ショボンあんてな(´・ω・`)2chNodeLogPo!2ch2chまとめヘッドラインあんてな@かんてな NetaGearちくアンテナアテナあんてな
オワタ避難所しぃアンテナ(*゚ー゚) ぐるぐるログ 計画停電<関東>全国の放射能 <水> <雨>九州産 野菜みどり牛乳放射線測定器節電
相互RSS&お気に入りサイトさま
お気に入りサイトさま




期間限定ポイントを使って、賢くお得にお買い物♪

2011年03月22日

少女「貴方のための娼館へようこそ。存分にお楽しみくださいませ」

少女「貴方のための娼館へようこそ。存分にお楽しみくださいませ」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:11:06.27
ID:8jD4j4/00

男「娼……館……?」

少女「不思議な顔をなされてますね。もしや娼館をご存知でない?」

男「……いや、それは知ってるけど……」

少女「ああ、ご安心ください」

少女「当館ではどのような殿方にも満足していただけるよう、尽くせる限りの“遊び”をご用意しております」

少女「きっと貴方にも満足していただけるでしょう」

男「そうじゃなくてさ」

少女「はい?」

男「ここ、どこですか……」





5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:15:58.99
ID:8jD4j4/00

少女「……? ですから、娼館でございます」

男「そうじゃなくて! なんで俺ここにいるのって!」

少女「貴方が来館されたのでしょう?」

男「そんな覚えは無い」

少女「ふむ、困りましたね」

少女「きっとそれだけお疲れなのでしょう」

少女「ではまず、お部屋へご案内いたしましょう。そこでご休憩くださいな」

男「は、はあ」




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:22:31.81
ID:8jD4j4/00

メイド「私が案内しますね! ついてきてくださいな!」

男「え、誰?」

メイド「見ての通りメイドさんです! さあさついてきてください!」

男「あ、ああ」

俺はとりあえず流れのままに、元気なメイドの後をついていくことにした

少女「行ってらっしゃいませ」

後ろの方で深々と頭を下げる挑発の少女が、印象的だった




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:26:23.98
ID:8jD4j4/00

メイド「こちらがお部屋です!」

男「なんかでかくない? っていうかこの館でかすぎじゃない?」

メイド「そりゃあ由緒正しきお屋敷ですから!」

男「そ、そうなんだ」

それにしても浮世離れしすぎではないかとおもう装飾の数々
まあ、俺が一般人すぎるだけかもしれないが。

男「あ」

メイド「どうしましたか!」

男「そうだよ俺一般人! 普通の人! こんなとこにいられるはずがない!」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:31:33.51
ID:8jD4j4/00

メイド「でもいますよ?」

男「いますね……」

メイド「おつかれなんですよやっぱり!」

男「いやそんなわけないだろ」

メイド「あ、ちなみに私貴方専属のメイドさんなので、お疲れ取りとかやっちゃいますよ?」

男「話きく気ないな君」

メイド「細かい事は、気にしない!」

男「普通きになるって」

メイド「だから疲れてるんですってば! ほら、夜伽しましょ!」 

男「は!?」




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:36:22.59
ID:8jD4j4/00

よく分からないメイドが、はいていたジーパンに手を掛けようとしたので俺は慌てて制止する

メイド「あれ、疲れてないんですか?」

男「疲れてないです。じゃなくて、疲れててもそういうことしないでください」

メイド「むむう、娼館にきて遊ばないなんて、貴方変わってますね!」

男「だから来た覚えないんだっつの!」

メイド「わあ頑固!」

男「当たり前だ! なんか変な空気に流されて部屋まできちゃったけどな、俺帰るぞ! 帰る!」

高級そうな扉を乱暴に開いて、俺はその部屋から飛び出した

メイド「ちょちょ、待ってくださいー!」




28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:43:04.53
ID:8jD4j4/00

男「なんだこれ……」

先ほど自分がいた玄関ホールに戻ってきた俺は、巨大な扉を開けようとしたのだが

男「開かない、ぞ?」

メイド「あ、いた!」

男「……」

メイド「まったくー。せっかく来たのに帰るなんてもったいないですよ!」

男「いや帰りたいのは山々なんだが、扉が開かない」

メイド「あや、立て付けわるいんですかね?」

メイド「まあそのおかげで帰られないですみました!」

メイド「さすがに来館したお客さんに逃げられたとあっては、私のクビとんじゃいますし!」

男「あ、ああ」

どうやらあきらめるしかないようなので、とりあえず俺は部屋へと戻る事にした。
でもすこし気がかりだったのは――

男(あの扉、元々開けるためにあるものではないような気が……?)




