運ぶ時、少しだけ目を覚ましたのを最後に眠り続けている

男(朝だっつーのに…眠れないじゃねーか)

男(いくら寝るのが好きだからって寝過ぎだろ)

男「おーい」

聞こえるのは微かな寝息だけ

男「まぁ無理に起こす必要もないな…」

男(飯食うか…)

男(おにぎり、悪くなっちまう…)




586: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:51:53.86
ID:s2cxltd00

不意に少女の言葉が脳裏を過る

――人間の姿だと妙に眠たくなる

人の姿で居る事が原因なのか?

それなら何で…、猫のままでも良かっただろう…

男(猫に戻してやった方がいいのか?)

男(でも、するんだよな…キス)

男(そうだ!指に唾液つけて咥えさせたらいいんだ!)

男(よし、これでいこう)ペロッ

男(そーっと、そーっと)

女の子「…」ピクッ

男「っ!」

女の子「…なに、してるの?」

男「いや、猫に戻そうと思―」

女の子「余計なことしないでよ!ばか!」




587: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/02(金) 23:57:06.08
ID:s2cxltd00

男「だってお前そのままだと疲れるって!」

女の子「いいの!」

男「それならいいけど…」

女の子「まだ人のままで居たいの…」

男「わかったよ…」

女の子「だから…勝手…にも……ど」

―カクッ

男「おい!」

女の子「…すぅすぅ」

男「くそっ!」




590: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:01:31.55
ID:/dhuCI4o0

――

―あれから3日、少女が目を覚ますことはなく

何度か揺り動かしてみても、それすらも気付かない程に深い眠りだった

男(やっぱり猫に戻した方がいいのか…)

――余計なことしないでよ!ばか!

―まだ人のままで居たいの…

何故、そうまでして…

男(理解できない…)




592: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:07:24.52
ID:/dhuCI4o0

―少女が目を覚ました時、一週間が経過していた

女の子「…みぃ」

男「…おはよう」

女の子「ずっと寝てた…」

男「ああ、心配した」

女の子「なんでえ…?」

男「そりゃ寝たきりだったしな」

女の子「そっか…」

男「何か食べるか?」

女の子「みぅ…今はいい…」

男「大丈夫か?」

女の子「ちょっと疲れちゃった…」

男「寝るのか?」

女の子「もう少し、お喋りしてたい…」




596: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:16:35.46
ID:/dhuCI4o0

――



女の子「ん…」

男「おはよう、今日は起きられたな」

女の子「寝続けてると君が心配するから…」

男「無理する必要はないから、寝ててもいいぞ」

女の子「ありがとう…」

少女が深い眠りにつくことは無くなったが、日に日に衰弱していく少女の姿を見ているだけで俺は辛かった

男「何か食べられるか?」

女の子「食べても戻しちゃうから…」

男「最近全然食べてないな、身体に悪いぞ…」

女の子「おなかへらない…」

男「それなら仕方ないな…」

俺は、食欲も無く、歩く元気もなくなった少女を少しでも元気付けたかった

―その願いも虚しく、酷な現実は少女を蝕んでいく




600: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:24:22.32
ID:/dhuCI4o0

男「なぁ…」

女の子「…うん」

少女は疲れきった表情のまま、目だけこちらに向ける

俺は頭を撫でていた手を止め、溜めていたものを吐き出した

男「もう、いいんだ…猫に戻ってくれ…」

女の子「…やだよ」

男「これ以上お前が辛そうにしてるの見たくないんだよ…」

女の子「うちは大丈夫だから…」

男「大丈夫なもんか…、飯だってまともに食えてないし、トイレに行くのも抱っこだろう…」

女の子「ちょっと疲れちゃっただけだから…」

男「そんなことない…、前に言ってたよな?人の姿してると疲れるって…」

女の子「…」

少女の手が俺の手を力なく握る
女の子「撫で撫で、して…」

男「ああ…」




603: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:31:59.61
ID:/dhuCI4o0

少し嬉しそうに笑った少女が静かに口を開く

女の子「口と口、くっつけたら元気になれるかな…?」

男「なれる!だから…もう戻ってくれ…」

女の子「…でも猫の姿だと、君とお話できないよ」

男「元気になったらまた人になればいいじゃないか!」

女の子「ずっと…人でいたい…」

男「だめだ、このままじゃ悪くなる一方だ…」

女の子「お願い、もう少しだけ…人でいさせて…」

男「もう限界だ…、もう戻ろう…」

女の子「少しだけ…お話するだけだから…」

女の子「少しだけ…君の手に触れていたいから…」


――少しだけ

―君の温かさを感じていたいから




606: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:42:21.36
ID:/dhuCI4o0

我儘言ってごめんね

いっぱい引掻いてごめんね

撫で撫でしてくれた時、嬉しかったよ

優しく抱っこしてくれた時、すごく安心したよ

女の子「ちょっと…眠くなってきちゃった」

もう後はない、そう考えるより先に身体が動く

俺は少女の身体を抱き締めながら唇を重ねていた

男「約束破っちまった…」

女の子「やだよ…戻りたくないよ…」

女の子「もっと…お話したいよ…」

男「…」

女の子「やだよ…やだよぅ…ぐすっ…」

泣きじゃくる少女の顔を見ることができなかった

でも、少女は再び元気になることができる

先を考えるのなら正しい選択をしたとも思えた―――その時は。




612: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:52:27.49
ID:/dhuCI4o0

何故…どうして

確かに、俺は口づけをした

少しだけ時間を要するものなのか?