29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:49:45.03
ID:8jD4j4/00

ベッド――何故か天蓋付きで落ち着かない――に座り、メイドさんと向かい合う

男「なあ、もしかしてこれ、夢なんかな」

メイド「あー、男の子のための楽園ですし、夢の国とも言えますかね!」

男「そういうつもりで言ったんじゃないんだが……」

男「……まあいいか。なんか全然思い出せないし」

メイド「お、あきらめましたか」

男「考えても本当になんもでてこないからな、今騒いでもどうしようも」

メイド「なるほど、懸命ですね! ではさっそく遊びますか?」

男「いや寝る。こういうのは大体寝て起きたら元通り」

えーえーと文句を言うメイドを部屋から追い出し、俺は毛布をかぶった
めちゃくちゃ豪勢なベッドに部屋だったが、あえてそれは全て見ないようにして。




32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:53:13.14
ID:8jD4j4/00

翌日。

メイド「おはようございますご主人様!」

男「あ、ああ……?」

メイド「朝ですよ朝。お食事をお持ちしました!」

――どうやら、昨日と状況は変わっていない模様

男「……もっかいねる」

メイド「だめですー。もう寝るのだめですー」

男「不貞腐れたいのは俺だっつの!」

メイド「ではおあいこで!」

男「なんだそれ……」




33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 21:55:35.26
ID:8jD4j4/00

朝食は正直、美味しかった

メイド「これ、私作りました」

男「ふーん」

メイド「これ、私作りました!!」

男「……ふーん」

メイド「これ……私が……」

男「そんなあからさまに褒めて欲しそうな顔すると余計褒めたくなくなる」

メイド「うう」

男「ああもう、美味かった美味かった!」

メイド「ふふ、私ってばさすがメイドさん!」

俺はとりあえずため息をつくより他なかった




36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:01:59.93
ID:8jD4j4/00

メイド「今日のご予定は!」

男「帰る」

メイド「それはこまる!」

男「いやだって、なんで俺ここにいるかわかんないし」

メイド「むむう。娼館にいるんですから、遊んだらどうですか?」

男「そうは言ってもなあ……」

男「それに娼館ってことは、金かかるんだろ。俺もってないぞ」

メイド「その点は問題ナッシング! 当館は貴方に金銭やその他の要求をいたしません!」

男「なんだ、ボランティアか? ヤったんだから一生働けとか無しだぞ」

メイド「無しです無しです! お好きなように楽しんでいただければ問題ありません!」




37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:06:01.82
ID:8jD4j4/00

男「なんか胡散臭いなあ」

メイド「むむむう。あなたは本当に疑りぶかい!」

メイド「仕方ありません、本当は秘密なのですが一つこっそりお教えしましょう!」

男「ん?」

メイド「貴方の予想通り、ここは本当に夢の世界です!」

メイド「貴方のいた現実世界とは完全に別物です!」

男「ああ。やっぱり」

なんだかすんなり受け入れられた
むしろそうでなければプー太郎の俺が――あ、そうそう俺ほぼニートだったっけ――こんな豪華な館にいるわけがない

メイド「だからお金とか気にしなくて良いのです」

男「なるほど」




39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:11:22.88
ID:8jD4j4/00

男「細かく突っ込んじゃいけないのはそういうことか」

メイド「そういうことです」

男「まあ納得してないけどな。理解と納得は別」

メイド「うわ! 頑固!」

男「うるせえ」

メイド「でもそれで良いのです。ではそろそろ、遊びに行きませんか?」

男「見るだけな、見るだけ」

メイド「え、なんでですか?」

男「き、気分だ」

そういって見せるが、本当はただ尻込みしているだけである
状況に納得がいかないし、なにより俺は――
――童貞であったのだ




41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:21:52.74
ID:8jD4j4/00

メイドについて、屋敷を歩く
今一度歩いてみてわかるのは、その巨大さ
軽く歩いた程度では、まったく全貌が見えない

幅の広い階段を下り、窓の無い廊下を少し歩いたところでメイドは止まった

メイド「ここですね」

男「ここか」

別段他と代わり映えのない扉

メイド「ささ、どうぞお開けくださいな」

男「お、おう」




43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:30:27.96
ID:8jD4j4/00

明るく照らされた部屋は、多分割り当てられた部屋と同じくらいの広さ
その中央
紅いソファーの前に

「お待ちしておりました」

白のドレスをまとった少女達が立っていた
その数、五人

男「あ、おう」

少女の誰かが言う

「どうぞこちらへ」

その誘惑は、凶悪なほどに強かった




45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:35:12.70
ID:8jD4j4/00

見るだけ、見学だけのつもりだったのに
体は吸い込まれるようにして少女達の環の中へ

「貴方のお好みを教えてくださいな」

男「そうだな……」

無意識のうちに答える
女の香りが鼻を突いて脳天を揺さぶる

それはもう問答無用で、自身を奮い立てた
頭の中が真っ白になって

少女達の伸ばす手に抵抗することはできない






47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:39:51.90
ID:8jD4j4/00

男「……っ!」

吸い付く唇に、肌をなでる指先
それを危険信号だと捕らえられたのは、ある意味自分の経験の無さだったのかもしれない

男「ま、まてまて、見にきただけだ俺は!」

いつのまにか倒されていたソファから、バッと起き上がる
少女達はそんな俺を、不思議な顔で眺めた

男「遊ぶつもりは、ない。そう、ないんだって」

少女達は悲しそうな顔をする
それはまるで「自分達じゃ満足できないのか」といっているようだった

男「いやえっと……」




48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:44:02.06
ID:8jD4j4/00

そこまできてやっと、自分が拒んだ理由に気づく

男「お、おいそれなんだ?」

彼女達の方に、皆同じようにしてあるもの

男「焼印……!?」

黒く、痛々しく
それぞれ「一」「二」「三」「四」「五」と、無駄なほどに大きく、押されていたのだ

男「おい、どういうことだ」

メイド「どういうことって、ああ、ウチで働いてますよーって証です」

男「な……」

メイド「どうかしました?」




50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:51:01.26
ID:8jD4j4/00

娼館――売春の場において、遊女に押される焼印は

男「奴隷かよ……!」

誰もそれに答えない

俺の頭はさっきとは違う感情で、真っ白になった

――その後明確にどうしたかは覚えていないのだが

気がついたときに覚えていたのは
少女達を無我夢中でその部屋から出したこと

制奴隷なんてものが許されていい道理なんてなかった




55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 22:58:48.71
ID:8jD4j4/00

男「おい、説明しろ」

メイド「説明といいましても……」

男「なんで焼印なんだ」

メイド「うーん、そういう決まりなんですよ」

一と焼かれた少女が割って入った

一「あ、あの、これ、私達が望んでやってることなので……、気にしなくても!」

男「……え?」

ニと焼かれた少女が追随する

ニ「焼印も承知の上なのです。……だから、お気を静めてくださいませ」




56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:03:10.25
ID:8jD4j4/00

彼女達は言う
今のこの場にいるのは自身の意思だと

男「おいおい……マジ、かよ」

メイド「マジです!」

少女達も頷く

三「そう、だから気にしないで。私達は貴方を喜ばせられればいいの」

四「うん」

五「ふふ、きっと心根の良いお方なのですわ」

男(あれ……?)

自分と周りの温度差に、気づく

男(あれーーー……?)




59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:11:03.36
ID:8jD4j4/00

メイド「全くひどいおっちょこちょいですね! 話も聞かずとは!」

男「いや、えーと……」

ニ「でも、あの一心な感じ、ちょっとかっこよかったです」

一「う、うん! 私も、そう思いましたっ」

三「そう? 馬鹿じゃないの」

五「まあ、そんな風に言ってはいけませんわ」

四「うん」

よく分からない流れに、俺は置いてけぼり




61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:16:33.53
ID:8jD4j4/00

メイド「ほらほら、貴方も元気を取り戻して!」

メイド「それとも人見知りが激しかったりしますかっ?」

男「いやなんていうか、ついていけてないって言うか」

一「そ、それでしたら、貴方に落ち着いてもらえるよう、私達がんばります!」

五「ええ、頑張りましょう」

彼女達はそういって微笑みかけてくる
俺はどうすればいいんだって……

メイド「そうですね、滞在期間に制限はありませんし」

メイド「ゆっくり仲良くなるのもいいですね!」

ニ「そうですね。ではこれからよろしくお願いします」

男「よ、よろし、く……?」

こうした紆余曲折を経て、俺の館での生活が始まったのであった




63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:29:10.59
ID:8jD4j4/00

館は基本的に、自由に使って良いそうだ

メイド「だけど、主様の部屋は勝手に入っちゃいけません!」

男「ういうい。人の部屋に勝手に入るほどずうずうしくないよ」

男「ちなみに、俺はいつ現実世界に返れるの?」

メイド「夢みたいな物なので、気づいた時には帰っちゃってます」

男「ああそうなのね」

昼食をとりながら話す
料理したのはさっきの少女達だった




64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:35:20.97
ID:8jD4j4/00

一「お、お口に合うと良いのですが……」

男「ん、おいしいぞ」

一「よかった」

彼女達は自身を焼印の数字で呼んでくれと言う
それはすこし抵抗のあるものだったが、彼女達自ら望むのであればと俺は了承した

男(慣れない……)

メイドを入れれば六人の女の子に囲まれているのである
しかも恐ろしい事に、全員が全員男心をくすぐるのである

男(まいった、これはまいった……!)

ニ「どうしました? 気分でも悪いのですか?」

男「あっ、いやなんでも!」

内心嬉しいと思うこともあったが、やはり俺は生来のヘタレであった
もう頭の中は半分パニック状態である……




67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:48:44.05
ID:8jD4j4/00

俺は早々に食堂から抜け、自室に向かう

男(このままいたらどうなるかわかんねえ)

自分だって男性である。
魅力的な女性が五人もいて、全員が誘ってくるとあれば耐え切る自信は無い

五「本当に大丈夫ですの?」

男「うわっ」

考えながら歩いていたから、ついてきた誰かがいたことに気づかなかった
少し背の高いつやのある黒い長髪が特徴なのは、五の印がある少女だ
俺の驚きに、五は目をパチクリとしばたかせる

五「お、驚かせてしまいましたか?」

男「……ちょっとな」




68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:53:03.69
ID:8jD4j4/00

五がついてきてるなら他の子もいるだろうと覚悟して振り返ると、誰もいない

五「ふふ、じゃんけんで勝ちましたの」

得意げに、五は笑う

男「じゃんけん?」

五「はい。勝った人が、貴方と一対一でお話できるのですわ」

五「皆でいっきに押し寄せてしまっては、きっと困るだろう、と」

男「なるほど……」

確かに、全員を一度に相手するというには、俺には難しい




70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/20(日) 23:57:05.75
ID:8jD4j4/00

五「その、やはり疑問なのですが」

五「何故、私達と、しないのですか?」

男「いや、ん、なんでかな……」

単純にヘタレである以上に理由は……
ないようなあるような?

男「恥ずかしいんだけど、俺したことないから……」

男「始めては出来れば、好きな人と、みたいな?」

自分で言ってて、恥ずかしさに顔が火照る

五「くすっ」

男「わ、笑うな」

五「いえいえ、操を立てるのは良い事ですわ」




73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:00:02.74
ID:50JL+Ypy0

五「睨んだとおり、良い人なのですわね」

男「良い人かどうかは分からんよ」

五「またまたご冗談を」

そうして話しているうちに自室へとついた

五「ついちゃいましたね。……どうです、食後の一服に」

からかうように五は笑う

男「い、いいってば。からかわないでくれって」

五「ふふ、ごめんなさい」

俺が部屋に入ると、五はそれ以上ついてこなかった




76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:03:27.80
ID:50JL+Ypy0

男「あれ」

部屋には既に先客があった

三「やっと帰ってきた」

男「なんでいるんだ? 一応俺の部屋らしいんだが……」

三「なんでって、娼館だし。部屋ってのはするところでしょ」

男「プライバシーとかはないのか」

三「プライバシーなんて、いる?」

男「いる!」

三「あげない」

男「なら聞くなよ……」




78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:10:06.26
ID:50JL+Ypy0

聞けば、三は五の次に勝ったようで、部屋で待ち受けてたとの事

三「だってこれ、貴方にとっては現実世界じゃないんでしょ?」

三「プライバシーとか気にするところ?」

男「いや、まあ、それはそうなんだが……」

なんだがあまりに意識がはっきりしすぎていて、現実のように感じられてしまうのだ
実際、完全に夢の世界ではないのだとおもう
あのメイドの言い様からして、あくまで夢の「ような」世界であるというのはなんとなく察しがついていた
元いた自分の世界を現実世界と呼ぶのならば、確かにそれとは違うと言い切っていたが……

男「一応、考えてくれるとうれしい」

三「……ふーん。ま、仕方ないわね。ちょっとくらいは考えない事もないわ」

ほっと俺は息をついた




79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:14:29.47
ID:50JL+Ypy0

三「で、えっちい事する?」

男「なんですぐそうなる」

三「私の仕事だし」

男「男を楽しませるのが仕事ならなあ、エッチい事以外もしてみろ」

娼館と名打ってるくらいだから、楽しませるってのはつまりソウイウコトをするってのとイコールだ
だけどまあ、それ以外もアリなんじゃないかなとおもって、だめ元で言ってみる

三「他の事ねえ」

三「何してほしい?」

しかし存外に、普通に受け答えされてしまった

男「む、そういわれると困るな」




81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:26:14.24
ID:50JL+Ypy0

三と印された少女は、紺色のポニーテールを揺らして俺ににじり寄った

男「な、なにを」

三「ふん、なんもしないわよ。時間切れ。次の子と交代」

彼女は不満そうに目をそらしてそう言うと、部屋から出て行った
そして変わるように、別の少女が入ってきた

一「あ、あれ、どうしたんですか? そんな胸をなでおろして……」

男「いや、なんでもないよ」

何事も無かった事に、安堵しただけである

一「あはは、なるほど。三ちゃんは押しが強かったんですね」

男「よく分かったな」

一「分かりやすい顔してましたから」




82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:40:54.18
ID:50JL+Ypy0

一「隣、いいですか」

男「あ、ああ、どうぞ」

少女が、隣にすわる
一と印された少女は、濃い茶色の髪の三つ編み左右からたらしていた
それを恥ずかしがるように弄る

一「え、えっと、貴方の事を教えてもらいたいです」

男「俺の事?」

一「はい。仲良くなるなら、知ったほうがいいかなって」

男「うーん、大した事無いけど……」

自分のことを簡単に説明する
一言で言えば半ニート。時たまバイトしながらその日暮らしの身である。




85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:47:52.50
ID:50JL+Ypy0

なのに一は、ふむふむと熱心に聴いていた

男「そんなに面白いか?」

一「はい、面白いです」

男「なんの変哲もないんだが……」

まあ、聞いて面白いと言うならいいんだろう

一「その一人暮らしというのは、誰も周りに人がいないんですか?」

男「隣人くらいはいたけど……。ああ、そういえば幼馴染がたまに遊びに来てたな」

一「幼馴染ですかー、いいですねっ」

男「そうかねえ」

男(……あれ?)

そういえば俺、幼馴染がいたんだっけ
……すっかり忘れてた




89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 00:55:32.48
ID:50JL+Ypy0

男「それはそうと、一はどうしてこんなとこで働いてるんだ?」

一「あ、それは……」

一「うーん、話すと少しだけ長くなっちゃいそうです」

一「でももう時間ですから、又後にしましょう」

男「あ、ああ。分かった」

別に急ぐ必要はない
一はにっこりと笑うと、部屋から出ていった

男「次は君か」

四「うん」




90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:05:25.03
ID:50JL+Ypy0

四と印された少女は、手にお盆をもっていた
その上にのっているのはティーカップ

四「はじめまして」

男「ん、はじめまして」

ぺこりとお辞儀

四「紅茶、飲む?」

男「ああ、いただこうかな」

落ち着くのに、飲みもというのは欠かせない

ちらりと少女を盗み見る
切りそろえられた髪はボブカット
静かだからだろうか、この子は他の子に比べて線が細かった





91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:11:18.00
ID:50JL+Ypy0

四「ここは、どう?」

男「ん、どうと聞かれても難しいが」

男「まあ、刺激の無い生活だったし、たまにはこういうのも良いかなって思ってる」

四「刺激無かったの?」

男「まあ、それは皆一緒なんだけどな」

男「平和ボケするくらい、いつも普通だよ」

男「事件とか災害とかが起こったって、自分が渦中に巻き込まれなきゃ何も無いのとさして変わらない」

四「そんなもの?」

男「そんなもんだ」

四「そっか」




93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:16:40.82
ID:50JL+Ypy0

そうして紅茶をすすりながら、静かな会話が続いた後

四「じゃあ、そろそろ」

男「うん」

四は頃合を見て座っていた椅子から立ち上がったのだった

男(最後は……)

ニ「一番負けちゃいました」

男「負けちゃったか」

ニと印された少女は、すらりとした体躯
セミロングの栗毛がかわいらしかった




94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:23:29.19
ID:50JL+Ypy0

ニ「一番最後だと、話す事が見つかりづらいですね」

男「何でも良いよ」

ニ「とは言いますが、全部聞いてましたから」

男「え?」

ニ「そこでです」

ニは扉を指差す

ニ「皆いますよ」

男「え、えー……」

ニ「私含め、皆、興味深々なんですよ。許してあげてくれると嬉しいです」

男「ま、まあ、聞かれて困る話もしてないから構わないけどな」




95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:28:22.65
ID:50JL+Ypy0

ニ「そうですね、先の話できになったのですが」

ニ「恋人などはおられないのですか?」

男「ぐっ……」

男「おられません……」

ニ「そうですか」

なんだか納得のいっていなさそうな顔で、二はクビをかしげた

男「どうした?」

二「いえ……、貴方のような人ならば、女性もよってくるかと思いまして」

男「ハハハ、冗談はよしたまえ」

ニ「ははは、冗談です」

男「あ、冗談なのね、そうだよね……」

ニ「……?」




99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:38:32.49
ID:50JL+Ypy0

二「でも、実際貴方は少し特殊だと思います」

男「なんでさ。聞いてたなら分かるだろうけど、一般人よ俺」

二「いえ。多くの男性は、女性に誘われればほとんど断りません」

ニ「ケダモノばかりです」

男「それは偏見なような……?」

二「でも、ここは貴方にとって夢のような場所。現実ではありません」

二「果たして、夢で誘われた目合いを断る人は何人いるでしょう」

男「んー、まあそりゃあそうなんだが」

男「俺みたいなヘタれってのはさ、いざってなるとどうしても手がだせないっていうか」

しないならしないで決めてしまえば良いのに
心の中で娼館なのだからしてもいいじゃないかとも思っている

男「優柔不断なだけだと思うよ」




101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:42:44.33
ID:50JL+Ypy0

二「ふむ……。では誘いではなく」

男「……?」

二「襲ってみましょう」

男「え? え。ちょ。ま。まって! すとっぷ!」

ベッドに腰掛けていた俺は、あっさりと少女によって押し倒された
肩を抑えられて、上から見下ろされる

男「お、おちつこう、な?」

二「いやならば私を拒絶してみてください」

二「男性ならば、容易でしょう」

栗色の髪の毛が頬をなでた




103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:49:27.44
ID:50JL+Ypy0

男「い、いや、えっと……」

俺が迷っている間にも、少女の手は俺の体を這う
つーっと指でなでられると、服の上からでもそれはぞくりと背筋を緊張させた

これは現実じゃない
そうだ、現実じゃない

二「もし初めては好きな人と言うのならば、そうですね」

二「手と口だけというのもアリでしょう」

男「……っ」

確かにそれでは童貞喪失にはならないかもしれない

なら、いいんじゃないか……?




108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 01:55:54.00
ID:50JL+Ypy0