いや、今までの変化を考えるとすぐにその現象は起こるはず

女の子「ん…」

女の子「戻らない…ね」

どうしたら、少女を救えるのか考える事ができず、頭の中が白くなっていくのがわかった

女の子「なんで…だろうね…」

少女の言葉だけが頭に響く

小さく、力ない声が

強く、鮮明に

女の子「戻る元気も、なくなっちゃったのかな…?」

予想もしてなかった、猫の姿に戻る為の生命力すら残されていなかったとは…




614: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 00:58:05.10
ID:/dhuCI4o0

男「こんなことって…ないだろ…」

女の子「みぃ…」

男「どうすりゃいいんだよ!」

―ぎゅっ

男「どうしたらお前を助けられるんだよ!」

女の子「うちは…大丈夫だから」

男「どうしたらお前を元気にしてやれるんだよ!」

男「また一緒に楽しくお話するんだろ?なあ?」

女の子「きっと、元気になるから…」

男「そうだよな…大丈夫だよな…」

女の子「だから、元気になったら…」


――また、お話しようね

―いっぱい、ありがとう




620: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 01:05:56.31
ID:/dhuCI4o0

女の子「…」

男「なぁ…」

―失礼な人だなあ

男「どうして…」

―ばーか!行ってくればいいじゃない!知らない!

男「どこにもいかねえよ…」

―置いていかないで…、行かないで

男「もうどこにもいかねえよ…」

―お願い、もう少しだけ…人でいさせて

男「それがっ…それが!この結果かよっ!どうして…なんで…」

男「どんな顔すりゃいいんだよ…」




622: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 01:12:55.73
ID:/dhuCI4o0

腕の中で、少女の身体に感じる違和感

男「今更っ…そんなこと…」

それは、徐々に小さくなっていき、俺の腕の中に残ったのは

小さな、痩せ細った子猫だった

男「おせえんだよ!」

力なく振り上げた拳が振り下ろされる事はなく

俺は、腕の中で静かに眠りについた子猫を優しく撫でることしかできなかった




626: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 01:22:41.19
ID:/dhuCI4o0

ちょっと眠気覚ましに風呂ってきます

今夜で終わらせるように頑張ります




631: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 01:40:03.80
ID:/dhuCI4o0

―もし、奇跡が起こるのなら

何かを犠牲にしても、この子を助けられるのなら…

助ける…?助かるわけがない…、この子は死んでしまったのだから…

そう、奇跡なんて起こらない

だからこの子は助からなかったんだ


虚しさと自己嫌悪が吐き気を催す

止め処なく溢れる涙は落ちる先を失い、子猫の身体を濡らしていた


―みぃ


幻聴が聞こえるほど病んでしまったらしい


―みぅぅー…みぅ


二回目の『それ』を聞いた時、俺は目を疑った




637: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 01:47:42.41
ID:/dhuCI4o0

この子は衰弱し、息絶えたはず

―モゾモゾ

しかし、腕の中には確かな生があった

男「まさか…」

子猫「にー…」

男「…っ」

子猫「みぃみぃ…」

男「なんで…泣いてるんだろうな…嬉しいはずなのに…涙…止まらねえよ…」

―泣かないで

そんな声が聞こえた気がした

男「だって…お前が…っ」

子猫「みぅ…」

男「よかった…ほんとうに…」

男「心配かけやがって…」

男「悲しませやがって…っ」




644: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 01:54:27.91
ID:/dhuCI4o0

子猫は俺の腕から抜けると、横になってる俺の顔の傍に座った

―シャリ

ざらついた感触が頬を伝う

―シャリ

それは徐々に移動していき、俺の口元まで来ていた

男「猫となんて、とは言ったけどな…」

男「お前がしたいなら…キスしていいぞ」

そう言うのを待っていたかのように、子猫は俺の唇を舐めた




649: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:04:37.48
ID:/dhuCI4o0

―あの夜から数ヶ月が経過した

俺達はいつも通り例のブツを買いにコンビニまで来ていた

店頭にある買い物籠を手にする、ここまではいつも通り

しかし、コンビニに行く度、買う物の種類が増えていくのはどうだろうか?

次々と投げ込まれる食料、菓子類

男「どんだけ食うんだよ」

そんな俺の小言は完全にスルーされる

男「あんまり食べ過ぎるのもよくないぞ」

今日のお菓子はチョコレートが多い、先日食べたものが美味しかったのだろう

買う物を見ていると、甘いものを好きになる傾向が強い

そこらへんは女の子だからなのだろうか?