二「……!」

覆いかぶさっていた少女が、横に倒される

男「……わ、悪い、痛くないか」

二「いえ、問題ありません」

俺はやはり、だめだったらしい

二「やはり、特殊かもしれません」

二は何故か嬉しそうに微笑んだ。

男「ヘタレにもほどがありますね……」

二「……」

男「ん……?」

二「いえ」

しかし俺の答えは腑に落ちない様子だった




112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:03:42.96
ID:50JL+Ypy0

時間が来て、二は部屋から去った
もうその後に続くものはなく、少しだけ、さびしく思った

窓から外をみると、まだ空は明るい

男「そういえば、今何時だろう」

かるく部屋を見回すと、アンティークの時計が鏡台においてあった
針は三時すぎを指している

男「……昼寝でもするか?」

ここは娼館であって自分の家ではもちろん無い
なのに娼館でいう“遊び”をしない自分は、まさにすることがなかったのだ

俺は体をベッドに投げ出すと、すぐに眠りへと落ちてしまった




115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:09:08.13
ID:50JL+Ypy0

目が覚めれば本来の意味での自室にもどっているのではないかと、少し期待はしていた

男「そんなことはない、か」

見上げれば天井はなく、ベッドの天蓋が俺に影を落としていた
紛れも無く、ここは自分の家ではないどこかだった

男「結構寝ちまったな」

時計をみればもう7時半
昼寝にしては少し長いようだ

男「ん……?」

そういえば、と自分に掛けられた掛け布団を見て思いだす
俺、掛け布団なんてかけてなかったような……

男「誰かがかけてくれたんかな」

なんとなく、嬉しかった
一人暮らしではそんなこと、なかったのだから




117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:13:13.96
ID:50JL+Ypy0

メイド「とんとん! 起きてますかー!」

扉の向こうで、あの闊達なメイドの声が聞こえる

男「ああ、今起きた」

メイド「それはよかった!」

言いながら、メイドは部屋へと入ってくる

メイド「ご飯の準備が整いました! お夕食です」

男「わかった」

メイド「しっかし貴方、私服のままねてましたけど、寝疲れしませんでした?」

男「慣れてるよ。家じゃいつもこうだ」

メイド「それならよいのですが、次寝るときはちゃんと着替えてくださいね」

メイド「昨日から同じ服きっぱなしですし」

男「あ……そういえば。言われるまで気づかなかった」

男「飯が終わったら、着替えるよ」




119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:21:28.87
ID:50JL+Ypy0

そうして夕食
昼よりも少し打ち解けて、少女達と話す事ができた

三「夕食作ってあげたんだから、感謝しなさいよね」

男「ああ、してるよ」

一「三ちゃんが作るのは、久しぶりだよねー」

三「うるさいな。たまには気が向く事もあるだけよ」

二「彼に“えっちい事以外にもなにかしてみろ”って言われたからですよね」

三「こ、こら! 無駄な事いわんでいいでしょーが!」

四「健気だね」

五「三は案外、可愛いところがあるのですよ」

三「だー! もう私のことなんかどうでもいいっでしょうっがッ!」




124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:29:02.01
ID:50JL+Ypy0

それはもう、賑々しいと表してよいほどの時間だった

しかし楽しい時間と言うのは本当に早く過ぎるもので
気づけばテーブルを華やかに彩っていた料理たちは、白いお皿だけになっていた

男「そいじゃ俺は引き上げるよ」

片付けを手伝おうとしたが、それは断られてしまったのだった

男「あ、そうだ。ちょっとメイドさんや」

皆がわいわいと片づけをはじめたところで、俺はメイドに声を掛けた

メイド「はいはいメイドさんですよ!」

男「風呂ってのはあるんかな」

メイド「ありますよ! 案内しましょか」

男「頼む」

メイド「いえっす! では片付けは皆さんたのみましたよー!」




127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:39:06.79
ID:50JL+Ypy0

風呂場――いや浴場は、なんとなく察してはいたけど大きかった
十人もはいれば窮屈にはなりそうであったが――

男「一人ではいるには、もったいないくらいだ」

メイド「あれ、私も入るから二人ですよ?」

男「……あほか!」

メイド「むむう、でもここしかお風呂ないんですよ!」

男「そういう話か!? まあそれなら俺が後にはいる。それでいいだろ」

メイド「それこそどういう話ですか! 一緒に入ると言っているのです!」

男「それを拒否してるんだっつの!」




131: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:45:03.47
ID:50JL+Ypy0

しぶしぶと言った様子で、メイドは引き下がった

男「はあ……、さすがに危ないって……」

一緒にお風呂など入れば、さすがの俺だってたかが外れかねない

男「……いや、俺のことだ。その前にのぼせるな」

苦笑するしかなかった

脱衣所にはバスタオルなど必要なものは一通りそろっていた
俺はさっさと服を脱ぎ捨てると、タオルを一枚つかんで浴場へと入る

男「うむ、こういう場を一人でっていうのも悪くない」

なんだかんだいって、大きいと言うのは胸をくすぐるものである

俺は少しわくわくしながら、壁沿いに設置されたシャワーで体を洗った




133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:49:06.66
ID:50JL+Ypy0

そうしておれば、湯船へとつかる

男「ふううう」

和風ではなかったから、檜風呂なんてのがあったりはしない
浴場は高そうな石で作られていて、それは浴槽も同じ
たぶんころんだらやばい

天井にはまた壮大な絵がかかれていたが、俺にはよくわからなかった

男「いいな、これ」

純和風も嫌いじゃないが、西洋っぽい感じはまた別の感慨があるというか

男「ふう」

わけのわからない状況ではあったが、お風呂にはいるとそういうのもひっくるめて
全てながしてくれるような気がした




135: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:54:47.87
ID:50JL+Ypy0

――そう、俺は完全に気をぬいていた

脱衣所から浴場まで扉などの敷居がなかったのも災いしたのかもしれない

何かのざわつきに気づいて目を開いた時そこは

四「皆でお風呂ー」

五「ふふ、たまには良いですね」

男「……は」

一「お、お邪魔してます」

男「……」

目を覆うのは石の壁じゃなくて
肌色の肉質で

男「な、なんでじゃああああああ」




137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 02:59:58.68
ID:50JL+Ypy0

三「なんでもなにも、夜にお風呂って入るでしょ?」

男「ったー、そんなこと言ってるんじゃないだろーが!」

二「まあまあ、細かいことは気にしないほうがいいです」

メイド「その通りだよ!」

男「引き下がったんじゃないのかよ!」

メイド「え? 皆連れてきただけですよ?」

メイド「一人だけ一緒にはいるとか抜け駆けじゃないですかー」

なにを当たり前な事を聞いてるんだというように、メイドは笑った

男「悪魔だ、悪魔だ!」

メイド「メイドさんですってば!」




140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:08:46.67
ID:50JL+Ypy0

ああ、どうすればいいんだ
総勢6人の女の子と湯を共にするなんて……!
っていうかみんなタオルちゃんとまいてください!
シャワーしてる子とれてるよ! 見てないけど!

男「〜〜〜」

三「あんた大丈夫?」

男「黙想してる」

三「お風呂で? へんなの」

男「我は自身と向き合わねばならぬ」

三「……?」

男「我は内なる自分と戦うのだ」

三「ねえどうしよう。壊れちゃったよ」

四「大丈夫?」

男「我は仏様へ近づくのだ」




142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:12:47.15
ID:50JL+Ypy0

男「……はっ!」

浴槽の水位が増す事を肌で感じ取る
いかん、黙想に邪念が!

男「精神統一精神統一」

五「やっぱり、入らなかったほうが良かったのでしょうか……」

すぐとなりで、女子の声を確認

一「そ、そうだね、出た方が良いかも……」

また隣で女子の声を確認

二「大丈夫じゃないでしょうか」

四「なんで?」

二「なんとなくです」

一「て、適当なこと言ってー……」

そこら中でオナゴのコエをカクニン




144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:17:32.55
ID:50JL+Ypy0

のぼせて、頭がクラクラとしだす
さすがにやばい気がしてきた

男「お、俺はでる!」

立ち上がる

一「わっわっ」
二「ふむ」
三「あらま、立派」
四「ん」
五「あう……」
メイド「ほうほう」

三者三様ならぬ六者六様

男「へ?」

何事かと下を見る
元気に屹立した自身の愚息が、そこにいた




146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:26:54.18
ID:50JL+Ypy0

三「まったく。のぼせると面倒なのに」

気づくと、自室のベッドの上で俺は横たわっていた

男「あれ……」

あの後がむしゃらにこの部屋までにげきたのは覚えているのだが……
その後どうなったか良く思い出せない

五「良かった、目を覚ましましたわ」

ゆったりとした涼しい風が、頬をなでる
どうやら、扇であおがれいるらしい

四「大丈夫?」

男「ん、ああ。大丈夫」

はあ、と俺はため息をつく
気を失うほどとは、よほどあせっていたのだろう




148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:30:38.86
ID:50JL+Ypy0

男「ん」

頭に、やわらかい感触を感じる
枕のものでないのは当然で……

三「どしたの」

真上にあるのは三の覗き込む顔

ああつまり

男「膝枕、か」

三「そうよ」

二「じゃんけんで三に決まりました」

男「そ、そうか……」

普段なら飛び上がるところだが
今の俺にそんな元気はなくて、しかたなくそのひざに甘えることにした




149: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:34:06.02
ID:50JL+Ypy0

二「ちなみに、洋服の着替えは私がしました」

男「え?」

はっ、と自分の服を見る
なるほど、寝巻きに変わっていた

男「そ、そっか……」

二「大丈夫ですよ、何もしてませんから」

突っ込む気力もなかった

五「お疲れですわね」

男「そりゃな」




151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:42:33.23
ID:50JL+Ypy0

俺と同じく、他の子たちも服を着替えていた
白いドレス、いや、ワンピース、か

サテンの質感が、妙に気持良い

二「服が気になりますか?」

男「ん、ああ。良い服だなって」

五「ふふ。なんていうか知っていますか? このお洋服のデザイン」

知るはずもない、と答えようとして止まる
ファッションなんか全然興味ないし、たぶんこの服は時代物だろうから俺とはそりゃあ縁遠いとおもうんだけど……
なんかどこかで、聞いたことがあったような

男「エンパイア・スタイルだっけ」

そうだ。たしかそんな名前

三「あれ、良くしってるね。詳しいの?」

男「いや、そういうわけじゃないんだけど、どっかで聞いた事あったかなーって」




155: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:47:10.90
ID:50JL+Ypy0

着替える前のドレスもそれと同じだったと思う
まあそういう変な知識ってのは、どっかで小耳に挟むことくらいあるだろう

メイド「あ、おきてますねー」

扉が開いて、メイドと一が入ってきた

一「冷たい飲み物をお持ちしましたよ」

メイド「特性ミックスジュースです! とっても自信作ですよ!」

三「飲む?」

男「ああ」

三「んじゃおきて」

男「悪いな、足しびれなかったか」

三「大丈夫よ。これくらいでしびれるほど柔じゃないわ」

男「はは、そっか」




157: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:51:24.72
ID:50JL+Ypy0

そうして皆で、特性ミックスジュースとやらを飲む
体にしみこむようなおいしさだった

メイド「……さっきはすみませんでしたっ」

男「ん?」

メイド「いやさすがに倒れるとは思ってなくて……。気を悪くしたなら悪いなと思いまして」

男「ああ。いや、別に構わな……いや構うけど、次がなければ気にしなくて良い」

メイド「ありがとうございます、ご主人様は寛大ですね!」

男「適当いうなあ」

メイド「ささ、これはお詫びのしるしです、どうぞ何杯でもぐいぐいいっちゃってください!」

男「おう」




159: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 03:55:44.99
ID:50JL+Ypy0

その夜、俺は夢を見た

男(ここは……俺の部屋か?)

上から眺めるような感覚からして、夢だというのははっきりと分かる

男(あれは……)

ちらかった部屋の中央に、俺が座っていた
そしてその隣で、雑誌を広げている女が……

男(幼馴染、だな)

彼女は何かを言っていた
俺はそれを聞こうと、耳を澄ましてみる




160: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:00:24.62
ID:50JL+Ypy0

幼馴染「ねえねえ、今度ドライブいこうよ」

幼馴染「桜とか、きれいじゃない!」

手に持っているのはどうやら、旅行雑誌らしい
そのページを指差しながら、しきりに俺に話しかけていた

男(ああ、そういえばそんな話をしてたっけ)

幼馴染「もう、聞いてる?」

俺は生返事

幼馴染「全く。ドライブいかない? 運転してあげるから」

しかし曖昧な答え

男(気恥ずかしくて、あんまりちゃんと答えられなかったんだよな……)

幼馴染といえば、小さい頃から付き合いのある友人だ
そんな彼女が、故郷から離れて一人暮らししているというに毎度遊びに来てくれていた
なんていうかそれがとってもむずがゆくて
嬉しいのだけど素直に喜びを表せてなかったのを良く覚えている




161: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:04:11.53
ID:50JL+Ypy0


………

男「ん……」

目が覚めると、朝だった

男「幼馴染、か」

そういえばいつもああやって誘ってくれていたなと思い出す
それで遊びにいったのは、あまり多くなかったが

男「この夢から覚めたら、たまには付き合ってやるか……」

夢での光景を客観的に見たら、なんとも幼馴染がいたたまれなかったのだ

メイド「朝ですよー起きてますかー」

男「ああ、起きてるよ」




163: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:11:59.89
ID:50JL+Ypy0

朝食はまた賑やかなものだった
最初は何がなにやらわからなかったが
今は正直、こんな空気が好きになっていた

朝食が終わる頃に、ふと思い出す
そういえば、俺はすることがないなと

一「じゃ、じゃあ、しますか?」

男「しないっての」

一「あう」

四「娼館なのに」

三「ねー」

二「ヘタレですからね。まあ、気が向いたらいつでもお相手させていただきますよ」

男「へいへい」




167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:16:23.70
ID:50JL+Ypy0

五「では、お屋敷の散策などいかがでしょう」

男「お?」

五「まだあまり見ていないのではありませんか?」

男「ああ、言われてみれば確かに」

男「これだけの屋敷だ、見て回れば一日くらいはつぶせるかもしれん」

男「良い案だな」

五「ふふ、お役に立てて光栄ですわ」

男「そんな大仰な」

メイド「じゃあ私が案内してさしあげますよ!」

男「頼む」




173: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:26:20.31
ID:50JL+Ypy0

自室に戻り、私服に着替え――あれ、服ないんだけど

メイド「ああ、お洗濯中ですっ」

男「そうなのか……。これで歩き回るのもなんだな。なんか服ないか?」

メイド「ありますよ!」

メイドはこれぞ仕事といわんばかりに、部屋にしつらえられたクローゼットを開ける

メイド「お好きなのをどうぞ!」

男「うへ、見たことない服ばっかだな」

メイド「気に入りませんかっ。結構良いものばかりですが!」

男「できれば、もっとラフなやつない?」

メイド「んん、しかたありません」

と言ってメイドは、クローゼットの下の引き出しを空る

メイド「こんなもんですかね」

Yシャツとスラックスが出てきたので、俺はそれを着ることに決めた




174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:34:02.85
ID:50JL+Ypy0

さっそく館内を回ろうと、部屋を出る
自室の前は窓の無い廊下で、右を見れば突き当たりだった

メイド「当館は地上三階、地下一階の構造となってるんですけど」

メイド「上から行きます? 下から行きます?」

男「うーん、じゃあ上からで」

メイド「了解ですっ。ではまず玄関ホールへ向かいましょう」

この部屋から玄関ホールに行くには、廊下を一度曲がれば良い
曲がるまで、自室以外の扉は無かった

メイド「お客様専用のVIPルームですからねーあそこ」

疑問に思って聞くと、そう答えられた
なんだか無駄に広くて豪華だとおもったら、特別な部屋だったのね




176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:45:08.06
ID:50JL+Ypy0

玄関ホールには、左右に廊下が二本と、普通サイズの扉が一つ。それと玄関口になる大きな扉があった。
中央には、二階へとつながる踊り場付きの立派な石の階段がどっしりと構えている
見上げると三階まで吹き抜けとなっていた

その階段を上り、二階へ向かう。二階の吹き抜けを一度反対側へと回ってから三階へと上った
意外にめんどうである

メイド「三階は、ご主人様の部屋と、図書室。そして私の執務室がありますー」

左右に伸びる二つの廊下は、それぞれ途中で折れている
折れるまでに扉は見えないから、その折れた先に部屋があるのだろう
二つの廊下の左側をさして、こちらに私達の部屋がある、とメイドは言った

男「じゃあそっちはみなくてもいいか。図書室を見せて欲しい」

メイド「はーい!」




180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:53:12.23
ID:50JL+Ypy0

図書室は電気をつけても一番奥が見えないほど広い
曰く、ご主人様――俺じゃなくて、この屋敷じたいのね――は、本を集めるのが好きらしい

男「はあ、すごいなこりゃ」

おれは驚くばかりであった

一通り図書館内を歩いてみて、満足したころに二階へとおりた

二階にはいくつもの部屋があったが、大半は空き部屋なようだ
使っていても、ほぼ倉庫のような状態だったが
それらを一つ一つ開けて見ながら歩いたので、それだけで結構な時間がかかった

時間はとっくに昼を過ぎていたが、部屋を見るというのは中々におもしろくて
そんなのはおかまいなしだった

そうして、俺達は一階に戻ってくる




181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 04:57:09.34
ID:50JL+Ypy0