652: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:14:01.17
ID:/dhuCI4o0

 「早く帰ろうよー」

男「そろそろ慣れてもいいんじゃないか?」

 「人の多いところは苦手なんですぅー」

奇跡は起こらない

そう信じてた俺の手を引いていく存在

あの夜、変化した少女は子猫に戻ることなく人として生活していた

前のように妙な疲労感に苛まされることもなく、極普通の女の子として

人になってから数日経って、心配になった俺がキスをしたのはここだけの話

猫に戻るかと思ったが、そんな事も無かった少女は今日も元気に道を行く

そこには、少女が望んだ生き方が

―俺の願った奇跡が存在していた




653: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:14:11.41
ID:/dhuCI4o0

おわり





661: ゆっふぇ ◆yuffeAvdjg 投稿日:2011/09/03(土) 02:16:52.39
ID:/dhuCI4o0

皆さんいっぱいいっぱい保守と支援と応援ありがとうございましたああああああああああ

今回も無事に完走できたのは皆さんのおかげです!本当に本当に3日間ありがとうございましたあああああああ






671: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:25:23.29
ID:/dhuCI4o0

〜次回作予告〜


そう、どんな願いも虚しい

人の死は運命付けられている

それに逆らうのは神の意向に反するも同然

――奇跡など、起こり得るはずがない

男「…俺が……俺が殺した…のか」

―大切な人を守りたかった、唯それだけなのに…

黒猫「貴様の信じている奇跡の力がどれ程のものなのか、見せて貰おうか」

―忍び寄る死の足音


奇跡を信じた者達は同じ街で何を想っていたのか?

奇跡の先にあるのは、夢幻か

それとも…



…その内公開予定




674: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:27:31.13
ID:QGOYJUiH0

衰弱した原因はなんだったん?




676: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:30:38.67
ID:/dhuCI4o0

>>674
人のままでいたかった
でも子猫が人の姿で居るためには生命力がとても必要だったようです

それっぽい記述しようと思ったのですが伏線不足でした、申し訳ない




683: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:40:12.81
ID:QGOYJUiH0

>>676
そこはわかったんだが最後に普通に元気になってたから気になってな
ちょっとこまけえ事言い過ぎたなすまん




684: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:41:31.36
ID:/dhuCI4o0

>>683
いえいえ、一昨日の時点で落とした伏線の多さに気付いたので
突っ込まれるかなーとヒヤヒヤしてました




680: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:38:02.75
ID:/dhuCI4o0

一つ、追記ですが
次のは1スレで終わる気がしないので移動してぼちぼち書くかもです

何かこんなの書いて欲しい!っていうネタありましたらどうぞ!

その内書くはずです!




692: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 03:58:21.89
ID:kMP04+an0

>>1乙!




667: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:20:51.30
ID:o5OIUpgq0


良い話だった




668: 女の子猫と僕がお送りします 投稿日:2011/09/03(土) 02:21:05.41
ID:x/oK+nSn0


時間かけやがって。でも最後までいてよかった



※おすすめ猫スレから読む
■こんど猫カフェ行くんだが
■萌郁「岡部君……猫、拾ったんだけど……」
■猫と散歩したいんだが


Only & One



話題のスレッド
バイト超可愛い後輩男「就活対策」 DQN寝取られアドンバイトクビで8万GET初めてのオフ会感動回文元キモヲタが超リア充に影絵おっぱい
コンビニ、俺がな?2日で会社辞めたDQNクビですあない姉に100万捨て身ゆとり会社の詠み会普通の童貞99.9999%おっぱい大学

いつもお世話になっているアンテナサイト様
ショボンあんてな2chnaviLogPo!2ch2chまとめヘッドラインブーンあんてなあんてなかんてなアテナあんてなちくアンテナオワタ避難所ぐるぐるログ
posted by 昨日みた明後日の夢 at 20:17 | Comment(9) |日記|道草|人気記事はこちら|はてブ
この記事へのコメント
  1. やっぱり猫SSは良い
    癒される
    Posted by at 2011年09月03日 20:25
  2. うちの猫も女の子になってほしいなぁ
    Posted by at 2011年09月03日 20:27
  3. もふもふしたくなるような
    良SSでした、おつです
    Posted by at 2011年09月03日 20:34
  4. ひっかく女の子はいやだけど、
    丸まって眠る女の子は可愛いなあ
    Posted by at 2011年09月03日 20:40
  5. 俺もうちの子猫と会話してみたい
    Posted by at 2011年09月03日 20:42
  6. 親がペット禁止してるけど猫を飼いたくなった
    Posted by at 2011年09月03日 20:44
  7. 子猫可愛すぎ惚れた
    Posted by at 2011年09月03日 20:47
  8. >>1乙
    Posted by at 2011年09月03日 20:55
  9. ぐるぐるポンちゃん思い出した。
    Posted by at 2011年12月07日 03:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

- ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ぼくのフライドチキンはおいしいよ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。