男「いやあ、大きいな」

二階で一番おもしろかったのは、遊戯室
つかってはいなかったが、色々面白そうなものが置いてあった

メイド「お褒め頂き光栄ですっ」

嬉しそうにメイドさんは笑う

男「一階は、いつものダイニングと厨房、それと浴場くらい?」

メイド「それと、サロンがありますよ」

男「サロン?」

メイド「んー、談話室、ですね」

男「なるほど」




182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:01:12.57
ID:50JL+Ypy0

男「ってことは、あの扉がそれかな」

俺は玄関ホールの一つにとりつけられた扉をさして言う

メイド「あー……」

メイド「あれはちょっと別物ですね」

男「あ、そうなのか。何があるんだ?」

メイド「別館につながってますね」

男「別館!? すごいな」

メイド「必要ですからねー」

男「今そっちは入れないのか?」




183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:04:51.44
ID:50JL+Ypy0

メイド「入れないって事は無いんですけど、それはまた別の機会にしませんか」

メイド「結構歩きましたし、ね」

まるで行きたくなさそうにも見える言動で、メイドは言う

男「ん、そうだな」

興味はあったが無理に行く必要もないし、俺は素直に従った

が、一つ気になったことがあるので聞いてみる

男「扉のとなりのあの飾り、壊れてないか?」

小さめの机の上に、大き目の綺麗な石が二つつんであった
しかしその隣に、さらにもう一つ、石が置いてある――いや、落ちている

メイド「ああ、あれはあれで良いのです」

メイド「そういった置物なんですよ」




184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:08:41.54
ID:50JL+Ypy0

男「そっか」

取り立てて芸術の分かる自分ではない
だから特に深く聞くことも無く、俺達はそのまま食堂へと向かった

三「あ、やっと来た」

五「散策は、終わりましたか?」

食堂には、三と五の二人。

男「ああ、なんとかな」

三「結構時間かかってたね」

男「広くてな」




187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:12:15.37
ID:50JL+Ypy0

五「ではかなり遅いですが、昼食を」

男「いやいいよ、今食べたらなんか中途半端だし、夜が食べれなくなるかもしれないし」

三「あ、私の当たりー」

男「え?」

五「あはは、負けました。いえ、遅くなっても昼食を取るか取らないか、なんて話をしていたのです」

三「そういうこと。だからね、おやつを作っておいたのよ。つまむくらいならいいでしょ」

男「おお、ソレは気が利くな」

メイド「ではさっそく準備しちゃいましょう!」




188: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:17:42.92
ID:50JL+Ypy0

残りの三人―― 一と二と四――は、サロンでくつろいでいるとのことだったので
おやつはそちらに持っていくことにした

四「あ、良い匂い」

五「ドーナツと、クッキーですわ。簡単にね」

二「これはまた、美味しそうですね」

三「中々良い出来よ」

横長のテーブルに、それらを置いていく

メイド「お紅茶はいりましたよー」

一「わ、ありがとうございます」

すぐに場は賑やかなものへとなっていった




192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:31:21.92
ID:50JL+Ypy0

男「あ、そういえばさ」

屋敷を歩いてて、気になったことがある

男「皆は、どこで寝泊りしてるんだ?」

二「ああ、地下ですよ。最初に会ったでしょう」

男「え、あの部屋?」

五「違いますわ。あそこは接待室。お客様をお迎えするところです」

五「それとは別に、廊下の奥に別々の部屋がありますの」

男「ああ、そうなんだ」

そういえば地下はさっきいかなかったなーと思い出す
ちなみに地下へつながる階段は、玄関ホールにある階段の裏だった




196: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:41:31.37
ID:50JL+Ypy0

俺にはもったいないくらい品の良い紅茶の香りと、甘いお菓子の匂いにつつまれて
なんだかとても幸せだなあと俺は思った

男「そういえば散策してる時に、遊戯室を見つけたんだが」

男「明日遊ばないか?」

五「わあ、良いですわね」

二「そうですね、行きましょう」

皆快く了解してくれた
本当に、のんきなものである


そうして、日も暮れだす頃、解散となった
夕食の準備らしい

料理に関して俺は全く役にはたたないが
だからといって他にやることもないので、俺はそれを見せてもらう事にした




197: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:47:43.63
ID:50JL+Ypy0

これまた厨房は広かった

一「な、なんか見られていると恥ずかしいですね」

メイド「これはもしや調査ですね!?」

メイド「仕事をしっかりしているか、俺がみてやるぜー! なんて!」

男「別にそんなこと思ってないよ」

男「興味があっただけだ」

四「ふふ、気合はいる」

二「がんばりましょー」

話していられたのは最初だけで、皆はせわしなく動く
たぶん、あらかじめ分担がきまっていたのだろう

少し寂しかったので、俺は厨房を歩きながらどんな事をしているのかと手元を覗いてみることにした




199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:49:52.31
ID:50JL+Ypy0

――のだが

三「ああこら! ちょろちょろ歩かない!」

男「わ、悪い」

ひょいと退くと

五「っとと、危ないですわ」

五にぶつかってしまった

男「ご、ごめん」

厨房そのものはそこそこ広いが、全員が動きだすとたちどころに狭くなってしまったのだ

男(動かない方がいいな……)

俺はすぐに、部屋の角においてあった椅子へと非難するのだった




201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 05:57:46.50
ID:50JL+Ypy0

そうして夕食

四「肩身狭かった?」

男「ああ、正に」

四「よしよし」

四は頭をなでるしぐさをする

男「きっと、調理場に男が入るのがいけなかったんだな」

三「あはは、端っこで縮こまってるのは、見ててちょっと面白かったよ」

男「ぐう」

五「ではおやつ作る時にでもいらっしゃってください」

五「そのときなら、そうあわただしくもないですし」

男「ああ、ありがとう」




203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:03:29.13
ID:50JL+Ypy0

二「それに、今日は皆いつもよりやる気でてましたよ」

二「貴方がいたから、だと思います」

男「そ、そうなのか……?」

二「はい」

俺はどう答えて良いか分からなくて、頭を掻く
とりあえずフォローだと受け取っておこう

メイド「落ち込んだら、これ!」

メイド「この特製ミックスジュースを飲んで、元気になりましょう!」

男「ああ、そうするよ」

あれはおいしくて、俺は好きだった

その日の夕食もこうしてつつがなく終了した
そして自室に戻ると、寝巻きに着替えてベッドに横たわる
今風呂に入ればきっとまた皆が来るだろうから、今日は早く寝て夜中に行こう、という考えだった




206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:12:13.95
ID:50JL+Ypy0

夜、また夢をみた
昨日と同じシチュエーションのようだ

幼馴染「このまえのドライブの話なんだけどさ」

幼馴染「この日に行こうって言ってたじゃない?」

男(そうだ……、確かあの後、結局行く日をきめたんだ)

男(幼馴染任せで、俺は頷いてただけだったけど)

幼馴染「でもごめん! その日別の予定が重なっちゃって!」

幼馴染「だから別の日にしてもいいかな」

男「ああ、うん。構わないよ」

幼馴染「……ごめんね」

男(そうだ、それで結局、いかなかったんだっけ……?)




207: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:18:10.32
ID:50JL+Ypy0

男「ん……」

真夜中に目が覚める
早朝というには少し早すぎる時間だった
狙い通りである

男(あいつ……。出かけるのなんていつでも良いのに、なんであんなに謝ってたんだろう)

俺はどうせ頷いていただけだ
俺は別に予定があるわけでもないし、決めるのも変えるのも、彼女の自由だった

男(いや……、違うな。決めるときは確か、そうだ)

男(俺が適当に、この日でいいんじゃないか、なんていったっけ)

なるほど、俺が適当に指した日が、彼女には「男が行きたい日」だと勘違いしたのだ
そう考えれば、ああして謝っていたのも説明がつく

男「なんかますます悪い事してんな俺……」

その場ではあまり気づかないものなのだなと、少し後悔した




211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:23:56.82
ID:50JL+Ypy0

男「風呂はいれば、さっぱりするかな」

変な気持になったので、切り替えるために俺はすぐに部屋からでた

廊下は昼間と比べて薄暗い
実際光量がおちているというのもあるだろうが
何より、人がいないということが、薄ら寒さを感じさせるのだ

若干怖気づきながら、そそくさと廊下を抜けて浴場を目指す

男「あれ」

玄関ホールを通り過ぎようとした時、別館へつながっているとメイドが言っていた扉が開いた

少女「あら」

出てきたのは、一番最初に会った少女だった




214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:32:49.37
ID:50JL+Ypy0

少女「こんなお時間に、どうされました?」

少女は人当たりよく微笑んだ

男「ちょっと起きてしまったので、お風呂にでもつかろうかと」

少女「まあ、そうでしたの」

男「貴方は……?」

少女「私? ああ、別館へ少し用がありましたので」

少女「今はちょうど、その帰りです」

男「あ、なるほど」

やはり、あの扉は別館へと通じているらしい
疑っていたわけではないが
こんな大きな屋敷のほかに、さらに別館がある。というのも少し信じづらかったのだ




216: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:39:12.35
ID:50JL+Ypy0

少女「……ところで、調子はどうですか?」

男「調子?」

少女「……ええ」

何を言っているのか図りかねて、答えに窮する

少女「ふふ。……そう、まだまだなのね」

男「……?」

少女「そうですね、ここで会えたのも何かの縁かしら」

少女「多少の助言くらい、いいのかもしれない」




218: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:46:51.95
ID:50JL+Ypy0

少女「ねえ、お客様。仏の顔も三度、と言う言葉をご存知?」

男「あ、ああ。知ってる」

男「仏さんは三度までなら許してくれるけど、四度目は許してくれないってこと、ですよね」

少女「いいえ。それは“仏の顔も三度まで”っていう、間違った言い伝え」

少女「本当は、“仏の顔は三度”と言うの」

少女「だからね、仏様が許してくれるのは二度まで」

少女「三度目は、もう呆れてしまっているのです」

少女「仏様がいなくなってしまえば、きっとそこには鬼が来る」

少女「ふふ、気をつけてくださいね」

男「……」

少女は言うだけ言うと、もう話す事は無いという風に会釈して、俺に背を向けた
そして階段の上の暗闇へと消えていったのだ




220: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:53:14.86
ID:50JL+Ypy0

男「ふう」

風呂につかり、少女を思い返す

男(仏さん、二度までしかゆるしてくれないのか……)

思っていたより一回少ないだけで、とたんに仏様が人間くさくなった気がした
……とか言ったら怖いお兄さんに怒られちゃうか

でも助言って言っていたのが引っかかる

一体何を俺は助言されたのか、さっぱり分からないのだ

男「まあ、夢だし」

メイドさんはきっぱりとそういっていた
気づいたときには醒めている、と

深く考える必要もないのだろう
今はただ、この暖かい湯が心地よかった




222: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 06:58:20.12
ID:50JL+Ypy0

一時間近く掛けてゆっくりと湯を楽しんで、俺は浴場を出た

男「いやはや、良い湯だった」

これで牛乳があれば最高なのに――いや、さすがに洋風の風呂に瓶牛乳は似合わないか

男「あれ?」

何かもう一つ、ひっかかる
タオルでごしごしとこすりながら、思考を集中する

男「あ!!」

あの少女『帰る』と言っていた
そしてあの階段を上って消えた
そしてそして、あの階段の上にあるのはあのメイドの部屋と――ご主人様だけ

男「も、もしやあの少女が、ご主人様か……!」

とんでもないことに気づいた、と俺は思った
あたっているかどうかは分からないが……あまり触れて良い話でもない気がする

男(とりあえず、そっと心にしまっておこう……)




224: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 07:04:46.67
ID:50JL+Ypy0

朝食を伝えに、メイドが来た

メイド「あれっ、はやい!?」

既に私服に着替えていた俺を見て、彼女は驚く

男「ま、ちょっとな」

メイド「……! この匂い、さては風呂に入りましたね……?」

男「おお、よく分かったな」

メイド「なんでですか! なんで誘ってくれなかったんですか!」

メイド「お背中も、ええもちろんどこもかしこも、特に息子様も! 綺麗に洗って差し上げるのに!」

男「ああたぶんそうなりそうだから誘わなかったんだよ」

メイド「ひどい!」




230: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 07:17:40.62
ID:50JL+Ypy0

朝食後、昨日の約束どおり俺達は皆で遊戯室へとやってきた

男「ビリヤードにダーツ、そっちはテーブルゲーム台か」

五「カラオケもありますわね」

メイド「いえっす! 一通りそろってます!」

男「しかしどれも初心者だな……。ビリヤードなんてやったこともない」

四「私もない」

何人かが頷く

メイド「やるのであればお教えしますがっ」

男「いや、皆結構やった事無いみたいだし、とっつきやすいテーブルゲームかダーツにしよう」

そうして俺達はまず、ダーツから取り掛かることになった




232: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 07:24:24.04
ID:50JL+Ypy0

詳しいルールを決めてやる必要もなかったので
とりあえず順番に三回ずつ投げてボードの得点を競いあうということになった

メイド「では私は得点係でっ」

男「え、やらないの?」

メイド「ふふふ、私はメイドですから! 一緒に遊んではいけません!」

男「なにをいまさら」

メイド「それにですね、私が参戦しては……」

メイドは持ってきた箱にはいっていたダーツを一本取り出して、軽く投げる

メイド「ほら、ね」

完全に、中心を射抜いていた

男「おお……」

メイド「そんなわけで、私は得点と、助っ人係でもやらせていただいちゃいます!」




234: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 07:31:40.14
ID:50JL+Ypy0

そうして始まったダーツ大会は、やはり盛り上がった

一「あ、あたりません……」

メイド「ダーツはですね、こう投げるのですよっ」

なんて言って、一の手をとって、一緒に投げてみせるメイドさん

一「わっ、すごい!」

メイド「ふふふ、さすがメイドさん!」

参戦していないというのに、大張り切りである

二や三は、案の定というか負けず嫌いだった

二「負けてられませんね……、こういうのはそこそこ得意なのです」

三「ちょ、なんでよ! あたんないこれ! ダーツがおかしいんじゃないの!?」

男「ものすごい責任転嫁だな」

三「うっさい! あんただって当たってないじゃない!」

男「それとこれとは別だ」




236: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 07:37:22.66
ID:50JL+Ypy0

四は黙々と投げると言った感じだった

男「やるたびにうまくなるな」

四「ふふ」

五はあまり熱くならないようで、付き添いのお姉さんと言った感じのノリである

五「ううん、あたりませんわね」

メイド「こうですよ、こう!」

五「こうですか?」

メイド「そうそう!」

五「えいっ……っと。お? おお、少し真ん中にちかくなりましたわ」

でも喜ぶ姿は、なんていうか無邪気で
そのギャップはそそるものが――って何考えてるんですかね




238: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 07:43:50.32
ID:50JL+Ypy0

昼までそれは続いた
案外皆やりだすとすぐにはやめられないタイプらしい

だから途中で五が消えていた事にきづかなくて――

五「さあみなさん、お昼ご飯ですよ」

と言ってサンドイッチやおにぎりを持ってきてくれたときには、さすがに驚いた

五「朝から作っておいたのです」

五「きっとみんな、熱中しちゃうかなと思いまして」

四「やりおる」

二「もてますね彼女」

メイド「もてますな、彼女」

五「ちょ、何をいってるんですの! ほら、ちゃんと椅子にすわってくださいな!」




241: 投稿日:2011/03/21(月) 07:58:23.96
ID:50JL+Ypy0

だめだごめん、さすがに11時間もぶっとおしはちょときつい
少し休憩させてください




361: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 16:45:03.72
ID:50JL+Ypy0

テーブルゲーム用においてある椅子に座り、昼食を摂る

男「なんかピクニックみたいだな」

メイド「室内ピクニックとはまたマニアックですね!」

男「そ、そういう言い方――」

二「そうですね。いつも中でやる事を外ですると盛り上がりますが」

二「その逆ですね、これは」

三「野外プレイならぬ屋内プレイか……味わい深い」

男「うわー。うわー」

俺は顔を覆う。何故とめようとした話を続けるのか!っていうか単語までいらねー!

五「あら、これも逆ですわね。下のお話に頬を紅くするのは女性と決まっていますのに」

メイド「と、言う割りには頬が赤いですな奥さん」

五「……っ!」




371: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 16:53:05.79
ID:50JL+Ypy0

昼食を終えて始まったのは、トランプだった

ババ抜きからはじまり、ちょっと凝ったのをやってみようといって大富豪に移り
メイドさんがノリノリになってカジノ気取りなことをはじめてからはポーカーやらブラックジャックに盛り上がった

メイド「うわ、貴方……」

男「も、もう少しチップ貸してくれ……」

俺は惨敗だった
特に運要素の強いカジノゲームは、何故か全然勝てない

メイド「あなたこれがリアルカジノだったら大破産ですよ」

メイド「いいとこパンツ一枚じゃないですか」

男「お、俺はカジノ行かない方がいいな……」




372: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 16:55:45.44
ID:50JL+Ypy0

――というかだな

一「す、ストレート!」

三「なんのフルハウス!」

とか

男「よおおしフルハウス!」

四「フォーオブアカインド」

男「ええええ」

なんていう恐ろしい戦いが繰り広げられていたのだ
そんな中で戦い抜くほど俺に技量なんてなかったのである……

三「あはは、よしよし。落ち武者みたいにボロボロだねえ」

男「拙者、慰めなどいらぬ!」




376: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:02:29.09
ID:50JL+Ypy0

そのまま気づけば時は過ぎ
昨日と同じく夕食の前に解散となったのだが

男「ちょ、ちょっと悔しいから終わったら続きを……」

メイド「わっ、ギャンブルで転落する人のテンプレートな発言!」

メイド「借金つくりまくって彼女に背負わせるようなダメ男ですね!?」

男「だ、大丈夫だ。カジノどころかパチンコもスロットもやったことないからっ」

二「でもこれからやるんですか?」

男「やらないって!」

という会話があって、夕食後は皆俺の部屋にあつまって、トランプの続きをすることになった




379: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:09:46.07
ID:50JL+Ypy0

トランプはおおいに盛り上がって、それは日をまたぐくらいには続いた
その元気をくれたのは、メイドさん自信の特製ミックスジュースだろうか

だがさすがに時刻が一時を過ぎ二時に迫ると

三「うー、ねむいー」

脱落するものが現れ始めた

男「元気なくせに一番最初にねるのか」

メイド「私はまだまだ元気ですが!」

三「私夜弱いのよ……。夜更かし結構、苦手で……ふわあ」

ろれつが少しずつ回らなくなって、三はうーとうなる

男「お前が夜弱いって、なんか冗談みたいだな」

三「う、るしゃい、なあ」




380: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:19:49.66
ID:50JL+Ypy0

とろんとした目は虚空を見つめ

男「うっ……」

そのままことりと三は倒れた
――どちらにでも倒れようがあったはずなのに、なぜか……俺の方に

二「そういう堕し方……落し方とは、考えましたね」

一「い、いや、そんなこと考えてないんじゃないでしょうか……、ほら」

三はもう、完全に眠りこけていた
俺のひざで、しかもこちら側を向く形でまるくなって

男「……」

気にすれば、気にするたび、どんどん気になってしまう
ポニーテールを解いていたから、なんだかすこし違う気がして胸が沸く
髪は三の整った顔にかかりそれはなんとも妖艶で
鼻息はズボンの上からでも、ふとももをぬるくあたためた




381: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:25:11.51
ID:50JL+Ypy0

男(だめだ! 本当に堕ちる!)
それはやはり経験の無さからくる危険信号なのか――

男「と、トランプ続けようか!」

――俺はごまかすためにそう言った

メイド「ふふ、顔があせってますな」

男「あせってない」

メイド「まあ構いませんが、集中できなくてもっと負けまくってもしりませんよう?」

男「うっ……」


結局俺はゲームに集中できなくて、メイドさんの言うとおりになったのは言うまでも無い
夜はゆっくりと、更けていった




387: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:33:48.02
ID:50JL+Ypy0

男(あれ……)

いつの間に寝ていたのだろうか
それはまた、夢の中

夢の中の俺はあさってのほうを向きながら、幼馴染に聞いていた

男「そういえば、予定ってなんなんだ?」

俺はこの時、内心ではドライブに行く事を楽しみにしていたんだ
でもそれがだめになってしまって、気にしていないように振舞っていたけど
せめてどんな理由でか、くらいは知りたかったのだ

幼馴染「あ、えっと、同窓会だよ」

俺が自分から聞いた事が嬉しかったのだろうか
幼馴染は少し頬を緩ませながら言う




389: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:39:19.83
ID:50JL+Ypy0

男「そ、そっか」

彼女が一人で行く同窓会といえば、高校のものだろう
中学までは一緒だったけど、高校からは専攻が別々だったから、こいつとは他の学校にいったんだっけ

幼馴染「……行って欲しくない?」

幼馴染「も、もし行って欲しくなかったら、その、ドライブ優先してもいいかなー、なんて」

男「い、いや、ドライブはいつでも行けるけど、同窓会ともなるとそうはいかないだろ」

男「いってこいよ」

幼馴染「……いいの? わ、私べつに、皆とは連絡とってるし、すきなときにあえるから」

幼馴染「高校の同窓会に、わざわざ行く必要もないかなって、思ったり……」

男「い、いいよ。そんな気を使わないでも」

幼馴染「……うん」




391: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:44:32.92
ID:50JL+Ypy0

ふと夢の景色が消えて、意識が戻る

男「ん……」

どうやら、目覚めたらしい
部屋は暗いから、まだ深夜のようだ

男「ん……?」

何か冷たいものを感じる
ああ、これが気になって俺は目を覚ましたのか、なんて納得した

男「……」

冷たいと思う部分、下腹部を見る

男「おい……」

そこには涎をたらしながら、三がすやすやと眠っていたのであった




393: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:53:28.65
ID:50JL+Ypy0

雑魚寝をしていたようだが、体はあまり痛くない
それはたぶん、この柔らかいお高そうな絨毯のおかげだろう

男「……」

絶賛爆睡中の三は、何故かこう上手い具合に俺の股の辺りに頭を乗っけていた
口元はふとももの辺りにあり、その周辺は涎のしみこみによって少しひんやりとしている

周りに目をやると、皆この部屋で寝てしまったのが見て取れた

そうして目を戻す

男(……や、やばいって!)

自分の意に反して、我が宝刀は、頭を擡げはじめていた
それは止まれと命じて止まるものではない






394: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:57:17.84
ID:50JL+Ypy0

男(嗚呼……なんてこった……)

ジーパンであればそれも気づかれなかっただろう
しかし今の装備は柔らかい寝巻き
その布地はしっかりと、裡に収める其の姿を代弁していた

ありていに言えば
盛り上がってしまったのである

男(ちょ、ちょ!)

自身の其は大方の皆様方と同じく右曲がり
そして、三が頭をおいているほうも右

男(ああ……!)

其は大きくなりながら、勢力と精力をましながら
三の方へ進行していったのである




400: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 17:59:46.24
ID:50JL+Ypy0

あ、ごめん、右じゃない左だ

さっきのとこ左曲がりに修正してください




406: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 18:06:05.03
ID:50JL+Ypy0

ついに肥大化が終わったところで、安心できるものではない

その先は、彼女の眉毛の辺りに当たっていたのだ
それもかすって、とかではなく
押すように、である

三「ん……」

男(……ちょおお!)

童貞の呪いなのか
それはなんにもしていない、ただあたっているだけのはずなのに十分――気持よくて

でも飛び上がれば他の子がびっくりしてしまう
せっかく皆気持よさそうに眠っているのに、それはあまりにひどいことではないのか

男(ど、どうすんだよ……)






407: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 18:09:37.80
ID:50JL+Ypy0

男(で、でも……)

悪魔が言う
この感覚を愉しんでいたところで、誰も咎めないじゃないか

男(そ、そうだ、誰も見てないし、三だって寝てるし……)

天使が言う
手を出さないって決めたんじゃないの!? 男なら徹底しなさいよ!

男(そ、そうだよな……、やっぱ愉しむわけには……)

男「ぐうう」

しかし心中の戸惑いは、次の瞬間に打ち砕かれた

三「ん……んにゃ……」

三「ん……? ……。…………。あら」

三が起きてしまったのである




411: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 18:18:12.92
ID:50JL+Ypy0

じっと見詰め合う事十秒ほど
たらりと顔を汗が流れる

三「やあ」

男「や、やあ」

悪戯娘のような微笑

三「これ、なーに?」

周りを気にしてか、声は小さくささやくように
それがさらに淫靡さを増していた

男「……なんでもないから、ほら、起きたなら、な。そっちいけって」

三「いいの? このままで」

男「い、いいよ。黙ってりゃ収まる……」

しかしその空気に俺はもう頭をやられていた
匂いだってやばい
部屋中に女の子がいて、しかも彼女達は一日中俺につきあっていたから風呂にも入っていなくて
充満するのはそれはもう、すさまじく心をゆするのだ




413: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 18:22:19.19
ID:50JL+Ypy0

ごめんなさい、ちょいと呼ばれたので、いったん休憩とさせてください
遅くとも三時間後には再開できると思います




451: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 20:36:16.06
ID:50JL+Ypy0

三は答えず、その盛り上がりに目をやる
そして――

男「お、おい……」

軽く、なでた

三「こんなになっちゃってるよ」

男「……っ」

三「……」

しかし俺は制止できない
欲情に負けていると言われれば言い訳は出来ない
だけどそれだけじゃなくて

その目に宿っていた悪戯な輝きが、いつのまにか形を潜めていたのだ
変わりに見えるのは――戸惑い……?
嬉しそうだったり、悲しそうだったり、つらそうだったり、困惑していたり
触れるたび、三の表情は如何様にも変わったのだ




455: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/03/21(月) 20:41:31.14
ID:50JL+Ypy0

しtっとりと、空気が湿っていた
夜、明かりは窓から差し込む月明かりだけ

三「なんで」

三「なんで……、こんなになってるのに」

三「目の前にたくさん、ソレを満たす道具があるのに」

三「何もしない、……かなあ」

まるで独り言のように静かに。からかう風では全くなく

三「……おかしいよ」

男「……そう言われてもな」

この頃になれば、俺自身、そうやって拒む理由は、なんとなく分かっていた

男(幼馴染……)

多分、いやきっと、俺はアイツの事が好きなんだ
そして……もしかしたら、もしかしたら。確証はもちろんないけども
ありつだって、きっと



※続きを読む
少女「貴方のための娼館へようこそ。存分にお楽しみくださいませ」【完結編】






話題のスレッド
バイト超可愛い後輩男「就活対策」 DQN寝取られアドンバイトクビで8万GET初めてのオフ会感動回文元キモヲタが超リア充に影絵おっぱい
コンビニ、俺がな?2日で会社辞めたDQNクビですあない姉に100万捨て身ゆとり会社の詠み会普通の童貞99.9999%おっぱい大学

いつもお世話になっているアンテナサイト様
ショボンあんてな2chnaviLogPo!2ch2chまとめヘッドラインブーンあんてなあんてなかんてなアテナあんてなちくアンテナオワタ避難所ぐるぐるログ
posted by 昨日みた明後日の夢 at 12:49 | Comment(3) |日記|道草|人気記事はこちら|はてブ
この記事へのコメント
  1. 3レス位読んで神樹の館思い出して、読むのがおっくうになった
    Posted by at 2011年03月22日 15:20
  2. 感動した!!!!!

    お前らはおれの分までたのしんでくれよな!
    Posted by at 2011年03月23日 05:12
  3. 挑発の少女か・・・
    Posted by at 2011年03月25日 23:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

- ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ぼくのフライドチキンはおいしいよ


人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ


ブログパーツ

人気ブログランキング

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。